ステレオ太陽族

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
ステレオ太陽族
サザンオールスターズスタジオ・アルバム
リリース
録音 1981年4月 - 6月
VICTOR STUDIO
KRS STUDIO
ジャンル ロック
ジャズ[1]
AOR[1]
ゴスペル[2]
メンフィスソウル[2]
ブルース[2]
時間
レーベル Invitation
タイシタレーベル(再発盤)
プロデュース 高垣健
サザンオールスターズ
チャート最高順位
  • 週間1位(6週連続、オリコン
  • 1981年度年間13位(オリコン)
サザンオールスターズ アルバム 年表
アーリー・サザンオールスターズ
1980年
ステレオ太陽族
(1981年)
SOUTHERN ALL STARS BEST ONE '82
(1981年)
『ステレオ太陽族』収録のシングル
  1. Big Star Blues (ビッグスターの悲劇)
    リリース: 1981年6月21日
  2. 栞のテーマ
    リリース: 1981年9月21日
テンプレートを表示

ステレオ太陽族』(ステレオたいようぞく)は、サザンオールスターズの4枚目のオリジナル・アルバムであり、本作の9曲目に収録されている楽曲名でもある。1981年7月21日にレコードで発売。発売元はInvitation

1984年6月21日1998年4月22日2008年12月3日CDで再発売されている。1989年6月25日にはCDとカセットテープで再発売された。また、2014年12月17日からはダウンロード配信、2019年12月20日からはストリーミング配信が開始されている[3][4]

背景[編集]

前作『タイニイ・バブルス』から、約1年4か月ぶりに発売された作品[5]。タイトルは、石原慎太郎原作の映画『太陽の季節』に登場し、1960年前後のサーファーなどの若者を指した太陽族から来ている[6]

編曲やサポートメンバーとして八木正生が全面サポートしており[5]、今までのサザンのサウンドとは変わったりしている[6]

リリース[編集]

1989年の再発盤では、パーカッション野沢秀行の名前が「野沢和之」と誤ってクレジットされてしまっている。1998年の再発盤の初回限定盤は、オリジナルLP復刻ジャケット(紙ジャケット)仕様で、黒柳徹子によるライナーノーツが封入されている。

本作以降バーニングプロダクションがプロデュースから離れる。また、このアルバムはバーニングが権利を持った楽曲が収録された最後のアルバムである。

再発売[編集]

プロモーション[編集]

本作に収録されている数曲は、桑田佳祐が音楽担当を務めた映画モーニング・ムーンは粗雑に』に使用されている[6]

批評[編集]

桑田は2015年になって、本作のジャケットを見た時に「お面にセーラー服はひどいな」と述べている[7]

当時サザンのレコーディング・エンジニアを担当していた猪俣彰三は、本作のドラムの録り方にこだわって収録したところ、後日ドラムの松田弘から「『ステレオ太陽族』のドラムの音はあまり好きじゃなかった」と言われ、反省したという[8]

収録曲[編集]

