ステファン・ベーム

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

ステファン・ベーム(Stefan Böhm、1741年12月25日 - 1813年2月26日)は、ポーランド・リトアニア共和国ワルシャワ死刑執行人である。

Wieszanie zdrajców

経歴[編集]

彼はケーニヒスベルク大学を卒業すると、カロル・スタニスワフ・ラジヴィウ公の領地に仕えるようになった。バール連盟に加わってロシア軍と戦い、頭に重傷を負って敗走した。そこで彼は死刑執行人のミューラーに助けられ、一緒に暮らした。そして彼はブク川の管理者として働いた後、1793年にイグナツィ・ヴィッソゴタ・ザクシェフスキ(en)によってワルシャワの死刑執行人に任命された。1794年にポーランドの第2次分割タルゴヴィツァ連盟の勝利が確定すると、コシチュシュコ蜂起が起きた。しかし反乱は失敗に終わり、多くの人間がステファン・ベームの手によって処刑された。この歴史から彼の行為はとなった「あなたはステファンのところへ夕食を食べに行く(you'll go to Stefanek for a dinner)」これは処刑されることを意味している。