スティーヴン・ホーキング

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
スティーヴン・ホーキング
Stephen Hawking.StarChild.jpg
生誕 (1942-01-08) 1942年1月8日
イギリスの旗 イギリス オックスフォード
死没 (2018-03-14) 2018年3月14日(76歳没)
イギリスの旗 イギリス ケンブリッジシャー
居住 イギリスの旗 イギリス
国籍 イギリスの旗 イギリス
研究分野 物理学
理論物理学
天体物理学
宇宙論
研究機関 ケンブリッジ大学
出身校 オックスフォード大学(学部)
ケンブリッジ大学(大学院)
主な業績 ブラックホールの蒸発理論
特異点定理
主な受賞歴 主な受賞歴の節を参照
プロジェクト:人物伝

スティーヴン・ウィリアム・ホーキング: Stephen William Hawking、1942年1月8日 - 2018年3月14日[1][2])は、イギリス理論物理学者である。大英帝国勲章(CBE)受勲、FRS(王立協会フェロー)、FRA(ロイヤル・ソサエティ・オブ・アーツフェロー)。スティーブン・ホーキングとも[1]

一般相対性理論と関わる分野で理論的研究を前進させ、1963年にブラックホール特異点定理を発表し世界的に名を知られた。1971年には「宇宙創成直後に小さなブラックホールが多数発生する」とする理論を提唱、1974年には「ブラックホールは素粒子を放出することによってその勢力を弱め、やがて爆発により消滅する」とする理論(ホーキング放射)を発表、量子宇宙論という分野を形作ることになった。現代宇宙論に多大な影響を与えた人物である。

また、一般人向けに現代の理論的宇宙論を平易に解説するサイエンス・ライターの才能も持ち合わせており、その著作群が各国で翻訳されており、これでも人々によく知られている(日本語版は『ホーキング、宇宙を語る』など)。

車椅子の物理学者」としても知られる。1960年代、学生の頃に筋萎縮性側索硬化症(ALS)を発症したとされている。ALSは長い間、発症から5年程度で死に至る病であると考えられていたが、途中で進行が急に弱まり、発症から50年以上にわたり研究活動を続けた。晩年は意思伝達のために重度障害者用意思伝達装置を使っており、スピーチや会話ではコンピュータプログラムによる合成音声を利用していた。

業績[編集]

一般相対性理論が破綻する特異点の存在を証明した特異点定理をロジャー・ペンローズと共に発表した。

一般相対性理論と量子力学を結びつけた量子重力論を提示している。この帰結として、量子効果によってブラックホールから粒子が逃げ出すというホーキング放射の存在を予想している。

タイムトラベルが不可能であるとする「時間順序保護仮説」を提唱し、過去に行くことを許容する閉じた時間線が存在するためには場のエネルギーが無限大でなくてはならないとしている。

生涯[編集]

出生[編集]

フランク[3]を父として、イゾベル[4]を母としてオックスフォードに生まれた。両親は経済的には恵まれていなかったものの、父親はオックスフォード大学で医学を学び、母親も同大学でPPE(哲学・政治・経済の学際領域)を学んだ[5]第二次世界大戦の直後、ある医学研究所でフランクが医学研究者としてそして同じ場所でイゾベルが秘書として働いていたことで二人は出会った。両親はハイゲイトで暮らしていたが、第二次世界大戦でロンドンは爆撃を受けていたため(ザ・ブリッツ)、おなかの子を安全に産むために母はオックスフォードに行って出産した。こうしてスティーヴンが誕生した。スティーヴンにはフィリッパ[6][7]メアリー[8]という二人の妹ができ、またエドワード[9]という、養子縁組による兄弟もできた。

初等~中等教育[編集]

スティーヴンはバイロン・ハウス・スクール[10]で初等教育を開始した。1950年に父のフランクがナショナル・インスティテュート・フォー・メディカル・リサーチ[11]寄生虫学部門の長となると、一家はセント・オールバンズに引っ越した[12]

