ストックポート・カウンティFC

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
ストックポート・カウンティFC
原語表記 Stockport County Football Club
愛称 The Hatters,
County
クラブカラー
創設年 1883年
所属リーグ ナショナルリーグ
所属ディビジョン ナショナルリーグ
ホームタウン ストックポート
ホームスタジアム エッジリー・パーク
Edgeley Park 1.JPG
収容人数 10,651
代表者 Mark Stott[1]
監督 イングランドの旗 ジム・ギャノン
公式サイト 公式サイト
ホームカラー
アウェイカラー
サードカラー
今シーズン
■テンプレート(■ノート)サッカークラブPJ

ストックポート・カウンティ・フットボール・クラブStockport County Football Club)はイングランドストックポートをホームタウンとする、 ナショナルリーグに加盟するプロサッカークラブ。 1883年にヒートン・ノリス・ローヴァーズ (Heaton Norris Rovers)として創立され、1890年に「ストックポート郡」という郡の名前にちなんで現在の名前に改名した[2][3]。1902年からエッジリー・パークで試合を行っている[4]。伝統的に青と白を基調としているが、1914年までは赤と白を基調としていた。町のかつての帽子製業にちなんで、「ザ・ハッターズ」(The Hatters)という愛称で呼ばれている[5]

概要[編集]

ストックポート・カウンティは、フットボールリーグに1900年から参入し、1905年から2011年の106年間、同リーグに在籍し続けた。クラブはこの間、下のディビジョンに所属している事がほとんどであった。その中で1990年代は良い成績を収め、EFLチャンピオンシップで5シーズン戦い、リーグカップでは1996-97シーズンに準決勝まで進出した。

2000年代初頭には財政破綻に陥り、チームはリーグを降格し続け、遂にはフットボールリーグ2から降格し[6]、2011-12シーズンをカンファレンス・ナショナルで戦うことになった。これは、クラブにとって初めてのことであった。

そしてチームは、2012-13シーズンの成績により再び降格の憂き目に遭った[7]。しかしその後ピッチ内外の安定化を図り、チームは2018-19シーズンにナショナルリーグ・ノースで優勝して、ナショナルリーグへ再昇格を果たした[8]

歴史[編集]

1883-1930[編集]

ストックポート・カウンティは、ウィクリフ会衆派教会のメンバーでもあったストックポート日曜学校の14歳から19歳までの生徒によって、「ヒートン・ノリス・ローヴァーズ」として1883年に「マクラフリンズ・カフェ(McLaughlins Cafe)」で結成された[5][9][note 1]。そして、翌年の10月に歴史的な最初の試合を行った。クラブは、ストックポートがビクトリア朝期に帽子製造業の中心地であったことから、愛称として「ザ・ハターズ(The Hatters)」を採用した[2]。この愛称はルートン・タウンと同じである[5]。ヒートン・ノリス・ローヴァーズは1890年に「ストックポート・カウンティ」という名前を採用し[9]、フットボールリーグセカンドディビジョン(当時2部)に参入する1900年までランカシャーリーグに在籍した[11]。ストックポートのフットボールリーグの最初の試合では、レスター・フォッセと対戦し、2-2の引き分けであった[3]。1901年、当時36歳であった初の黒人プロサッカー選手のアーサー・ウォートンがストックポートに加入し、引退する1902年までに数試合出場した[12][13][14]。チームは1902年に本拠地をグリーン・レーンから、現在のエッジリー・パークへ移した[4][9][14]。当時エッジリーパークはラグビーチームのストックポートRFCが本拠地としていたが、そのチームは数年後に解散した[15]

A 1910 map of Edgeley
1910年のチェシャー軍の測量地図に、エッジリー・パークとその周辺が示されている。

ストックポートは、フットボールリーグに参入してからの4年間、下位3チームの中に位置し、1903-04シーズンの終わりに下部リーグへの降格が決定した[16]。次のシーズンは「ランカシャー・コンビネーション」と「ミッドランドリーグ」に在籍し、前者のリーグでは優勝した[17]。また、後者のリーグの成績を通じて、来季のフットボールリーグへの再参加が認められた[18]。フットボールリーグ再参入した1905-06シーズンには初めてFAカップの1回戦に進出したが、リンカーン・シティFCに敗北した[19]。また、リーグは全20チーム中10位という成績であった[20]

ストックポートは1912-13シーズンまでセカンドディビジョンで7年間在籍していたが成績が伸び悩み、再び降格の可能性が浮上したが、リーグ参入を決める選挙で22票を獲得し、残留が決まった[21]

チャリティーマッチでスカウトされ、1913年から1915年までストックポート・カウンティでプレーしたゴールキーパーのトーマス・エバンスは、第一次世界大戦の影響でプレー時間が短くなり、最終的には陸軍に召集された。戦争から生きて帰って来た彼は3試合に出場し、その後故郷のマン島に帰った[22]。クラブは第一次世界大戦で亡くなった13人の元選手に敬意を表してスタジアムの外に盾を飾った。その盾は、元選手であり、RAFの退役軍人でもあるジョージ・ヘイが除幕した[23]

クラブは、1920-21シーズンにセカンドディビジョンで最下位となった。本来ならばフットボールリーグから降格するはずであったが、その次のシーズンから設立されることになった「フットボールリーグ・サードディビジョン・ノース」へ参入することになった[24]。1921-22シーズンでは、ストックポート・カウンティは開幕6試合のうち5試合で勝利して、更に元旦からイースターの週末まで無敗を維持した[25]。そして、エッジリー・パークで18500人の観客の前にダーリントンFCを破り、クラブとして初めてのフットボールリーグのタイトルを獲得した。アルバート・ウィリアムズ(当時の監督)は、優勝決定の7日後、リンカーン・シティFCとのホームゲームの前にトロフィーを授与された[26][27] 。1920-21シーズンに加入したジョー・オケインはこの優勝に大きく貢献したが、シーズン終了後に退団した[25]

1年でセカンドディビジョンに戻ったストックポートは、その再昇格したシーズンで苦戦したが、1ポイント差で自動降格を免れた[28]。1923-24シーズンには、マンチェスター・ユナイテッドの1つ上の13位という成績を残した。このシーズンは、クラブの歴史の中で唯一マンチェスター・ユナイテッドよりも高い順位であったシーズンであった[29]。このシーズンのストックポート・カウンティのゴールキーパーであったハリー・ハーディは、イングランド代表に召集されて試合に出場し、ベルギーとの試合では4-0と無失点の活躍を見せた[30][31]。彼は、ストックポート・カウンティに在籍していた間にイングランドA代表に召集され試合に出場した唯一の選手である[32][33][34]。ハーディは、ストックポートに所属していた1925年にも、イングランド代表のオーストラリアツアーのメンバーに選ばれた。しかし、このツアーは「テストマッチ」という分類のため、代表記録には残っていない[35]

1925-26シーズンは、勝ち点25でセカンドディビジョン最下位となり、再びサードディビジョン・ノースに降格となった[36]。1926-27シーズンはサードディビジョン・ノースで6位となったが、ジョー・スミスの登録書類がフットボールリーグに届いておらず、無登録の選手を出場させたということで勝ち点2の剥奪と100ユーロの罰金の制裁を受けた[37]

次の1927-28シーズンは3位となった[38]。このシーズンでは、チームの89得点のうち38得点をジョー・スミスが決め、リーグ得点王に輝いた[38]。ストックポートはこの後、優勝チームだけが昇格できるリーグにおいて、2シーズン連続で2位となった。その最初のシーズンである1928-29シーズンでは、チームは62もの勝ち点を獲得し、シーズン平均入場者数が初めて10000人を突破した。最後の11試合のうち9試合を勝つなどもしたが、優勝には僅か1ポイント足りなかった[25][39]。その次の1929-30シーズンもまた2位となったのだが、昨季よりも良い成績であった[40]。優勝したポート・ヴェイルFCにはクリスマスにアウェイで2-1、ボクシングデイに4-2とシーズン2勝していたが[25]、総合成績では4ポイント差がついていた。このシーズンでは、フランク・ニュートンがチームの106得点のうち36得点を決め、リーグ得点王に輝いた[40]。また、ニュートンは1試合5得点を1929年9月21日のネルソン戦で記録し、クラブの記録を塗り替えた[41]

1930-1950[編集]

