スティーヴン・ウィルソン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
スティーヴン・ウィルソン
Steven Wilson
Stevewilson-07.jpg
Blackfieldのライブ、ニューヨークのBowery Ballroomにて(2007年3月)
基本情報
出生名 Steven John Wilson
生誕 (1967-11-03) 1967年11月3日(53歳)
出身地 イングランドの旗 イングランドロンドン
キングストン・アポン・テムズ
ジャンル プログレッシブ・ロックプログレッシブ・メタルサイケデリック・ロックアート・ロックアンビエントクラウトロックオルタナティヴ・ロックポスト・パンクフュージョンエクスペリメンタル・ロック
職業 ミュージシャンソングライタープロデューサー
担当楽器 ボーカル、ギター、ベース、ピアノ、キーボード、メロトロンハンマーダルシマーフルートバンジョーサンプラーオルガンハーププログラミング
活動期間 1983年 -
レーベル Kscope
共同作業者 ポーキュパイン・ツリーBlackfieldNo-ManIncredible Expanding MindfuckBass Communionオーペス, ContinuumStorm CorrosionOrphaned Land
公式サイト Steven Wilson Headquarters
スティーヴン・ウィルソン、テント音楽祭2018フライブルクドイツ
テント音楽祭2016フライブルクドイツ

スティーヴン・ウィルソン英語: Steven Wilson1967年11月3日 - )は、イングランド出身のミュージシャンプロデューサー

自身が率いるプログレッシブ・ロック・バンド、ポーキュパイン・ツリーでの活動を中心に、No-ManBlackfieldなどのバンドでも活動。2010年にはオーペスミカエル・オーカーフェルトストーム・コロージョンを結成した。

また、プロデューサーオーディオ・エンジニアとしても活動しており、ハープハンマーダルシマーフルートなどさまざまな楽器の演奏もこなす。

プロデュース業ではオーペスの『Blackwater Park』などで知られ、エンジニアとしてはキング・クリムゾンキャラヴァンジェスロ・タルエマーソン・レイク・アンド・パーマーイエスジェントル・ジャイアント等のリマスターに関わっている。

2018年11月5日・6日、ソロ初となる日本公演が行われた[1]

ディスコグラフィ[編集]

スタジオ・アルバム[編集]

  • Insurgentes (2008年)
  • Grace for Drowning (2011年)
  • 『レイヴンは歌わない』 - The Raven that Refused to Sing (And Other Stories) (2013年)
  • 『ハンド・キャンノット・イレース』 - Hand. Cannot. Erase (2015年)
  • 『4 1/2』 - 4 1/2 (2016年) ※EP
  • 『トゥ・ザ・ボーン 』 - To the Bone (2017年)

ライブ・アルバム[編集]

  • Catalog / Preserve / Amass (2012年)
  • Get All You Deserve (2012年)
  • 『ホーム・インヴェイジョン〜イン・コンサート・アット・ザ・ロイヤル・アルバート・ホール』 - Home Invasion: In Concert at the Royal Albert Hall (2018年)

コンピレーション・アルバム[編集]

  • Unreleased Electronic Music Vol. 1 (2004年)
  • Tape Experiments 1985–86 (2010年)
  • 『カヴァー・ヴァージョン』 - Cover Version (2014年)
  • 『トランシェンス』 - Transience (2015年)

ポーキュパイン・ツリー[編集]

ストーム・コロージョン[編集]

Blackfield[編集]

No-Man[編集]

Incredible Expanding Mindfuck[編集]

Bass Communion[編集]

Altamont[編集]

  • Prayer for the Soul (1983年)
  • Untitled (2002年)

Karma[編集]

  • The Joke's On You (1983年)
  • The Last Man To Laugh (1985年)

脚注[編集]

[脚注の使い方]