スティーヴンはラドレット・スクール[13]に1年通い、1952年からはセイント・アルバンズ・スクール[14]に通った。一家は教育を重視していた。父のフランクはスティーヴンを評価の高いWestminster Schoolに入れたがっていたが、当時13歳だったスティーヴンは奨学金のための試験の日に病気になり受験できず、家計の状況は奨学金無しで通わすのは困難だったので、スティーヴンはそのままセイント・アルバンズ・スクールに通いつづけた。ただ、これで良かったこともあり、スティーヴンは仲の良い友人たちとボードゲームをしたり、花火を作ったり、模型飛行機やボートで遊ぶことができたし、またキリスト教や、ESPについて話し合うことができた。1958年からは、数学教師ディクラン・タータ英語版の助けも借りて、この仲間たちは、時計部品、電話交換機、中古部品などを使って計算機を作った。学校では“アインシュタイン”として知られていたものの、元々は学問的にはさほど優れてはいなかった。が、やがて、科学に適性があるところを見せ始め、数学教師のタータに鼓舞されて、スティーヴンは大学で数学を学ぼうと決意した。スティーヴンの父は、数学専攻で卒業した人には職が少ない、ということから、医学を学ぶことを勧めた。父は自分のアルマ・マータ(出身校)であるオックスフォード大学で息子が学ぶことを望んでいた。当時、オックスフォード大では数学を選択できなかったので、スティーヴンは物理化学を学ぶことにした。1959年の試験を受け奨学金を獲得することに成功した。

大学[編集]

1959年10月に17歳でオックスフォード大に入学した。最初の1年半、彼はうんざりさせられていて、孤独だった。というのは、他のほとんどの学生に比べて彼は若く、また大学の教育内容が「ばからしいほど簡単」と思えたからだった。変化が訪れたのは第二学年と第三学年で、学生の一員になろうと努力するようになり、クラシック音楽サイエンス・フィクション(SF)に興味を抱いている者たちのグループと交流するようになってからである。また、大学のボート部に参加しようと決意したことも状況を変える効果をもたらした。ボート部では、コックス (舵手)英語版という、漕ぎ手たちのリズムを整える役を務めた。

死去[編集]

2018年3月14日、イギリス東部・ケンブリッジの自宅で死去した。76歳没[2]葬儀は3月31日、ケンブリッジ大学にあるキリスト教会で行われ、追悼式が6月15日ロンドンのウェストミンスター寺院で執り行われた。博士の遺灰はウェストミンスター寺院で、アイザック・ニュートンら著名な科学者の墓の近く埋葬された[15][16]

略歴[編集]

  • 1942年 - 戦時疎開先のオックスフォードで生まれる。
  • 1950年 - ロンドン北部のハイゲートから、セント・オールバンズ市に引越す。
  • 1957年 - オックスフォード大学、ユニバーシティカレッジ入学。ボート部に所属。
  • 1962年 - オックスフォード大学卒業。ケンブリッジ大学大学院、応用数学・理論物理学科に入学。
  • 1963年 - 検査で「筋萎縮性側索硬化症」と診断される。
  • 1965年 - ジェーン・ワイルドと結婚する。ペンローズと共同で、「特異点定理」発表。
  • 1966年 - ケンブリッジ大学トリニティー校で学位取得。博士論文の題目は Properties of expanding universes。 2017年10月に Web サイトにて公開された[17]
  • 1967年 - 論文「特異点と時空の幾何学」でアダムズ賞受賞。長男のロバート誕生。
  • 1970年 - 長女のルーシー誕生。
  • 1974年 - 「ブラックホールの蒸発理論」発表。ロンドン王立協会フェロー(FRS)に選出される。
  • 1975年 - 業績を讃えられ、ローマ教皇庁から「ピウス11世メダル」を授与される[18]
  • 1977年 - ケンブリッジ大学の教授職を得る。
  • 1979年 - ケンブリッジ大学、ルーカス教授職に就任。次男・ティモシー誕生。
  • 1983年 - ジェームズ・ハートルと共同で「無境界仮説」[19]発表。
  • 1988年 - 『ホーキング、宇宙を語る』を出版。発行部数が全世界1000万部、日本110万部を超えるベストセラーになる。
  • 1991年 - 「時間順序保護仮説」を提唱。ジェーン・ワイルドと離婚する。
  • 1995年 - 看護師のエレイン・メイソンと再婚する。
  • 2001年 - 東京大学安田講堂にて一般講演を行う。
  • 2006年 - 香港にて一般講演を行う。
  • 2007年 - アメリカ合衆国でのゼロ・グラビティー社の専用機「G-フォースワン」に搭乗し、車いすから離れ無重力体験を行う。
  • 2009年 - ケンブリッジ大学の教員退職規定により9月の学年末に大学を退任。退任後もケンブリッジ大学に留まり、応用数学と理論物理学部の研究責任者を務め、研究活動を続けるという。大統領自由勲章叙勲。
  • 2011年 - エレイン・メイソンと離婚する。
  • 2016年 - ロシアの富豪でベンチャー投資家のユーリ・ミルナーと共に、アルファ・ケンタウリまでレーザー推進の小型探査機を送るスターショット計画を発表。
  • 2018年 - 76歳で、ケンブリッジ大学近くの自宅にて死去[20]