1930年代の初めから、ストックポート・カウンティはホームで白と黒のストライプ柄のユニフォームでプレーし、「リリー・ホワイト」という愛称がついた[3]。1934年1月6日、ホームでのハリファクス・タウン戦で、13-0というスコアで勝利した。この試合はジョー・ヒルのデビュー戦であり、彼は前半で2得点をあげ、後半6分にハットトリックを達成した。また、パーシー・ダウンスもこの試合で4得点をあげ、注目を集めた[25][14]。この記録的な大勝はフットボールリーグの最多得点試合記録にも残っている[42]。この大勝をしたシーズンである1933-34シーズンでアルフ・リトゴエは46得点をあげ[43]、この記録は今でもクラブの最多記録である[42]。リーグ戦は3位という成績であった[44]。またこのシーズンでは、FAカップの2回戦でクリスタル・パレスにホームで1-2で敗北したのだが、この試合はテレビで放送されていた[43]

1935年、当時木製であったエッジリー・パークのメインスタンドが全焼し、1935年以前のストックポート・カウンティの記録が全て失われてしまった。これにより、スタジアムの重要なメインスタンドの再建のみならず、クラブの今までの歴史の記録を集めなければならなかった[45]。火災の1年後にメインスタンドは再建され、当時のフットボールリーグ会長であったチャールズ・サトクリフによって正式に開場された。この時再建されたメインスタンドが、現在のメインスタンドである[4]。1936-37シーズン、クラブはサードディビジョン・ノースで23勝を上げ、勝ち点60で優勝した[46]。勝ち点が57で同じの中、最終節がタイトル決定戦となったリンカーン・シティ戦には27000人以上の観客が詰めかけた[47]。この時までクラブは10試合負けなしで、そのうち7試合で勝利していた。しかし、昇格した次のシーズン、セカンドディビジョンで勝ち点を31しか得られずに22チーム中最下位となり、1年での再降格となった[48]

1939-40シーズンはイギリスの宣戦布告によって中止され、第二次世界大戦が終わるまで開催されることはなかった。これは、イギリスの成人男性のほとんどが軍隊に召集されたからである。ストックポートは、1939-40シーズンで2試合だけ試合をしたが、どちらも敗北し最下位であった[49]。このリーグ中断を受けて、その代わりに地域別のリーグ戦が実施されたが、このリーグの成績は公式記録にはカウントされていない。戦争の進行によって選手の多くが戦場に行き、多くのクラブが試合実行を諦めた。その中で残ったクラブは、ゲストの選手を起用して人数を補い、試合をした。FAカップも続行が難しくなり中断された。その代わりにフットボールリーグ・ウォー・カップが開催された[50]

第二次世界大戦勃発後の最初の「ウォー・リーグ」では、ストックポートは29試合を戦い、「ノーザン・リージョナル・リーグ」で総合35位となった。リーグの順位は、総得点数を実施した試合数で割った平均得点数で決められ、ストックポートは、他のチームよりも多く試合をしていた[51][52]。戦争が終わった後の1945-46シーズン、リーグ戦はまだ再開されなかったが、FAカップは再開された。ストックポートは、このFAカップの1回戦でロッチデールAFCと対戦し、3-2で敗れた[53]。同じく1945-46シーズンに、ストックポートはリーグ3・ノースカップで、ドンカスター・ローヴァーズFCとの試合をホームで開催した。この試合は、試合時間が総計203分という、プロサッカー史上最長の試合として歴史に名を残すことになる。延長戦のシステムが無かったため、再試合を決着がつくまで行ったのである。結局ストックポートは、2回目の再試合で0-4で敗れた[54]。その後、戦後初めてのリーグ戦が開催された1946-47シーズンでは、ストックポートは戦前と同じフットボールリーグ・サードディビジョン・ノースで戦い24勝、勝ち点50で4位となった[55]

1950–1999[編集]

ストックポート・カウンティの今までのリーグ推移

1950年代のクラブはほとんど好成績を収めることはなかったが、ジャック・コナーのゴール数では注目を浴びた。彼は5シーズンで140得点をあげ(この数字は今でもクラブの最高記録である)、13回もハットトリックをしたのである。この内訳は、1試合3得点が3回(クルー・アレクサンドラ戦で1回、チェスター戦で2回)、1試合4得点が2回(ワーキントン戦とカーライル・ユナイテッド戦)、1試合5得点が2回(ブラッドフォード・パーク・アベニュー戦とトランメア・ローヴァーズ戦)である[56]。1957-58シーズンの後にフットボールリーグが今まで南北で3部リーグが2つに分かれていたのを、3部リーグと4部リーグという全国規模の2つのリーグとして再編することにし、このシーズンの結果でリーグ編成を決めることにしていたが、ストックポートはリーグ上位でフィニッシュしたため、1958-59シーズンでも3部所属となった[57]

新たなリーグで3部所属となったストックポート・カウンティだが、次のシーズンでチームは4部に降格することになった[58]。1960-61シーズンから創設されたフットボールリーグカップにストックポートは参戦し、1回戦はホームでカーライル・ユナイテッドに2-0と勝利したが[3]、2回戦ではマンチェスター・シティに0-3で敗北した[59]。1964-65シーズン、変わらずチームは4部所属であったが、そのシーズンのFAカップでは、昨季フットボールリーグ王者のリヴァプールアンフィールドで対戦した。試合は、ストックポートが前半でリードを奪い、勝つ可能性が十分あった内容であったが、後半に追い付かれて1-1の引き分けとなった[60]。残念ながら、ホームでのリプレイはリヴァプール相手に素晴らしいパフォーマンスを見せて健闘したが、0-2での敗戦となった[61]。1964-64シーズンのヨーロピアンカップ準決勝進出チームと互角の試合をしたチームであったが、リーグ戦では勝ち点を27しか得ることができず、4部で最下位となった。しかし、フットボールリーグに残留するための選挙で45票を獲得したため、更なる降格は免れた[62]。また1964-65シーズンには、当時のストックポート・カウンティの会長であったヴィック・バーナードが以前のチームカラーであったロイヤルブルーのストライプをユニフォームに再採用した[3]。バーナードはクラブ認知度とイメージの向上を目指して、ゼネラルマネージャーにバート・トラウトマンを招聘した。2人は金曜日の夜に試合を開催する策を採用して[63]、収入を増やすことには成功したが、前述した通りチームの試合結果は喜べるものにはならなかった。トラウトマンの出身はドイツであり、そのつながりから、チームは1964-65シーズンの終わりにハンブルガーSVと親善試合を行った。この試合は1-3でハンブルガーSVが勝利した。翌シーズンのプレシーズンマッチでは、ストックポート・カウンティはドイツに遠征し、VfLボーフムやSCオペル・リュッセルスハイム、そしてハンブルガーSVと、5日間で3試合を戦った。その後、トラウトマンは1966年で解雇された[63]。ドイツ遠征した年から2年後の1966-67シーズン、チームは64もの勝ち点を得て4部優勝を果たし、3部復帰に成功した[64]

1969-70シーズンに再び4部に降格した後、1970年代と1980年代のリーグ戦の成績が良くなることはなく、中位に留まるか、更に悪ければ残留争いに巻き込まれるばかりであった。この間の1975年にはジョージ・ベストがクラブに加入して、3試合2得点という成績を残した[14][65]。また、当時のクラブ会長のドラガン・ルキッチが協力し、1983-84シーズンに創設されたアソシエイト・メンバーズ・カップ(現EFLトロフィー)にも初年度から参戦したストックポートの、この大会の初の試合の相手はクルー・アレクサンドラであり、この試合は90分、そして延長戦が終わって2-2と決着がつかず、クラブ初のPK戦へ突入した。このPK戦のスコアは0-3となり、チームはここで敗れた[66]。1886-87シーズンから、フットボールリーグとカンファレンス・ナショナルとの間に自動昇降格制度が設けられたが、これはストックポート・カウンティにとっては良い知らせではなかった。このシーズンでは13試合で6ポイントしか獲得することができず、またFAカップでも、当時格下のカーナヴォン・タウンに敗れるなど[67]、カンファレンス・ナショナルへの降格は現実感があり、架空の話として笑って話せることではなかった。結局、シーズン序盤に監督職を解かれたコリン・マーフィーが再び監督に就任し、31試合で勝ち点45を獲得して何とか4部残留を果たした。しかし、このシーズン終了後すぐにコリン・マーフィーはチームを去った[2]

前述の通り、決して良いとは言えない20年間を過ごしたストックポート・カウンティだったが、ダニー・ベルガラが1989年3月に監督に就任すると、チームは急速な変貌を遂げ、1990-91シーズンには遂に3部への自動昇格を達成した[68]。その後の3シーズン、昇格直後からチームは昇格プレーオフに進出したが、いずれも敗退した。1993-94シーズンのプレーオフでは決勝でバーンリーと対戦して1-2で負けたが、この試合が終了した時、ストックポートの選手はピッチ上に9人しかいなかった。というのも、マイケル・ウォレスがテッド・マクミンに唾を吐いたとして退場処分を受け、またクリス・ボーモントもレッドカードを受けて退場したのである。このような形で負けたこともあり、試合終了後の観客席で騒動が起きたという[69]