  • シングル収録曲は各シングルで説明しているため、ここでは説明を省略する。なお、オリジナル・アナログ盤では7曲目からがB面となっていた。
  1. Hello My Love (3:58)
    (作詞・作曲:桑田佳祐/編曲:サザンオールスターズ/弦管編曲:八木正生)
  2. MY FOREPLAY MUSIC (3:57)
    (作詞・作曲:桑田佳祐/編曲:サザンオールスターズ)
    13枚目シングル「栞のテーマ」のカップリング曲としてシングルカットされた。
  3. 素顔で踊らせて (4:23)
    (作詞・作曲:桑田佳祐/編曲:サザンオールスターズ)
    桑田出演のユニ・チャーム「アンネナプキン」CMソング
    歌詞中に「2月26日にはささやかな二人の絆」という言葉が出てくるが、2月26日は桑田の誕生日である。PVは製作されていないが、2003年DVDInside Outside U・M・I』にイメージビデオが収録された。
  4. 夜風のオン・ザ・ビーチ (4:17)
    (作詞・作曲:桑田佳祐/編曲:サザンオールスターズ)
  5. 恋の女のストーリー (3:56)
    (作詞・作曲:桑田佳祐/編曲:サザンオールスターズ)
    映画モーニング・ムーンは粗雑に』挿入歌。
    スローテンポな楽曲である。高木澪が劇中で歌い歌手としてのデビューシングルとなった。
  6. 我らパープー仲間 (4:16)
    (作詞・作曲:桑田佳祐/編曲:八木正生)
    タイトルの「パープー」は広島県の方言で「馬鹿」「間抜け」「阿呆」といった意味であり、この曲では「リスペクトと愛と才能に溢れた、気のおけない音楽仲間たち」という意味として使われている[9]
  7. ラッパとおじさん (Dear M.Y's Boogie) (4:30)
    (作詞・作曲:桑田佳祐/編曲:サザンオールスターズ/弦管編曲:八木正生)
    全英語詞曲。ただ、歌詞中のセリフは日本語になっているが、こちらは歌詞カードに記載されていない。タイトルのモチーフであり、歌詞に登場するMr.Yagiは本作を中心に編曲に携わるサポートメンバーの八木正生のことを指す[5]。また、クインシー・ジョーンズの名前も登場している。
  8. Let's Take a Chance (4:18)
    (作詞・作曲:桑田佳祐/編曲:サザンオールスターズ/弦管編曲:八木正生)
    映画『モーニング・ムーンは粗雑に』挿入歌。
  9. ステレオ太陽族 (1:29)
    (作詞・作曲:桑田佳祐/編曲:サザンオールスターズ)
    映画『男はつらいよ 寅次郎サラダ記念日』挿入歌。
  10. ムクが泣く (2:42)
    (作詞・作曲:関口和之/編曲:サザンオールスターズ)
    ベース関口和之は「ムク」の愛称で呼ばれており、初となる作詞・作曲・ボーカルも本人が担当している[5]
  11. 朝方ムーンライト (3:39)
    (作詞・作曲:桑田佳祐/編曲:サザンオールスターズ)
    シングル「Big Star Blues (ビッグスターの悲劇)」のカップリング曲。
  12. Big Star Blues (ビッグスターの悲劇) (3:13)
    (作詞・作曲:桑田佳祐/編曲:サザンオールスターズ)
    12枚目シングル。
  13. しおりのテーマ (4:33)
    (作詞・作曲:桑田佳祐/編曲:サザンオールスターズ)
    13枚目シングルとして本作からシングルカットされた。

参加ミュージシャン[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ a b 『サザンオールスターズ 公式データブック 1978-2019』(2019年)リットーミュージック出版 p111
  2. ^ a b c 『サザンオールスターズ 公式データブック 1978-2019』(2019年)リットーミュージック出版 p144
  3. ^ サザン、全266曲を世界111ヶ国で配信 オリコン 2014年12月17日配信, 2020年6月4日閲覧
  4. ^ サザン関連全972曲 サブスク一斉解禁 メンバーソロ曲も対象に オリコン 2019年12月20日配信, 2019年12月20日閲覧
  5. ^ a b c d 『サザンオールスターズ 公式データブック 1978-2019』(2019年)リットーミュージック出版 p108-111
  6. ^ a b c サザンオールスターズの音=カラーを明確に表出させた『ステレオ太陽族』 What's in Tokyo 2019年10月26日配信, 2020年7月12日閲覧
  7. ^ サザンオールスターズ会報「代官山通信 vol.130」8ページより
  8. ^ 『サザンオールスターズ 公式データブック 1978-2019』(2019年)リットーミュージック出版 p31
  9. ^ サザンオールスターズの傑作アルバム『ステレオ太陽族』制作秘話 music-calendar