主張[編集]

  • 前述のとおり、時間順序保護仮説によって過去に戻るタイムマシンは不可能という立場をとっている。これは「我々の時代に未来からの観光客が押し寄せたことはない」ことからも裏付けられるとしている。タイムマシンが将来的にできるかどうかに関しては「私は誰とも賭けをしないだろう」とした。その理由について、「賭けの相手は(もし本当にタイムマシンが作られるならそれを使って)不公平にも未来を知っているかもしれないから」としている[21]
  • 2010年4月25日にアメリカのディスカバリーチャンネルのテレビ番組にて、クリストファー・コロンブスがアメリカ大陸に到着した時、資源を使い切った彼によってアメリカ先住民が征服されたことを引き合いに出し、人類と宇宙人との接触は人類にとってよい結果をもたらさない、として宇宙人とのコンタクトを試みるべきではないと主張した[22]
  • 2010年9月7日に刊行された新刊書『ホーキング、宇宙と人間を語る』[23]で、量子力学に重力の理論を組み合わせた最新の研究成果から、偶然の一致に見える現象は「創造主なしで説明は可能」、「宇宙誕生に神は不要」と主張し、宗教界から批判を浴びた[24]
  • 2011年5月には、人間の脳について「部品が壊れた際に機能を止めるコンピューターと見なしている」とし、「壊れたコンピューターにとって天国も死後の世界もない。それらは闇を恐れる人の架空のおとぎ話だ」と否定的な見解を述べ[24]、改めて宗教界との認識の溝を示した[25]

しかし、前述のロジャー・ペンローズのように完全には死後の世界を否定しておらず、むしろ肯定的な人間とも仕事をすることはある。それについてホーキングは、「あくまで私の中の主張です。」と注訳を述べている。

逸話[編集]

著作物[編集]

原著[編集]

  • Hawking, Stephen (1988). A brief History of Time. Bantam Dell Publishing Group. 
  • Hawking, Stephen (1993). Black Holes and Baby Universes and Other Essays. Bantam Dell Publishing Group. 
  • Hawking, Stephen (2001). The Universe in a Nutshell. Bantam Spectra. 
  • Hawking, Stephen (2002). On The Shoulders of Giants. Running Press. 
  • Hawking, Stephen; Mlodinow, Leonard (2010). The Grand Design. New York: Bantam Books. ISBN 978-0553805376. 

日本語訳書[編集]

  • スティーヴン・ホーキング; 林一訳 『ホーキング、宇宙を語る』 アーティストハウスパプリッシャーズ、1989年ISBN 4-15-203401-7。  (A BRIEF HISTORY OF TIMEの翻訳)
  • スティーヴン・ホーキング; 佐藤勝彦解説・監訳 『時間順序保護仮説』 NTT出版1991年ISBN 4-87188-150-4。 
  • スティーヴン・ホーキング; ロジャー・ペンローズ; 林一訳 『ホーキングペンローズが語る時空の本質』 早川書房1997年ISBN 4-15-208076-0。 
  • スティーヴン・ホーキング; 佐藤勝彦訳 『ホーキング、未来を語る』 (普及版) アーティストハウスパプリッシャーズ、2004年ISBN 4-04-898165-X。 The Universe in a Nutshellの翻訳)
  • スティーヴン・ホーキング; レナード・ムロディナウ; 佐藤勝彦訳 『ホーキング、宇宙のすべてを語る』 ランダムハウス講談社2005年ISBN 4-270-00097-X。 
  • スティーヴン・ホーキング; ルーシー・ホーキング; さくまゆみこ訳 『宇宙への秘密の鍵』 岩崎書店〈ホーキング博士のスペース・アドベンチャー〉、2008年ISBN 4-265-82011-5。 
  • スティーヴン・ホーキング; ルーシー・ホーキング; さくまゆみこ訳 『宇宙に秘められた謎』 岩崎書店〈ホーキング博士のスペース・アドベンチャー〉、2009年ISBN 9784265820122。 
  • スティーヴン・ホーキング; レナード・ムロディナウ英語版; 佐藤勝彦訳 『ホーキング、宇宙と人間を語る』 エクスナレッジ2010年ISBN 4767810442。 
  • スティーヴン・ホーキング; ルーシー・ホーキング英語版; さくまゆみこ訳 『宇宙の誕生・ビッグバンへの旅』 岩崎書店〈ホーキング博士のスペース・アドベンチャー〉、2011年ISBN 4265820131。 
  • スティーヴン・ホーキング; 佐藤勝彦、池央耿訳 『ホーキング、自らを語る』 あすなろ書房、2014年ISBN 9784751527511。 