1995年3月、ベルガラは当時の会長であったブレンダン・エルウッドと口論になり解任され[70]、同年4月にはデイブ・ジョーンズが監督に就任した[71]。1995-96シーズンの開幕時には、5000以上の座席が設けられたチードル・スタンドが新設された[4]。このシーズンには目立った実績を得ることが出来なかったが、FAカップでは3回戦に進出し、昨季の優勝チームであるエバートンと対戦した。ストックポートはグディソン・パークでエバートンと2-2の引き分けに終わり[72]、その10日後にはホームエッジリー・パークでリプレイが行われ11000人以上の観客が集まったが、2-3で敗れた[73]

1996-97シーズン、3部で2位となり、遂に2部への自動昇格を果たした[74]。また、リーグ・カップでも快進撃を見せ、プレミアリーグの3チーム(ブラックバーン・ローヴァーズサウサンプトンウェストハム・ユナイテッド)を撃破して準決勝まで進出した。準決勝でミドルズブラに1-2で敗れてしまったが[75]、このシーズンは、クラブの歴史の中で最も成功したシーズンの1つとして記録されている。1997-98シーズンの始めにデイブ・ジョーンズがサウサンプトンの監督に就任してクラブから去ってしまったが、代わりにブラックプールからガリー・メグソンを招聘した。このシーズンでは昇格後初のシーズンながら2部で8位となり、プレミアリーグへの昇格プレーオフの進出ラインとなる6位まであと2つという素晴らしい結果を残した。この順位は、クラブの歴史で最高の順位である[76]

しかしながら、1998-99シーズンは16位に終わった。降格こそ免れたが、最後の14試合で僅か3勝という数字を残してしまった。8位という成績を昨季達成したメグソン監督は、最終節に既に降格が決まっていたオックスフォード・ユナイテッドに0-5で敗れてしまい、この試合をもってチームを去ることになった[77]。次の監督はクラブでの内部昇格によってすぐにアンディ・キルナーの就任が決定した。キルナーは、敵地メイン・ロードマンチェスター・シティに2-1で勝利するなど[78]、監督として力強いスタートを切った。ボクシングデイの第24節終了時点でチームはプレーオフ進出圏内の6位に位置していた[79]

2000-2010[編集]

1999-2000シーズン、マンチェスター・シティにも勝利して好調を続けるかと思われていたが急に失速して、19試合勝ち無しという不名誉な記録を残してしまった。これは今でもクラブ記録の数字である。結局最後の2連勝で残留を掴み取り、17位となった[80]2000-01シーズンも、19位となってギリギリだが残留を果たした[81] 。その次の2001-02シーズンは、当時のチームにとって最悪のシーズンとなった。ストックポートは、シーズン開幕早々から最下位に沈み、キルナー監督はミルウォールにホームで0-4と負けたことで解任された[82]。2001年11月には元イングランド代表のカールトン・パーマーが監督に就任したが[83][84][85]、このシーズンの3部降格を阻止することも[86]、その次のシーズンでチームを立て直して2部に復帰させることも出来なかった[87]

2003年の夏には、エルウッドがセール・シャークスのオーナーであるブライアン・ケネディにクラブを売却した。これにより、セール・シャークスもエッジリー・パークを本拠地とすることになった。「チェシャー・スポーツ」という新たな会社が設立され[88]、ストックポート・カウンティ、セール・シャークス、そしてエッジリーパークスタンドの経営権をまとめて保有していた。2003-2004シーズン、パーマーはハートリプール・ユナイテッドブラックプールにホームで敗れたことで、僅か1週間で解任された。パーマー監督の時にフットボール・ディレクター英語版であったジョン・ホリンズが一時的に監督を務めた後[89][90]、元北アイルランド代表監督のサミー・マキロイが新たな監督に就任した[91]。降格の可能性がとても大きかったが、マキロイは見事チームを立て直し、最後は11戦無敗を達成して19位でシーズンを終え、残留を果たした。2004-05シーズンも続いてチームを率いたが、成績が伸びず解任され、次の監督にはクリス・ターナーが就任した[92]。しかしそれでも成績は上がらず、最下位に沈んで降格しただけでなく[93][94]、ターナーはライバルチームであるマクルズフィールド・タウンに0-6で敗れるなどしたため解任された。これで、クラブは4シーズンで2回も降格の憂き目に遭うことになった[95]

次のシーズンにはチームのオーナーがまた変わった。400万ポンドの損失を出したと報じられた[96]、チェシャー・スポーツのブライアン・ケネディ会長がクラブの所有権をサポーターズ・トラストに譲ったのである。これは収支の赤字を解消して黒字に回復させ、またストックポート・カウンティを地域に根差したサッカークラブにするためであった。

次期監督には元選手のジム・ギャノンが最初は一時的な監督として指揮していたが、結局正式な監督に就任した[97]2005-06シーズンではギリギリの残留を果たした後[98]、次のシーズンは8位で、昇格プレーオフ圏内の7位には得失点差で届かなかったが[99]、チームの成績を上向かせることに成功した。またこのシーズン中の2007年3月3日には、スウィンドン・タウンを3-0で破って、無失点での9連勝を達成した。これはフットボールリーグの新記録であった[3][100][99]

2007-08シーズンの初め、元監督のダニー・ベルガラが亡くなった[101]。ストックポート・カウンティは、FAカップこそ1回戦で格下のステインズ・タウンにリプレイ、そしてPK戦の末破れたが[102]、リーグでは良い結果を継続して出した。2008年の初めにはアウェイ8連勝を達成し[103]、リーグの記録を塗り替えて自動昇格圏も射程に入るほどであったが、結局自動昇格出来ずに4位となった[104]。進出した昇格プレーオフでは、準決勝でウィコム・ワンダラーズを2-1で破り[105]、決勝ではロッチデールウェンブリー・スタジアムで対戦した。そして、この試合で3-2で勝利を収め、EFLリーグ1への昇格を決めた[106][107][108]

2008年12月、ストックポートの選手達。(アンソニー・ピルキントン、カール・ベイカー、スティーヴン・グリーソン、トミー・ロウの4人)

2008-09シーズンは、昇格チームということもありチームの下馬評は低かったが、プレーオフ圏内にまで近づくなど、それを覆す結果を見せた。しかしシーズン終盤に大きく失速してしまい、結局中位のフィニッシュとなった。ギャノンはブライトンの監督職をオファーされてチーム側も了承したが、ブライトンの会長とギャノンの話し合いの末、交渉は決裂し、ストックポートに留まることになった[109]

2009年4月30日、ストックポート・カウンティは債権者への返済問題を抱え、争った結果、裁判所が任命した管理人の下に置かれることになった[110]。これは約30万ポンドの返済を求める債権者の嘆願書に続いて裁定された。また、歳入関税庁への25万ポンドの税金の支払いにも苦慮していた[111]。ついに2009年12月16日にはチームの練習場が売りに出される事態になった[112]

2009年6月12日、ストックポート・カウンティを管理していたレナード・カーティスは、メルローズ・コンソーシアムへクラブを売却することに合意したと発表した[113]。共同管理者の1人であるポール・リーブス氏は、「売却取引自体は合意となりましたが、これはメルローズ・コンソーシアムが地元との合意を得ることができるということが条件であり、クラブの将来を守るための前向きな1歩になります」とコメントした。元マンチェスター・シティの選手のジム・メルローズが代表を務める「スポーツを背景に持つビジネスマンのグループ」で構成されるメルローズ・コンソーシアムは、「ストックポート・カウンティ・フットボールクラブの未来を成功させるための基礎となる、セール・シャークス及びストックポート・メトロポリタン自治区評議会との実りある関係をより良く発展させていくことを楽しみにしている」とコメントした[114]

メルローズ・コンソーシアムの重要な任務は、「来シーズンのエッジリーパークでの試合を保証し、ストックポートの伝説的存在であるジム・ギャノンの職を確保するということ」だと説明されていた。2009年7月3日に管財人は、以前の株主と債権者との間で英国企業倒産法に基づく会社任意整理(CVA)に合意した[115]。ギャノンは、スコティッシュ・プレミアリーグマザーウェルFCの監督に就任したのだが、これを受けたストックポートのサポーターは、今後数週間の間に彼が若手選手をまるで密猟のようにカウンティから獲ってしまうのではないかという心配をした。ストックポートは新しい監督について当時リヴァプールリザーブスの監督をしていたガリー・アブレットにスポットを当て、新オーナー候補者との協議を経て2009年7月8日に監督に任命された[116] 。が、この時まだメルローズ・コンソーシアムはクラブを買収しておらず、今後も買収することはなかった。2010年3月には、新たなコンソーシアムである「2015グループ」がクラブの買収に向けた独占権を与えられたことが発表された[117]

