ステーションサービス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

ステーションサービスとは鉄道会社の子会社として設立されを運営する会社の名称として多く使用される語句である。会社によってはレールウェイサービスなど他の語句が使用されることも多い。

概要[編集]

鉄道会社が子会社(ステーションサービスなど)を設立し、鉄道業務のうち、改札口、窓口、ホーム案内・安全管理等の駅業務を委託して、子会社は受託するスタイルである。私鉄の場合、駅業務を全面移管する会社が多い。また、駅業務を再び直営化された事例もある。

駅員などの採用、配置は、子会社自身が人材を自由に、各駅へ派遣する例が多い。これにより、鉄道会社が駅業務と運転業務との分離などを行うことができる。また、エキナカ事業などの駅周辺付帯事業も運営する会社もある(エキナカ事業等の多くはステーションサービスとはまた別会社の場合であり、駅業務を主としない企業は、この頁では除外する)。

現在実施している鉄道交通機関[編集]

私鉄
交通局
JRグループ各社

など

かつて実施していた鉄道会社[編集]

海外の鉄道会社[編集]

海外でも、日本と同様に鉄道会社が子会社に窓口業務を委託している例がある。