ステファヌス6世 (ローマ教皇)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動: 案内検索
ステファヌス6世
第110代 ローマ教皇
Stephen V.jpg
教皇就任 885年9月
教皇離任 891年9月14日
先代 ハドリアヌス3世
次代 フォルモスス
個人情報
死去 891年9月14日
原国籍 イタリア

ステファヌス6世Stephanus VI、? - 891年9月14日)は、第110代ローマ教皇(在位:885年9月 - 891年9月14日)。

生涯[編集]

出身はローマで、家系は貴族である。司祭枢機卿を歴任し、885年9月に先代のハドリアヌス3世が暗殺されたため、教皇に選出された。

ステファヌス6世は西フランク王国国王であるシャルル2世と対立し、教皇職を追われかけたことがある。シャルル2世の死後、教皇職を何とか保ったが、その保全を図るためにコンスタンティノポリス総主教にすがるなどしている。

891年9月14日、在位6年にして死去した。

参考文献[編集]

関連項目[編集]