2010-2019[編集]

「2015グループ」と呼ばれる投資家によるストックポート・カウンティの買収は、2010年5月のフットボールリーグの会議で承認され、6月17日に正式に発表された[118]。買収後、クラブはガリー・アブレット監督の解任を発表した[119]。これはシーズンで5回しか勝てず、勝ち点25で最下位という最悪の結果を残したためである[120]。新しい経営陣は「クラブを上から下まで再構築する」[121]と約束したが、この新時代のスタートは悪いものとなってしまった。次期監督としては、昨年職を解かれた、クラブのレジェンドであるジム・ギャノンが再びクラブに戻ってくると広く報道されていた。しかし、結局ギャノンとクラブは契約の合意に至らず、2010年夏に、ストックポートは元カーライル・ユナイテッド監督のポール・シンプソンを新監督に任命した[122][123]。しかしながら、ギャノン監督時代のアシスタントマネージャーであり、ギャノンと同じ1990年代にチームの選手だったピーター・ワードは、アシスタントマネージャーとして再びクラブに復帰した[122]

ゴールを喜ぶストックポート・カウンティの選手達(2011年)

シンプソンが監督に就任後、4部でも苦戦していた。降格圏内に位置していたためシンプソンは6ヶ月で解任されたが[124][125]、後任監督が一切決まっていない中の決定であり、ピーター・ワードが暫定の監督に就任し、当時ウィガン・アスレティックの監督であったレイ・マティアスがアシスタントマネージャーに就任した[126]。2011年3月、監督交代後12試合を終えてもチームは降格圏内に位置していたため、クラブはマティアスに暫定の監督職を与え、ワードを再びアシスタントに戻すという決定をした[127]

マティアス暫定監督の下でチームのパフォーマンスと結果は好転したが、残留は果たせなかった。この結果、ストックポート・カウンティはカンファレンス・ナショナルに降格し、フットボールリーグ連続在籍記録は106年で途絶えることになった[128]

カンファレンス・ナショナルに降格した後、マティアスは監督に正式に任命された[129]。しかし、プレシーズンが始まる前にリヴァプールを本拠地とする実業家がクラブの買収を試みて(最終的に失敗[130])、それによりマティアスは解任され、元サッカードイツ代表ディートマー・ハマンが新監督に就任した[131]

監督経験の無かったハマンが指揮するストックポートは上手くいかず、19試合で3勝という数字を残して2011年11月に解任された[132]

ストックポート・カウンティが少ない勝ち点しか稼げずに降格し、翌年にもその光景を見なければならなかった時、私たちがした仕事の量を考えると信じられないぐらいほど失望した…。3年半で成し遂げたものが2年で崩れさってしまうのはとても衝撃的で、今年もそれが続くのを見るのは本当に辛いことだ…。
チームの2年連続降格を受けたジム・ギャノンのコメント[133]

クラブは3年連続降格の危機に瀕していた[134]。ハマンが解任される前の2011年11月のホームでのヘイズ・アンド・イェディング・ユナイテッドとの試合の後に、そのままファンミーティングが行われたのだが、この内容にハマンは快く感じなかった[135]。サポーターが、その試合でファンとしてスタジアムを訪れていたジム・ギャノンの監督就任を求めたからである[136][135]。この8日後にハマンは解任され、ジム・ギャノンが新監督に任命された[137][138]
ギャノンの復帰初戦でチームは非常に良いパフォーマンスを見せたが、当時首位タイだったフリートウッド・タウンに1-2で敗れた[139]。チームの調子を明らかに上げたギャノンは監督就任してからまもなく、レクサムFCダーリントンFCにそれぞれ1-0で勝って連勝を達成した[140][141]。この時、最後の連勝からなんと3年以上が経っていた。2011-12シーズン、ギャノンはクラブを降格圏内から遠ざけ、最後の15試合で8勝するなどして16位でフィニッシュした[142]

2012年4月のストックポート・カウンティの選手達

2012-13シーズンに向け、ギャノンは過去にチームを指揮していた時と同じく若手の育成に力を入れた[143]。この方針により、若手のダニー・ホワイトヘッド、ダニー・ハタズリー、イアン・オルムソンらが定期的に試合に出場した。また、このシーズンの初めにセール・シャークスが本拠地をサルフォード・レッドデビルズの本拠地に移転したことで、ストックポート・カウンティは9年ぶりにエッジリー・パークを独り占めにすることになった[144][145]

2013年1月15日、元fcbusiness誌編集者のライアン・マクナイトがクラブの新CEOに指名され、英国サッカー界で最年少のCEOになった[146][147]。指名された次の日にホームでマンスフィールド・タウンに1-3で敗れた後、ギャノンは監督職を解かれた[148][149]。彼の後任にはボスニア系スイス人のダリェ・カレジッチが選ばれたが、カレジッチはイングランドのサッカー界では一度も監督を務めたことが無かった[150][151]。カレジッチは2ヶ月という短い期間で解任された[152]。次の監督にはイアン・ボーギーが任命されたが[153]、彼もクラブを救う事は出来ず、最終節に2位のキダーミンスター・ハリアーズに敗れて降格が決定した。これで4シーズンで3回目の降格となり、次のシーズンはクラブ史上初めて6部リーグでのプレーとなってしまった[154]

ストックポートは、クラブの運営が厳しいとしてパートタイム制への移行を発表した[155]。リーグ戦でもストックポートは開幕5試合で1分4敗という成績を残し、順位表の下から2番目に位置していたため、2013年8月にはボーギーが解任された[156]。後任には、ジム・ギャノン時代とピーター・ウォード時代でアシスタントを務めたアラン・ロードが任命され、彼はこの3年の間で9人目の監督となった[157]。マクナイトCEOは2014年4月に、同年5月始めに退任することを発表した[158]。ロードが率いるストックポートは2013-14シーズンをリーグ中位で終え[159]、ようやくチームは安定した。翌シーズンには彼はチームの順位を少しだけ上げたが[160]、シーズン終了前に退任してフットボールディレクターに就任した[161][162]

2015年2月、ストックポート・カウンティの取締役会は「Moving Forward」文書と名付けられたクラブの将来の抱負についての声明を発表した[163]。この文書では、安定性、持続性、スタジアム、成功という4つのポイントに焦点を当てていた[164][165]

2015年夏、クラブは3年目の6部在籍シーズンに突入した。ストックポートの新監督には、チェスターで6部優勝を成し遂げたニール・ヤングが就任した[166]。しかし、昇格の可能性はほとんど無くなり、12試合で僅か1勝という数字を残した後、ヤングは2012年1月に退任した[167]。クラブは次の監督にノースウィッチ・ヴィクトリアで成功を収めたジム・ギャノンにオファーを出し、彼は同じクラブで3度目の監督に就任した[168]

2015-16シーズン、ギャノンはチームのリーグ9位フィニッシュ[169]と、チェシャー・シニアカップの優勝に貢献した[170]。次の2016-17シーズンには、ギャノンは完全にチームを立て直して昇格プレーオフ進出を視野に入れていたが、最終的には進出圏内から僅か1ポイント差の8位となり、プレーオフ進出を逃した[171]。このシーズンの終わりには、昨季の夏に加入したチーム得点王のダニー・ロイドがストックポートの昔のライバルであり、ギャノンの前所属クラブであるピーターバラ・ユナイテッドへ移籍した[172]2017-18シーズンもギャノンが引き続き指揮をとることになったのだが、監督が2シーズン同じであるのは、2008年以来のことであった。リーグ戦は躍進を続け、5位となって昇格プレーオフ進出を果たした[173]。しかしプレーオフでは、準々決勝でチョーリーとホームエッジリー・パークで対戦して6230人の観客が集まったが、0-1で敗れた[174]。シーズン終了後、クラブ得点王であったジェイソン・オズウェルがモアカムに移籍した[175]

2017-18シーズンは昇格出来なかった。2018-19シーズンはスタートダッシュこそ失敗したものの、FAカップでは1回戦でEFLリーグ2ヨーヴィル・タウンを3-1で破り[176][177]、2回戦へ進出した。12月初頭に行われた2回戦ではバーネットにザ・ハイヴ・スタジアムで敗れた[178][179]。また、FAトロフィーでは準決勝でナショナルリーグの強豪のAFCフィルドに2-3で敗れたが、ベスト4まで進出するのは初めてであった[180][181][182]。リーグ戦でもブラックリー・タウンに0-1で負けるまでの間で、23試合という連続無敗記録(クラブ記録タイ)を達成した[183]。チームの好調は最後まで続き、遂に最初節でナニートン・タウンに3-0で勝利してタイトルを獲得した[184][185][186]。リーグタイトル獲得は52年ぶりであり、ようやくチームはナショナルリーグへの復帰を果たした。2018-19シーズン終了後、クラブ得点王のマッティ・ウォーバートンが4部のノーサンプトン・タウンに移籍した[187]

