スティーヴン・マキンワ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
スティーヴン・マキンワ Football pictogram.svg
Makinwa Lazio Fopremtoma.JPG
名前
本名 スティーヴン・アヨデレ・マキンワ
Stephen Ayodele Makinwa
ラテン文字 Stephen Makinwa
基本情報
国籍 ナイジェリアの旗 ナイジェリア
生年月日 (1983-07-26) 1983年7月26日(34歳)
出身地 ナイジェリアの旗 ラゴス
身長 186cm
体重 78kg
選手情報
ポジション FW (CF)
利き足 右足
ユース
ナイジェリアの旗 エベデイ
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
2000-2001 イタリアの旗 レッジャーナ 0 (0)
2000-2001 イタリアの旗 コネリアーノ (loan) 8 (2)
2001-2002 イタリアの旗 コモ 0 (0)
2002-2003 イタリアの旗 ジェノア 29 (6)
2003-2005 イタリアの旗 レッジャーナ 18 (6)
2003-2004 イタリアの旗 コモ (loan) 21 (6)
2004 イタリアの旗 モデナ (loan) 17 (1)
2005 イタリアの旗 アタランタ 17 (6)
2005-2006 イタリアの旗 パレルモ 23 (5)
2006-2012 イタリアの旗 ラツィオ 45 (3)
2008 イタリアの旗 レッジーナ (loan) 9 (0)
2009 イタリアの旗 キエーヴォ (loan) 9 (1)
2010-2011 ギリシャの旗 ラリッサ (loan) 10 (1)
2012-2013 イタリアの旗 カッラレーゼ 13 (6)
2013-2014 中華人民共和国の旗 北京八喜 11 (4)
2014 スロベニアの旗 ゴリツァ 5 (1)
代表歴
2004-2008 ナイジェリアの旗 ナイジェリア 18 (2)
1. 国内リーグ戦に限る。
■テンプレート(■ノート ■解説■サッカー選手pj

スティーヴン・アヨデレ・マキンワStephen Ayodele Makinwa, 1983年7月26日 - )は、ナイジェリアラゴス出身の元同国代表サッカー選手。現役時代のポジションは、FW(センターフォワード)。

経歴[編集]

クラブ[編集]

初期[編集]

2000年、地元のFCエベデイ英語版から幼馴染にして同僚のオバフェミ・マルティンスと共にACレッジャーナ1919へ加入し、マキンワは同年にセリエDコネリアーノ・カルチョイタリア語版に貸し出され、イタリアでのキャリアを始めた。

2001年、セリエBコモ・カルチョへ50%の共同保有で加入するも出場はなく、2002年にセリエCのレッジャーナに復帰し、レギュラーとしてプレーした。

ジェノアとローン[編集]

コモは、6月にレッジャーナから残り50%の保有権を買取り、2003年8月にジェノアCFCへ売却。2003-04シーズン前半はローンという形でそのままコモに在籍した。2004年1月、モデナFCに貸し出されセリエAデビューを果たし、2004-05シーズンにセリエBのジェノアへ復帰すると、前半で6得点を記録。また、同シーズンのチームにはディエゴ・ミリートロベルト・ステッローネが在籍していた。

アトランタとパレルモ[編集]

2005年1月、アタランタBCに共同保有で加入し、チームは6月に残りの保有権を買い取ることを決定したものの27日に降格した。

2005年7月、移籍金750万ユーロでUSチッタ・ディ・パレルモへ移籍[1]。パレルモでプレーしたのは、2005-06シーズンのみと1シーズンだけだったが、UEFAカップ2005-063得点, リーグ戦23試合5得点を挙げ、チームをUEFAカップ出場圏内の5位入賞に貢献した。

ラツィオ[編集]

2006年夏、330万ユーロの共同保有でSSラツィオへ移籍し、アタランタ時代に指導を受けたデリオ・ロッシ監督と再会した。2007年6月、ラツィオはさらに330万ユーロを支払い保有権を全て買取り、この時に新たに5年契約を結んだ。

2007-08シーズンは、自身初のUEFAチャンピオンズリーグ出場になるも、得点を挙げることは出来ず、またチームはグループステージで敗退した。それから半年後、周囲を納得させるパフォーマンスを披露出来なかったマキンワは、降格の危機にあるレッジーナ・カルチョへ貸し出された[2]が、ここで得点を挙げることが出来ずにシーズンを終了した。

2008-09シーズンは、チーム残留が微妙な状態で開始し、ちょうど4試合に途中出場した。ゴラン・パンデフ, マウロ・サラテ, トンマーゾ・ロッキ, シモーネ・インザーギとFWの序列で5番手になったため、2009年1月22日にシーズン終了までの期限でACキエーヴォ・ヴェローナへ貸し出された[3]。完全移籍のオプションが付いていたが、キエーヴォ側は行使することなく2009-10シーズンにラツィオへ返却された。

2010年7月15日、シーズン終了までの期限でギリシャAEL 1964へ貸し出され[4]、10試合1得点を記録して復帰。2011-12シーズンになるとエドアルド・レヤ監督の構想から外れ[5]、シーズン終了に伴い放出される予定と報じられた[6]

2012年11月13日、レガ・プロ・プリマ・ディヴィジオーネカッラレーゼ・カルチョと契約した[7]

代表[編集]

2004年11月17日、1-2で敗れた南アフリカ戦でデビューし、さらに初得点を挙げた。アフリカネイションズカップ2006では、グループステージのセネガル戦 (2-1勝利)と準々決勝のチュニジア戦 (1-1引き分け, PK戦6-5勝利)に出場し、準決勝のコートジボワール戦で63分から途中出場するも、得点を挙げることは出来ず0-1で敗れた。3位決定戦で再びセネガルと対戦し1-0で勝利するも、出場はなかった。アフリカネイションズカップ2008にも出場したが、ここでも優勝することは出来なかった。

所属クラブ[編集]

イタリアの旗 コネリアーノ・カルチョ (loan) 2000-2001
イタリアの旗 コモ・カルチョ (loan) 2003-2004
イタリアの旗 モデナFC (loan) 2003-2004
イタリアの旗 レッジーナ・カルチョ 2008.1-2008.6
イタリアの旗 ACキエーヴォ・ヴェローナ (loan) 2009.1-2009.6
ギリシャの旗 AEL 1964 (loan) 2010-2011

脚注[編集]

[ヘルプ]