ステファニー・ブラウン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ステファニー・ブラウン
出版の情報
出版者 DCコミックス
初登場 Detective Comics #647 (1992年6月)
クリエイター チャック・ディクソン
トム・ライル
作中の情報
本名 ステファニー・ブラウン
所属チーム バットマン・ファミリー
バットマン・インコーポレイテッド
パートナー ティム・ドレイク
サポート・
キャラクター
バットマン
バーバラ・ゴードン
カサンドラ・カイン
ハーパー・ロウ英語版
著名な別名 スポイラー
ロビン
バットガール

ステファニー・ブラウン: Stephanie Brown)は、DCコミックスの出版するアメリカンコミックバットマン』に登場する架空のスーパーヒロイン。チャック・ディクソンとトム・ライルによって創造され、1992年の"Detective Comics #647"で初登場した[1]

概要[編集]

チャック・ディクソンとトム・ライルによって創造され、"Detective Comics #647"(1992年6月)でアマチュアのクライムファイターとして初登場した。ゴッサム・シティのヴィランであり、父でもあるクルーマスターの計画を阻止する過程でバットマンティム・ドレイクと出会い「スポイラー」と名乗る。

ティム・ドレイクがロビンを辞めていた時期にステファニーはバットケイブへ侵入してロビンを志願し"Robin #126"(2004年5月)でバットマンから訓練を受け4代目ロビンとなる。しかし、バットマンの指示に従わず行動したことで命の危機にさらされ、それを理由にロビンの役割を解雇される[2]。2004年の『バットマン: ウォーゲーム』でブラックマスクに誘拐され、拷問されたステファニーは助け出されるが死亡する[3]。"Robin vol.2 #173"(2008年6月)にスポイラーとして再び現れ、ステファニーの死はバットマンとの関わりから絶つために担当医のレスリー・トンプキンスによる偽装だったことが明かされる[4]

バットマンが死亡したと思われていた時期にバットガールとして戦う理由を失ったカサンドラ・カインからコスチュームを渡され、"Batgirl vol.3 #1"(2009年10月)でステファニーは4代目のバットガールとして活動し始める。バーバラ・ゴードンがバットガールに復帰後、ステファニーは再びスポイラーとして活動する[5]

書誌情報[編集]

翻訳版[編集]

  • バットマン:エターナル<上>(ISBN 978-4-7968-7640-7)
小学館集英社プロダクション刊、2017年1月発売。
  • バットマン:エターナル<下>(ISBN 978-4-7968-7641-4)
小学館集英社プロダクション刊、2017年7月発売。

原語版[編集]

タイトル 収録内容 刊行日 ISBN
バットガール
Batgirl: Batgirl Rising Batgirl Vol.3 #1-7 2010年7月 978-1401227234
Batgirl: The Flood Batgirl Vol.3 #9-14 2011年5月 978-1401231422
Batgirl: The Lesson Batgirl Vol.3 #15-22 2011年11月 978-1401232702
Batgirl: Stephanie Brown Vol.1 Batgirl Vol.3 #1-12 2017年8月 978-1401269104
Batgirl: Stephanie Brown Vol.2 Batgirl Vol.3 #13-24, Bruce Wayne: The Road Home: Batgirl #1
Batman Incorporated: Leviathan Strikes #1
2018年3月 978-1401277888

スピンオフ[編集]

タイニー・タイタンズ
ティーン・タイタンズのメンバーが小学生となった日常を描いた作品。

他のメディア[編集]

アニメ[編集]

ヤング・ジャスティス (2010年-現在)
声 - メイ・ホイットマン

脚注[編集]

  1. ^ スコット・ビーティほか 赤塚京子ほか訳 (2011). 『DCキャラクター大事典』. 小学館集英社プロダクション. ISBN 978-4796870795. 
  2. ^ Robin vol.2 #128
  3. ^ Batman #633
  4. ^ Robin vol.2 #173
  5. ^ Batman vol.2 #28