スティーブ・コーゼン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動: 案内検索

スティーブ・コーゼンSteve Cauthen1960年5月1日 - )はアメリカ合衆国騎手アメリカ競馬殿堂入り。

目次

経歴

1960年アメリカ合衆国ケンタッキー州コビントンで生まれた。調教師および装蹄師の息子として同州のウォルトン(en:Walton, Kentucky)で育ち、体格が小柄だったこともあり騎手となった。16歳となった1976年5月12日、同州のチャーチルダウンズ競馬場でデビュー。初騎乗のキングオブスワットは最下位に終わったが、一週間後レッドパイプで初勝利を挙げた。

1977年には487勝を挙げアメリカ合衆国の最多勝騎手(リーディングジョッキー)となった。この年はエクリプス賞の3部門を受賞、他にもスポーツイラストレイテッド誌の「スポーツマン・オブ・ザ・イヤー(en:Sportsman of the Year)」、AP通信の「AP通信アスリート・オブ・ザ・イヤー(en:Associated Press Athlete of the Year)などを受賞した。

1978年にはアファームドアメリカ三冠競走全てを優勝し、三冠騎手最年少記録となった。

1979年にはイギリスに拠点を移し[1]4月7日にソールズベリー競馬場(en:Salisbury Racecourse)でマーキーユニバーサルに騎乗して初勝利を挙げるとイギリスでも最多勝騎手を3回獲得(1984年1985年1987年)、イギリスのクラシック競走を10勝[2]した。イギリス国外でも1989年にはアイリッシュオークスを優勝、同年オールドヴィックでジョッケクルブ賞アイリッシュダービーを優勝、1991年にはダービーイタリアーノを優勝した。

1993年に引退。通算成績は14,630戦2,794勝。その後は生まれ故郷であるケンタッキー州に戻り、ターフウェイパーク競馬場(en:Turfway Park)の役員を務めている。1992年に結婚。夫人と3人の娘がいる。

1984年にはジョージ・ウルフ記念騎手賞を受賞、1994年にはアメリカ競馬殿堂入りを果たすなど多くの賞を受賞した。

来日歴

1979年11月には日本地方競馬である大井競馬場でスチーブ・コーゼン招待競走が行われ、コーゼンはタガワテツオーで青雲賞を優勝した。中央競馬では1987年1990年ジャパンカップに騎乗した(ともに7着)。また1987年のワールドスーパージョッキーズシリーズでも騎乗経験がある。

騎乗馬

脚注

  1. ^ 体重が増えてしまいアメリカでの騎乗は難しくなったが、イギリスではアメリカより重い体重でも騎乗できたという理由もあった。
  2. ^ 内訳:2000ギニー1勝、1000ギニー1勝、エプソムダービー2勝、エプソムオークス3勝、セントレジャー3勝。