ナショナルリーグ・ノースの優勝トロフィーを掲げるジム・ギャノン監督(右)と、選手のアシュリー・パーマー(左)とポール・ターンブル(中央)

2019-現在[編集]

ジム・ギャノン監督の下、再び戦いの舞台をナショナルリーグへ移したストックポート・カウンティは、2020年1月に地元の実業家マーク・ストット氏が買収し、この過程で無借金経営が実現した[188]

現所属メンバー[編集]

所属選手[編集]

2020年11月2日 [189]現在
No. Pos. 選手名
1 イングランドの旗 GK ベン・ヒンチリフ
2 イングランドの旗 DF サム・ミニハン
3 イングランドの旗 DF ジェームズ・ジェニングス
4 イングランドの旗 DF リアム・ホーガン
5 イングランドの旗 DF アシュリー・パーマー
6 セントクリストファー・ネイビスの旗 MF ロイス・メイナード
7 イングランドの旗 MF アダム・トーマス
8 イングランドの旗 MF ジョン・ルーニー
9 イングランドの旗 FW リッチー・ベネット
10 イングランドの旗 FW コナー・ジェニングス
No. Pos. 選手名
11 ジャマイカの旗 MF ジョーダン・ウィリアムズ
14 イングランドの旗 DF マーク・キッチング
15 イングランドの旗 DF ジェイミー・ストット
16 イングランドの旗 DF ジョーダン・キーン
17 イングランドの旗 DF マコーレー・ソウザン=ヘイルズ
18 イングランドの旗 MF ライアン・クローズデール
19 イングランドの旗 FW アレックス・リード
20 イングランドの旗 FW ニャル・ベル
21 イングランドの旗 GK ジョシュ・バーンズ
26 イングランドの旗 FW ルイス・ブリットン

ローン移籍[編集]

in
No. Pos. 選手名
26 イングランドの旗 FW ルイス・ブリットン (ブリストル・シティFC)
out
No. Pos. 選手名

過去の成績[編集]

シーズン ディビジョン FAカップ リーグ
カップ
その他 最多得点者
リーグ 順位 選手 得点数
1996-97 ディビジョン2 46 15 5 3 59 41 82 2位 ベスト4 EFLトロフィー ベスト4
1997-98 ディビジョン1 46 19 8 19 71 69 65 8位 4回戦敗退 2回戦敗退 - -
1998-99 ディビジョン1 46 12 17 17 49 60 53 16位 4回戦敗退 1回戦敗退 - -
1999-00 ディビジョン1 46 13 15 18 55 67 54 17位 3回戦敗退 2回戦敗退 - -
2000-01 ディビジョン1 46 11 18 17 58 65 51 19位 5回戦敗退 1回戦敗退 - -
2001-02 ディビジョン1 46 6 8 32 42 102 26 24位 3回戦敗退 2回戦敗退 - -
2002-03 ディビジョン2 46 15 10 21 65 70 55 14位 2回戦敗退 2回戦敗退 EFLトロフィー 2回戦敗退
2003-04 ディビジョン2 46 11 19 16 62 70 52 19位 1回戦敗退 2回戦敗退 EFLトロフィー エリアQF敗退
2004-05 EFLリーグ1 46 6 8 32 48 98 26 24位 2回戦敗退 1回戦敗退 EFLトロフィー 2回戦敗退
2005-06 EFLリーグ2 46 11 19 16 57 78 52 22位 3回戦敗退 1回戦敗退 EFLトロフィー 1回戦敗退
2006-07 EFLリーグ2 46 21 8 17 65 54 71 8位 3回戦敗退 1回戦敗退 EFLトロフィー 2回戦敗退
2007-08 EFLリーグ2 46 24 4 12 72 54 82 4位 (PO優勝) 1回戦敗退 2回戦敗退 EFLトロフィー エリアSF敗退
2008-09 EFLリーグ1 46 16 12 18 59 57 50[190] 18位 2回戦敗退 1回戦敗退 EFLトロフィー 2回戦敗退
2009-10 EFLリーグ1 46 5 10 31 35 95 25 24位 2回戦敗退 1回戦敗退 EFLトロフィー 2回戦敗退
2010-11 EFLリーグ2 46 9 14 23 48 96 41 24位 1回戦敗退 1回戦敗退 EFLトロフィー 2回戦敗退
2011-12 カンファレンス・プレミア 46 12 15 19 58 74 51 16位 予選4回戦敗退 - FAトロフィー 1回戦敗退
2012-13 カンファレンス・プレミア 46 13 11 22 57 80 50 21位 1回戦敗退 - FAトロフィー 2回戦敗退
2013-14 カンファレンス・ノース 46 12 14 16 58 58 50 14位 予選3回戦敗退 - FAトロフィー 予選3回戦敗退
2014-15 カンファレンス・ノース 46 16 9 17 56 59 57 11位 予選4回戦敗退 - FAトロフィー 1回戦敗退
2015-16 ナショナルリーグ・ノース 46 15 14 13 50 49 59 9位 予選2回戦敗退 - FAトロフィー 予選3回戦敗退
2016-17 ナショナルリーグ・ノース 46 19 16 7 59 41 73 8位 1回戦敗退 - FAトロフィー 2回戦敗退
2017-18 ナショナルリーグ・ノース 46 20 9 13 75 57 69 5位 予選3回戦敗退 - FAトロフィー 4回戦敗退
2018-19 ナショナルリーグ・ノース 46 24 10 8 77 36 82 1位 2回戦敗退 - FAトロフィー 準決勝敗退
2019-20 ナショナルリーグ 39 16 10 13 51 54 58 8位 予選4回戦敗退 - FAトロフィー 2回戦敗退
2020-21 ナショナルリーグ - FAトロフィー

クラブ各種記録[編集]

1試合最多観客動員試合

ホーム1試合最多得点勝利試合

ホーム1試合最多失点敗戦試合

アウェイ1試合最多得点勝利試合

アウェイ1試合最多失点敗戦試合

チーム連勝記録

  • 9連勝 2006-2007[42]

チーム連敗記録

  • 11連敗 2001-2002

タイトル[編集]

EFLリーグ2プレーオフトロフィー

国内タイトル[編集]

  • フットボールリーグ・サードディヴィジョン・サウス : 2回 
    • 1921-22, 1936-37
  • フットボールリーグ・フォースディヴィジョン : 1回 
    • 1966-67
  • EFLリーグ2プレーオフ : 1回
    • 2007-08
  • カンファレンス・ノース : 1回
    • 2018-19
  • サードディヴィジョン・サウス・チャレンジカップ : 1回
    • 1936-37
  • ランカシャー・リーグ : 1回
    • 1899-1900
  • ランカシャー・コンペイション : 1回
    • 1904-05
  • マンチェスター・シニアカップ : 4回
    • 1897-98, 1898-99, 1914-15, 1922-23
  • チェシャー・モデル : 5回
    • 1922-23, 1924-25, 1928-29, 1929-30, 1930-31
  • チェシャー・ボウル : 8回
    • 1933-34, 1948-49, 1952-53, 1955-56, 1956-57, 1958-59, 1960-61, 1962-63
  • チェシャー・フレンドリートロフィー : 2回
    • 1965-66, 1966-67
  • チェシャー・プレミアカップ : 2回
    • 1969-70, 1970-71

歴代所属選手[編集]

GK

DF

MF

FW

注釈[編集]

  1. ^ 19歳のトム・リチャード、18歳のジャック・ヒューイット、14歳のサムエル・ライリー、16歳のウィリアム・ライリー (サムエルの兄)、16歳のトム・マチン、17歳のスタン・ホッケンハル、15歳のテッド・フゥィトゥル,15歳のウィリアム・リッジウェイ、16歳のテッド・シンプソン、15歳のベン・ケリーの10人で結成した[10]

