ステファン・スミス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ステファン・スミス
基本情報
本名 ステファン・フランシス・スミス
通称 Swifty
階級 スーパーフェザー級
身長 169cm
リーチ 168cm
国籍 イギリスの旗 イギリス
誕生日 (1985-07-22) 1985年7月22日(32歳)
出身地 リヴァプール
スタイル オーソドックス
プロボクシング戦績
総試合数 27
勝ち 24
KO勝ち 14
敗け 3
テンプレートを表示

ステファン・スミスStephen Smith1985年7月22日 - )は、イギリスプロボクサーリヴァプール出身。兄は世界挑戦を2度経験しているポウル・スミス。弟は第11代WBO世界スーパーウェルター級王者リアム・スミス

来歴[編集]

2008年6月21日、スミスはプロデビューを果たし、3回2分43秒TKO勝ちを収めた。

2009年5月22日、ゾルト・ナギーと対戦し、6回60-53の判定勝ちを収めた。

2010年9月4日、グラスゴーのケルヴィン・ホールでコモンウェルスイギリス連邦フェザー級王者ジョン・シンプソンと対戦し、12回2-1(116-112、114-116、116-114)の判定勝ちを収め王座獲得に成功した。

2011年4月27日、BBBofC英国フェザー級王者ジョン・シンプソンと7ヶ月ぶりに対戦し、12回2-0(115-114、118-112、114-114)の判定勝ちを収め王座獲得に成功した。

2011年9月27日、後のIBF世界フェザー級王者リー・セルビーと対戦し、8回2分4秒TKO負けを喫しBBBofC英国王座とコモンウェルス王座の初防衛に失敗し、王座から陥落した。

2012年3月2日、ベン・ジョーンズとWBOインターコンチネンタルスーパーフェザー級王座決定戦を行い、初回1分24秒TKO勝ちを収め王座獲得に成功した。

2013年8月17日、BBBofC英国スーパーフェザー級王者ゲーリー・バックランドと対戦し、5回1分14秒KO勝ちを収めBBBofC英国王座の2階級制覇を達成した。

2013年11月23日、マンチェスター・アリーナでセルヒオ・マヌエル・メディナとWBCインターナショナルスーパーフェザー級シルバー王座決定戦を行い、8回2分39秒KO勝ちを収め王座獲得に成功した。

2014年5月21日、マウリシオ・ムニョスとWBC世界スーパーフェザー級シルバー王座決定戦を行い、8回終了時ムニョスの棄権によるTKO勝ちを収め、王座獲得に成功した。

2015年9月19日、デビス・ボスキエロと対戦し6回2分45秒TKO勝ちを収めた。

2016年3月3日、IBFはIBF世界スーパーフェザー級王者ホセ・ペドラザとスミスとの間で入札が行われ、ペドラザ陣営のディベイラ・エンターテインメントが15万ドルで落札した。交渉は90日間(6月3日まで)でファイトマネーの分配はペドラザが75%(11万2500ドル)、スミスが25%(3万7500ドル)となった[1]。なおマッチルーム・スポルトは入札に参加しなかった

2016年4月16日、コネチカット州レッドヤードフォックスウッズ・リゾート・カジノ内にあるMGMグランド・アット・フォックスウッズにてゲーリー・ラッセル・ジュニアVSパトリック・ハイランドの前座で、IBF世界スーパーフェザー級王者ホセ・ペトラザと対戦し、9回にダウンを奪われ12回0-3(2者が111-116、110-117)の判定負けを喫し王座獲得に失敗した[2][3]

2016年5月29日、ダニエル・エドゥアルド・ブリズエラとWBC世界スーパーフェザー級シルバー王座決定戦を行い、7回2分59秒TKO勝ちを収め王座を再獲得した。

2011年11月1日、WBAは最新ランキングを発表し、スミスをWBA世界スーパーフェザー級7位にランクインした[4]

2016年11月12日、モンテカルロのサル・デゼトワールでWBA世界スーパーフェザー級王者ジェイソン・ソーサと対戦し、12回0-3(111-116、110-117、112-116)の判定負けを喫し王座獲得に失敗した[5][6][7]

2016年12月8日、WBAは最新ランキングを発表し、上述のソーサ戦に敗れ王座獲得に失敗したスミスをWBA世界スーパーフェザー級13位にランクインした[8]

獲得タイトル[編集]

  • コモンウェルスイギリス連邦フェザー級王座
  • BBBofC英国フェザー級王座
  • WBOインターコンチネンタルスーパーフェザー級王座
  • BBBofC英国スーパーフェザー級王座
  • WBCインターナショナルスーパーフェザー級シルバー王座
  • WBC世界スーパーフェザー級シルバー王座

脚注[編集]

  1. ^ DiBella wins Pedraza-Smith IBF purse bid Fightnews.com 2016年3月3日
  2. ^ Russell demolishes Hyland in two; Pedraza retains IBF 130lb belt against Smith Fightnews.com 2016年4月17日
  3. ^ ラッセルJrがWBCフェザー級初防衛、ペドラサはV2 Boxing News(ボクシングニュース) 2016年4月17日
  4. ^ World Boxing Association Ranking WBA公式サイト 2011年11月1日
  5. ^ Sosa retains WBA super featherweight world title with UD over Smith Fightnews.com 2016年11月12日
  6. ^ Sosa Successfully Defends WBA Super Featherweight Title WBA公式サイト 2016年11月13日
  7. ^ オルティス3度倒して判定勝ち、ソーサ初防衛 Boxing News(ボクシングニュース) 2016年11月13日
  8. ^ World Boxing Association Ranking WBA公式サイト 2016年12月8日

関連項目[編集]