主な受賞歴[編集]

関連作品[編集]

関連項目[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b “スティーブン・ホーキング氏が死去、76歳”. BBC. (2018年3月14日). http://www.bbc.com/japanese/43395742 2018年3月14日閲覧。 
  2. ^ a b “車いすの宇宙物理学者 ホーキング博士が死去 BBCなど伝える”. NHKニュース (日本放送協会). (2018年3月14日). https://www3.nhk.or.jp/news/html/20180314/k10011364661000.html 2018年3月14日閲覧。 
  3. ^ : Frank
  4. ^ : Isobel
  5. ^ Ferguson, Kitty (2011). Stephen Hawking:His Life and Work. Transworld. ISBN 978-1-4481-1047-6
  6. ^ : Philippa
  7. ^ フィリッパ・ホーキングは日本に留学したことがあり( http://www.music-tel.com/maestro/Hawking/Hawking1.html )、また中岡哲郎の著書『イギリスと日本の間で』(岩波書店)では「ジョゼフ・ニーダムの東アジア科学史図書館の司書」として登場する。
  8. ^ : Mary
  9. ^ : Edward
  10. ^ : Byron House School
  11. ^ : National Institute for Medical Research
  12. ^ Larsen, Kristine (2005). Stephen Hawking:a biography. p.3
  13. ^ : Radlett School
  14. ^ : St. Albans School
  15. ^ 故ホーキング博士の遺灰埋葬=ニュートンの墓そばに-ロンドン”. 2018年6月16日閲覧。
  16. ^ 英でホーキング博士葬儀 友人や同僚、多数の市民産経新聞ニュース掲載の共同通信配信記事(2018年4月1日)
  17. ^ Properties of expanding universes (University of Cambridge).
  18. ^ [1]
  19. ^ ハートル=ホーキングの境界条件(Hartle-Hawking state)とも
  20. ^ スティーブン・ホーキング氏がケンブリッジ大学の近くの自宅で死去、76歳
  21. ^ スティーヴン・ホーキング; レナード・ムロディナウ; 佐藤勝彦訳 『ホーキング、宇宙のすべてを語る』、190頁。 
  22. ^ “ホーキング博士「エイリアンと接触すべきでない」”. 読売新聞. (2010年4月27日). http://www.yomiuri.co.jp/space/news/20100427-OYT1T01010.htm 2010年4月27日閲覧。 
  23. ^ 原著名「The Grand Design
  24. ^ a b “「天国も死後の世界もない」、英物理学者ホーキング氏が断言”. ロイター (ロイター). (2011年5月17日). http://jp.reuters.com/article/oddlyEnoughNews/idJPJAPAN-21136220110517 2011年5月18日閲覧。 
  25. ^ “ホーキング博士「天国はない、作り話である」-科学者と信仰者の間隙”. クリスチャントゥデイ. (2011年5月17日). http://www.christiantoday.co.jp/view-3180.html 2011年9月20日閲覧。 
  26. ^ a b スティーヴン・ホーキング; 林一訳 『ホーキング、宇宙を語る』、131頁。 
  27. ^ Stephen Hawking Lost A $100 Bet On The Higgs Boson”. 2016年9月16日閲覧。
  28. ^ ピウス11世の姿が彫られたゴールドメダル。ヴァチカンにはPontifical Academy of Sciencesという 1936年にピウス11世によって設立された科学アカデミーがある。同アカデミーが受賞者の選定をして授与している。1961~2012年で26名が同メダルを受賞。受賞者が複数名いる年も受賞者がいない年もある。[2]。ホーキングの受賞通知書はこちら[3]。同アカデミーのウェブサイトにはホーキングの業績を紹介するページもある。[4]