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ Stockport County FC, which currently competes in the Vanarama National League, are pleased to confirm the sale of the Club to local businessman, Mark Stott.”. stockportcounty.com (2020年1月16日). 2020年4月9日閲覧。
  2. ^ a b c Freeman, Peter (1999). Stockport County – From the Nursery. ISBN 0-9537558-0-0 
  3. ^ a b c d e f Our History”. stockportcounty.com. 2020年4月19日閲覧。
  4. ^ a b c d “Stockport County's home since 1902”. stockportcounty.com. http://www.stockportcounty.com/club/edgeley-park/ 2015年2月17日閲覧。 
  5. ^ a b c Moor, Dave (2012年4月4日). “Background”. Historical Kits. http://www.historicalkits.co.uk/Stockport_County/Stockport_County.htm#background 2012年4月4日閲覧。 
  6. ^ League Two Table 2010–11”. The Football League. 2013年10月12日時点のオリジナルよりアーカイブ。2013年9月11日閲覧。
  7. ^ Conference Premier Table 2012-13”. Statto. 2014年7月18日時点のオリジナルよりアーカイブ。2015年8月9日閲覧。
  8. ^ National League North: Stockport beat Nuneaton 3–0 to secure title and promotion, BBC, 27 April 2019
  9. ^ a b c Page, Phil; Littlechilds, Ian (2013). The Four Heatons Through Time. Amberley Publishing Limited. ISBN 9781445620664 
  10. ^ Bainbridge, Katherine (2015年6月20日). “The teenage terrace heroes who set up a football club: Details of Stockport County founders revealed for the first time”. Manchester Evening News. https://www.manchestereveningnews.co.uk/news/greater-manchester-news/teenage-terrace-heroes-who-set-13947925 2015年4月11日閲覧。 
  11. ^ Lancashire league 1899/00”. footballsite.co.uk. 2012年4月16日閲覧。
  12. ^ Arthur Wharton”. 100 Great Black Britons. 2020年4月15日閲覧。
  13. ^ Arthur Wharton: The first Black Footballer”. BBC. 2020年4月15日閲覧。
  14. ^ a b c d Page, Phil; Littlechilds, Ian (2017). Secret Stockport. Amberley Publishing Limited. ISBN 9781445651378 
  15. ^ About Stockport County”. 2010年2月13日時点のオリジナルよりアーカイブ。2020年4月15日閲覧。
  16. ^ Division 2 1903/04”. footballsite.co.uk. 2012年4月11日閲覧。
  17. ^ Abbink, Dinant (2007年5月2日). “England – Lancashire Combination”. Rec.Sport.Soccer Statistics Foundation. http://www.rsssf.com/tablese/englancacombhist.html#fin1 2012年4月11日閲覧。 
  18. ^ Midland League 1904/05”. footballsite.co.uk. 2012年4月11日閲覧。
  19. ^ Stockport County Record while in the Football League”. footballsite.co.uk. 2012年4月16日閲覧。
  20. ^ DIVISION 2 1905/06”. footballsite.co.uk. 2012年4月16日閲覧。
  21. ^ Division 2 1912/13”. footballsite.co.uk. 2012年4月11日閲覧。
  22. ^ Stockport County goalkeeper was a WW1 hero”. Manchester Evening News (2014年8月26日). 2020年4月12日閲覧。
  23. ^ 103-year-old George Haigh helps County pay tribute to the fallen”. Stockportcounty.com (2018年11月15日). 2020年4月12日閲覧。
  24. ^ Division 2 1920/21”. footballsite.co.uk. 2012年4月11日閲覧。
  25. ^ a b c d e Freeman, Peter; Harnwell, Richard (1994). Stockport County: A Complete History. Derby: Breedon Books. ISBN 1-873626-72-X 
  26. ^ Brennan, Phil (2012年5月16日). “Top Hatters' Silver Salvo”. Stockport Express (Stockport): p. 56 
  27. ^ Division 3 (North) 1921/22”. footballsite.co.uk. 2012年4月16日閲覧。
  28. ^ DIVISION 2 1922/23”. footballsite.co.uk. 2012年4月16日閲覧。
  29. ^ DIVISION 2 1923/24”. footballsite.co.uk. 2012年4月16日閲覧。
  30. ^ County and Country”. stockportcounty.com. 2020年4月10日閲覧。
  31. ^ Naylor, Davey (2012年4月4日). “England Stats – Harry Hardy”. englandstats.com. http://www.englandstats.com/players.php?pid=439 2015年8月13日閲覧。 
  32. ^ Brennan, Phil (2012年5月16日). “England Hero Harry Is One of a Kind”. Stockport Express (Stockport): p. 56 
  33. ^ Hardy England Cap back at Edgeley Park”. stockportcounty.com. 2013年7月14日閲覧。
  34. ^ Jordan, Bernard; Edwards, Leigh (14 February 2009). “Harry Hardy (1895–1969)”. Stockport County Match Programme Vs. Millwall (Stockport): 28, 29. 
  35. ^ Hay, Roy (2013年1月24日). “England in Australia in 1925”. Sports & Editorial Services Australia. 2015年4月11日閲覧。
  36. ^ Division 2 1925/26”. footballsite.co.uk. 2012年4月16日閲覧。
  37. ^ Did you know? 29 POINTS DEDUCTIONS, DEMOTIONS and EXPULSIONS........”. footballsite.co.uk. 2015年8月13日閲覧。
  38. ^ a b DIVISION 3 (North) 1927/28”. footballsite.co.uk. 2015年8月13日閲覧。
  39. ^ DIVISION 3 (North) 1928/29”. footballsite.co.uk. 2015年8月13日閲覧。
  40. ^ a b DIVISION 3 (North) 1929/30”. footballsite.co.uk. 2015年8月13日閲覧。
  41. ^ The County programme worth £700”. Manchester Evening News (2007年9月5日). 2020年4月11日閲覧。
  42. ^ a b c d e f g h “Records”. stockportcounty.com. (2020年4月11日). https://www.stockportcounty.com/the-club/honours-and-records/ 2013年8月29日閲覧。 
  43. ^ a b Brennan, Phil (2012年5月30日). “Netbusters and Record Breakers”. Stockport Express (Stockport): p. 59 
  44. ^ “Division 3(North) 1933/34”. footballsite.co.uk. https://www.footballsite.co.uk/Statistics/Seasons/1933-34/Div3(N)1933-34.htm 2012年4月16日閲覧。 
  45. ^ “EDGELEY PARK”. Historic England. https://www.pastscape.org.uk/hob.aspx?hob_id=890902 2020年4月11日閲覧。 
  46. ^ “DIVISION 3 (North) 1936/37”. footballsite.co.uk. https://www.footballsite.co.uk/Statistics/Seasons/1936-37/Div3(N)1936-37.htm 2012年6月3日閲覧。 
  47. ^ Brennan, Phil (2012年6月6日). “Final day drama in 1937”. Stockport Express (Stockport): p. 58 
  48. ^ “DIVISION 2 1937/38”. footballsite.co.uk. https://www.footballsite.co.uk/Statistics/Seasons/1937-38/Div21937-38.htm 2012年6月3日閲覧。 
  49. ^ “DIVISION 3 (North) 1939/40”. footballsite.co.uk. https://www.footballsite.co.uk/Statistics/Seasons/1939-40/Div3(N)1939-40.htm 2012年6月22日閲覧。 
  50. ^ Becker, Matt (2015年1月15日). “Keep Calm, Carry on and Play Soccer: The Football League War Cup”. Paste Magazine. Georgia,USA: Paste Magazine. 2015年8月28日閲覧。
  51. ^ Kungler, Peter (2003年2月15日). “England 1940/41”. Rec.Sport.Soccer Statistics Foundation (RSSSF). 2015年8月13日閲覧。
  52. ^ McColl, Brian (2014). A Record of British Wartime Football. p. 115. ISBN 978-1-291-84089-6 
  53. ^ “F.A. Cup 1945/46”. footballsite.co.uk. https://www.footballsite.co.uk/Statistics/Seasons/1945-46/F.A.Cup1945-46.html 2012年6月22日閲覧。 
  54. ^ Burnton, Simon (2018年3月29日). “When extra time had no end: how one match lasted 3hrs and 23mins”. The Guardian. 2015年4月11日閲覧。
  55. ^ “DIVISION 3 (North) 1946/47”. footballsite.co.uk. https://www.footballsite.co.uk/Statistics/Seasons/1946-47/Div3(N)1946-47.htm 2012年6月22日閲覧。 
  56. ^ Brennan, Phil (2012年6月13日). “Leading scorer Connor an all-time County great”. Stockport Express (Stockport): p. 58 
  57. ^ “DIVISION 3 (North) 1957/58”. footballsite.co.uk. https://www.footballsite.co.uk/Statistics/Seasons/1957-58/Div3(N)1957-58.htm 2012年6月22日閲覧。 
