ステンカラーコート

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ステンカラーコート

ステンカラーコートとは、外套の一種。

後ろのが高く、前が低く折り返す形が特徴。ラグラン袖でゆったりとした着心地である。比翼仕立て(隠しボタン)で第一ボタンを締めなくても着ることが出来る。腰や袖のベルトが付属しているものもある。ラグラン袖が特長だが、ラグランは撫で肩を強調するシルエットになるため近年[いつ?]では、セットインスリーブ式のややスクウェアなシルエットのものも増えている。

素材はウールカシミア綿ポリエステルナイロン等がある。

色は茶色カーキなどが存在し、丈も股から膝丈まで様々、無地が多い。

アメリカなどではこのタイプのコートに固有名詞がつけられていないらしく、単にコートトップコート: top coat、スプリングコートと同義)、レインコートおよびマックコート: mac coat、レインコートと同義)などと呼ばれる。そのためステンカラーコート相当のコートが、全く別の名前で流通していることがある。例えば「バーバリー」ではトレンチコートに分類され、カーコート英語版という名前で売られている。

語源や由来[編集]

「ステンカラー」は石津謙介が作った和製英語と言われてるが語源は諸説ある。フランス語のsoutien(「支える」と言う意味。英語のsupportに相当)に由来するとも、後ろが立ち上がって前に落ちている襟からスタンドフォールカラー: Stand Fall Collar)に由来するとも言われている[1]。ステンカラーの綴りとしてsoutien collarstain collarsten collarなど多数あるが、この中に正解があるかは不明である。

根拠は不明だが、「正式には」と言った枕詞を用いて、バルマカーンコート: Balmacaan Coat)と呼ばれることがある[2]。バルマカーンコートとは、スコットランドインヴァネスの近郊にある地名バルマカーン(: balmacaan)に由来する、ツイードギャバジンで作られたラグラン袖のレインコートの一種[3]

バルマカーンコートとステンカラーコートの襟の形は厳密には違うらしく[4]、バルマカーンコートの襟はバルカラー: bal collar)と呼ばれることがある。バルカラーのバルとは、一般に使われていたバルマカーンコートの略称である[5]。他にはプロシアンカラー: Prussian Collar)、ターンダウンカラー: Turn Down Collar)とも[6]

脚注[編集]

[ヘルプ]

関連項目[編集]