スティーブ・ジョンストン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
スティーブ・ジョンストン
基本情報
本名 スティーブ・イアール・ジョンストン
通称 Lil' But Bad
階級 ライト級
身長 165cm
リーチ 178cm
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
誕生日 (1972-09-28) 1972年9月28日(47歳)
出身地 コロラド州デンバー
スタイル サウスポー
プロボクシング戦績
総試合数 49
勝ち 42
KO勝ち 18
敗け 6
引き分け 1
テンプレートを表示

スティーブ・ジョンストンStevie Johnston1972年9月28日 - )は、アメリカ合衆国男性プロボクサーコロラド州デンバー出身。元WBC世界ライト級王者。

来歴[編集]

1993年2月16日、プロデビュー戦で3回TKO勝ち。

1993年10月22日、5戦目でのちの世界ウェルター級王者ジェームス・ペイジと対戦し、8回判定勝ち。

1994年6月21日、12戦目でのちの世界ライト級王者シャンバ・ミッチェルと対戦し、9回TKO勝ち。

1995年5月2日、NABF北米ライト級王座を獲得した。同王座は3度の防衛に成功した。

1997年3月1日、WBC世界ライト級王者ジャン・バチスト・メンディに挑戦し、2-1の判定勝ちで世界王座を獲得した。

1997年7月26日、初防衛戦で坂本博之と対戦し、2-1の判定勝ちで初防衛に成功した[文献 1]

1998年2月28日、3度目の防衛戦でジョージ・スコットと対戦し、3-0の判定勝ちで3度目の防衛に成功した。

1998年6月13日、4度目の防衛戦でセサール・バサンと対戦し、1-2の判定負けで王座から陥落するとともにプロキャリア25戦目での初黒星となった。

1999年2月27日、王者セサール・バサンと再戦し、2-1の判定勝ちで王座に返り咲いた。同王座は4度の防衛に成功した。

2000年6月17日、5度目の防衛戦でホセ・ルイス・カスティージョと対戦し、0-2の判定負けで王座から陥落した。この試合はリングマガジン アップセット・オブ・ザ・イヤーに選出された。

2000年9月15日、ホセ・ルイス・カスティージョとダイレクトリマッチで対戦し、1-0の判定ドローで王座返り咲きならず。

2003年9月13日、WBC世界ライト級王座挑戦者決定戦でファン・ラスカノと対戦し、11回TKO負け。

2006年1月27日、IBO世界スーパーライト級王座決定戦をスティーブ・クィニョネスと対戦し12回3-0の判定勝ちで王座獲得に成功した。

獲得タイトル[編集]

参考文献[編集]

  • ボクシング・マガジン編集部 『日本プロボクシング史 世界タイトルマッチで見る50年』 ベースボール・マガジン社、2002年
  1. ^ 245頁下段

関連項目[編集]

前王者
ジャン・バチスト・メンディ
WBC世界ライト級王者

1997年3月1日 - 1998年6月13日

次王者
セサール・バサン
前王者
セサール・バサン
WBC世界ライト級王者

1999年2月27日 - 2000年6月17日

次王者
ホセ・ルイス・カスティージョ