  58. ^ “DIVISION 3 1958/59”. footballsite.co.uk. https://www.footballsite.co.uk/Statistics/Seasons/1958-59/Div31958-59.htm 2012年6月22日閲覧。 
  59. ^ “LEAGUE CUP 1960/61 Results”. footballsite.co.uk. https://www.footballsite.co.uk/Statistics/Seasons/1960-61/LeagueCup1960-61.html 2013年9月8日閲覧。 
  60. ^ Ewards, Leslie (1965年1月30日). “Stockport lead – then hold on for shock replay”. Liverpool Echo. http://www.lfchistory.net/Images/newspapers/echo/1965-01-30-stockport-267.JPG 2020年4月12日閲覧。 
  61. ^ “LEAGUE CUP 1960/61 Results”. footballsite.co.uk. https://www.footballsite.co.uk/Statistics/Seasons/1964-65/F.A.Cup1964-65.html 2020年4月12日閲覧。 
  62. ^ “DIVISION 4 1964/65”. footballsite.co.uk. https://www.footballsite.co.uk/Statistics/Seasons/1964-65/Div41964-65.htm 2012年6月22日閲覧。 
  63. ^ a b Rowlands, Adam (2012). Trautmann The Biography. DB Publishing. ISBN 978-1780911199 
  64. ^ “DIVISION 4 1966/67”. footballsite.co.uk. https://www.footballsite.co.uk/Statistics/Seasons/1966-67/Div41966-67.htm 2012年6月22日閲覧。 
  65. ^ “Football mourns George Best”. BBC Sport. http://news.bbc.co.uk/sport1/hi/football/4466944.stm 2020年4月12日閲覧。 
  66. ^ Watts, Ian (18 August 2015). “County's First Football League Trophy Team”. Stockport County Match Programme Vs. North Ferriby United (Stockport: Amberley Court Associates LtD): 14. 
  67. ^ “FA CUP 1986/87”. footballsite.co.uk. https://www.footballsite.co.uk/Statistics/Seasons/1986-87/F.A.Cup1986-87.html 2020年4月12日閲覧。 
  68. ^ “DIVISION 4 1990/91”. footballsite.co.uk. https://www.footballsite.co.uk/Statistics/Seasons/1990-91/Div41990-91.htm 2020年4月12日閲覧。 
  69. ^ Football Play-Offs: County fall short as Burnley go up: Parkinson makes the difference”. The Independent (1994年5月30日). 2020年4月12日閲覧。
  70. ^ Stockport sack Bergara”. The Independent (1995年4月). 2015年7月5日時点のオリジナルよりアーカイブ。2012年4月15日閲覧。
  71. ^ “Dave Jones factfile”. Telegraph (London). (2001年1月3日). https://www.telegraph.co.uk/sport/2995736/Dave-Jones-factfile.html 2015年2月15日閲覧。 
  72. ^ “Everton v Stockport County, 07 January 1996”. 11v11.com. http://www.11v11.com/matches/everton-v-stockport-county-07-january-1996-217152/ 2015年2月15日閲覧。 
  73. ^ “Stockport County v Everton, 17 January 1996”. 11v11.com. http://www.11v11.com/matches/stockport-county-v-everton-17-january-1996-217162/ 2015年2月15日閲覧。 
  74. ^ “DIVISION 1 1996/97”. footballsite.co.uk. https://www.footballsite.co.uk/Statistics/Seasons/1996-97/Div21996-97.htm 2020年4月12日閲覧。 
  75. ^ “Coca-Cola Cup 1996/97”. footballsite.co.uk. https://www.footballsite.co.uk/Statistics/Seasons/1996-97/LeagueCup1996-97.html 2020年4月12日閲覧。 
  76. ^ “DIVISION 1 1997/98”. footballsite.co.uk. https://www.footballsite.co.uk/Statistics/Seasons/1997-98/Div11997-98.htm 2015年2月15日閲覧。 
  77. ^ Walker, Paul (1999年6月26日). “Megson sacked by Stockport”. The Independent, 26 June 1999 (London). https://www.independent.co.uk/sport/football-megson-sacked-by-stockport-1102551.html 2015年2月15日閲覧。 
  78. ^ “Championship 1999/2000 " 18. Round”. worldfootball.net. http://www.worldfootball.net/schedule/eng-championship-1999-2000-spieltag/18/ 2015年8月30日閲覧。 
  79. ^ “Championship 1999/2000 " 24. Round”. worldfootball.net. http://www.worldfootball.net/schedule/eng-championship-1999-2000-spieltag/24/ 2015年8月30日閲覧。 
  80. ^ “DIVISION 1 1999/2000”. footballsite.co.uk. https://www.footballsite.co.uk/Statistics/Seasons/1999-00/Div11999-00.htm 2015年2月15日閲覧。 
  81. ^ “DIVISION 1 2000/01”. footballsite.co.uk. https://www.footballsite.co.uk/Statistics/Seasons/2000-01/Div12000-01.htm 2015年2月15日閲覧。 
  82. ^ “Stockport appoint Palmer”. Telegraph (London). (2001年11月6日). https://www.telegraph.co.uk/sport/football/competitions/championship/3016305/Stockport-appoint-Palmer.html 2015年2月15日閲覧。 
  83. ^ “Palmer named as Stockport boss”. The Guardian. (2001年11月6日). https://www.theguardian.com/football/2001/nov/06/newsstory.sport10 2015年2月15日閲覧。 
  84. ^ Johnson, William (2001年11月6日). “Stockport gamble on outspoken Palmer”. Telegraph. https://www.telegraph.co.uk/sport/football/competitions/championship/3016276/Stockport-gamble-on-outspoken-Palmer.html 2015年8月9日閲覧。 
  85. ^ “DIVISION 1 2001/02”. footballsite.co.uk. https://www.footballsite.co.uk/Statistics/Seasons/2001-02/Div12001-02.htm 2015年8月30日閲覧。 
  86. ^ “DIVISION 2 2002/03”. footballsite.co.uk. https://www.footballsite.co.uk/Statistics/Seasons/2002-03/Div22002-03.htm 2015年8月30日閲覧。 
  87. ^ “Sharks to merge with Stockport”. BBC Sport. (2003年5月2日). http://news.bbc.co.uk/sport1/hi/rugby_union/english/2996279.stm 2015年2月15日閲覧。 
  88. ^ “Stockport sack Palmer”. BBC News. http://news.bbc.co.uk/sport1/hi/football/teams/s/stockport/3122286.stm 2015年8月30日閲覧。 
  89. ^ “Palmer's farewell shot”. Manchester Evening News. http://www.manchestereveningnews.co.uk/sport/football/football-news/palmers-farewell-shot-1152341 2015年8月30日閲覧。 
  90. ^ “McIlroy quits NI for Stockport”. BBC Sport. (2003年10月15日). http://news.bbc.co.uk/sport1/hi/football/teams/s/stockport/3195082.stm 2015年8月9日閲覧。 
  91. ^ “Turner named as Stockport manager”. BBC Sport. (2004年12月17日). http://news.bbc.co.uk/sport1/hi/football/teams/s/stockport/4106123.stm 2015年8月9日閲覧。 
  92. ^ “LEAGUE 1 2004/05”. footballsite.co.uk. https://www.footballsite.co.uk/Statistics/Seasons/2004-05/League12004-05.htm 2020年4月12日閲覧。 
  93. ^ “STOCKPORT COUNTY 2004/05 results”. footballsite.co.uk. https://www.footballsite.co.uk/Statistics/Seasons/2004-05/ClubResults/2004-05.StockportCounty.html 2020年4月12日閲覧。 
  94. ^ “Manager Turner leaves Stockport”. BBC Sport. (2005年12月27日). http://news.bbc.co.uk/sport1/hi/football/teams/s/stockport/4562506.stm 2015年8月9日閲覧。 
  95. ^ No more cash for Sharks and County”. BBC News (2005年11月22日). 2015年8月9日閲覧。
  96. ^ “Gannon unveiled as Stockport boss”. BBC Sport. (2006年1月17日). http://news.bbc.co.uk/sport1/hi/football/teams/s/stockport/4620446.stm 2015年8月9日閲覧。 
  97. ^ “LEAGUE 2 2005/06”. footballsite.co.uk. https://www.footballsite.co.uk/Statistics/Seasons/2005-06/League22005-06.htm 2015年8月9日閲覧。 
  98. ^ a b “LEAGUE 2 2006/07”. footballsite.co.uk. https://www.footballsite.co.uk/Statistics/Seasons/2006-07/League22006-07.htm 2015年2月15日閲覧。 
  99. ^ Stockport County : Records”. Statto. 2015年7月3日時点のオリジナルよりアーカイブ。2015年8月9日閲覧。
  100. ^ Stockport hero Danny Bergara dies”. BBC Sport (2007年7月26日). 2015年8月9日閲覧。
  101. ^ “F.A. Cup 2007/08 Results”. footballsite.co.uk. https://www.footballsite.co.uk/Statistics/Seasons/2007-08/F.A.Cup2007-08.html 2015年2月15日閲覧。 
  102. ^ Oliver, Pete (2008年3月19日). “Stockport boss has young vision”. BBC News. http://news.bbc.co.uk/sport1/hi/football/teams/s/stockport/7305219.stm 2015年8月9日閲覧。 
  103. ^ “LEAGUE 2 2007/08”. footballsite.co.uk. https://www.footballsite.co.uk/Statistics/Seasons/2007-08/League22007-08.htm 2015年2月15日閲覧。 
  104. ^ County win 2–1 on aggregate”. Manchester Evening News (2008年5月17日). 2020年4月18日閲覧。
  105. ^ Fletcher, Paul (2008年5月26日). “Stockport 3–2 Rochdale”. BBC Sport. http://news.bbc.co.uk/sport1/hi/football/eng_div_3/7416601.stm 2009年6月20日閲覧。 
  106. ^ Leach, Conrad (2008年5月27日). “Dickinson strike sends Stockport into raptures”. The Independent, 27 May 2008 (London). https://www.independent.co.uk/sport/football/football-league/rochdale-2-stockport-county-3-dickinson-strike-sends-stockport-into-raptures-834625.html 2010年5月4日閲覧。 
  107. ^ “STOCKPORT COUNTY 2007/08 results”. footballsite.co.uk. https://www.footballsite.co.uk/Statistics/Seasons/2007-08/ClubResults/2007-08.StockportCounty.html 2020年4月12日閲覧。 
  108. ^ “Gannon rejects Brighton approach”. BBC Sport. (2009年2月26日). http://news.bbc.co.uk/sport1/hi/football/teams/s/stockport/7908756.stm 2009年6月20日閲覧。 
  109. ^ “Stockport go into administration”. BBC Sport. (2009年4月30日). http://news.bbc.co.uk/sport1/hi/football/teams/s/stockport/8027353.stm 2020年4月18日閲覧。 
  110. ^ “Stockport enter administration after failing to pay creditors”. The Guardian. (2009年4月30日). https://www.theguardian.com/football/2009/apr/30/stockport-county-administration-football 2013年9月8日閲覧。 
  111. ^ Dawson, Rob (2009年12月16日). “County's Manor up for sale”. Manchester Evening News. http://menmedia.co.uk/manchestereveningnews/sport/football/stockport_county/s/1186282_countys_manor_up_for_sale 2012年2月20日閲覧。 
  112. ^ “Deal agreed for Stockport buy-out”. BBC Sport. (2009年6月12日). http://news.bbc.co.uk/sport1/hi/football/teams/s/stockport/8098042.stm 2009年6月20日閲覧。 
  113. ^ Gripper, Ann (2009年6月12日). “Stockport set to be rescued by sale to Melrose consortium”. Mirror. オリジナルの2012年6月7日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20120607050529/http://www.mirrorfootball.co.uk/opinion/blogs/football-spy/league-one/Stockport-set-to-be-rescued-by-sale-to-Melrose-consortium-article86757.html 2013年9月8日閲覧。 
  114. ^ “Official Statement”. stockportcounty.com. (2009年7月3日). オリジナルの2012年6月7日時点におけるアーカイブ。. http://www.stockportcounty.com/page/LatestNews/0,,10419~1712966,00.html 2009年9月19日閲覧。 
  115. ^ Dawson, Rob (2009年7月8日). “Ablett named County boss”. Manchester Evening News. http://menmedia.co.uk/manchestereveningnews/sport/football/stockport_county/s/1124910_ablett_named_county_boss 2012年2月22日閲覧。 
  116. ^ “Second group in bid for Stockport”. Manchester Evening News. (2013年1月12日). http://www.manchestereveningnews.co.uk/sport/football/football-news/second-group-in-bid-for-stockport-886524 2015年8月30日閲覧。 
  117. ^ Stockport takeover boost”. Manchester Evening News (2010年5月15日). 2020年4月19日閲覧。
  118. ^ Simpson named as Stockport boss”. Liverpool Echo (2010年7月13日). 2020年4月19日閲覧。
  119. ^ “League One 2009/10”. footballsite.co.uk. (2010年5月29日). https://www.footballsite.co.uk/Statistics/Seasons/2009-10/League12009-10.htm 2020年4月19日閲覧。 
  120. ^ Dawson, Rob (2010年6月23日). “Nightmare ends with the dawn of new era”. Stockport Express. http://menmedia.co.uk/stockportexpress/sport/football/stockport_county/s/1263090_nightmare_ends_with_the_dawn_of_new_era 2012年3月23日閲覧。 
  121. ^ a b “Paul Simpson named Stockport County Manager”. BBC Sport. (2010年7月12日). http://news.bbc.co.uk/sport1/hi/football/teams/s/stockport/8754631.stm 2011年4月5日閲覧。 
  122. ^ Dawson, Rob (2010年7月14日). “Simpson named Stockport boss”. Manchester Evening News. 2020年4月18日閲覧。
  123. ^ Stockport dismiss manager Simpson”. BBC Sport (2011年1月4日). 2020年4月19日閲覧。
  124. ^ Stockport sack Simpson”. Manchester Evening News (2011年1月5日). 2020年4月19日閲覧。
  125. ^ Ray Mathias”. League Managers Association. 2020年4月19日閲覧。
  126. ^ Ray Mathias takes over in Hatters' job switch”. Manchester Evening News (2011年3月10日). 2020年4月19日閲覧。
  127. ^ “Crewe 2–0 Stockport”. BBC Sport. (2011年4月30日). https://www.bbc.co.uk/sport/0/football/13174427 2020年4月19日閲覧。 
  128. ^ “Mathias chosen for Hatters job”. Sky Sports. (2011年5月25日). http://www1.skysports.com/football/news/11762/6951632/mathias-chosen-for-hatters-job 2013年9月8日閲覧。 
  129. ^ “Tony Evans resigns directorship of Stockport County”. BBC Sport. (2011年7月5日). https://www.bbc.co.uk/sport/0/football/14929259 2013年9月8日閲覧。 
  130. ^ “Dietmar Hamann takes over as Stockport County boss”. BBC Sport. (2011年7月5日). https://www.bbc.co.uk/sport/0/football/14033079 2013年9月8日閲覧。 
  131. ^ “Dietmar Hamann resigns as Stockport County manager”. BBC Sport. (2011年11月7日). http://news.bbc.co.uk/sport1/hi/football/15620388.stm 2011年11月7日閲覧。 
  132. ^ Dawsom, Rob (2011年11月24日). “Jim Gannon: It's devastating to see my hard work at Stockport undone”. Manchester Evening News. https://www.manchestereveningnews.co.uk/sport/football/football-news/jim-gannon-its-devastating-to-see-876685 2020年4月12日閲覧。 
  133. ^ “Jim Gannon appointed Stockport County director of football”. BBC Sport. (2011年11月15日). https://www.bbc.co.uk/sport/0/football/15732895 2013年9月8日閲覧。 
  134. ^ a b Hamann, Dietmar (2012). The Didi Man. Hachette UK. ISBN 9780755362820 
  135. ^ Dawson, Rob (2011年11月8日). “Jim Gannon poised as Dietmar Hamann quits County”. Manchester Evening News. 2020年4月18日閲覧。
  136. ^ “Jim Gannon appointed Stockport County director of football” (英語). BBC Sport. (2011年11月15日). https://www.bbc.co.uk/sport/football/15732895 2020年4月18日閲覧。 
  137. ^ “Gannon keen to make a difference at Stockport” (英語). BBC Sport. (2011年11月16日). https://www.bbc.co.uk/sport/av/football/15755575 2020年4月18日閲覧。 
  138. ^ “Fleetwood 2–1 Stockport”. BBC Sport. (2011年11月19日). http://news.bbc.co.uk/sport1/hi/football/eng_conf/15704910.stm 2013年9月8日閲覧。 
  139. ^ “Stockport 1–0 Wrexham”. BBC Sport. https://www.bbc.co.uk/sport/0/football/17083269 2013年9月8日閲覧。 
  140. ^ “Darlington 0–1 Stockport”. BBC Sport. https://www.bbc.co.uk/sport/0/football/17162949 2013年9月8日閲覧。 
  141. ^ Stockport County 2011–2012 : English Conference Premier Table”. Statto. 2015年7月3日時点のオリジナルよりアーカイブ。2015年8月9日閲覧。
  142. ^ Cruel County cuts kind in long run – Jim Gannon”. Manchester Evening News (2012年2月2日). 2020年4月20日閲覧。
  143. ^ Collins, Ben (2012年4月4日). “It's business as usual for County as Sale move out”. Manchester Evening News. http://menmedia.co.uk/manchestereveningnews/sport/football/stockport_county/s/1490299_its-business-as-usual-for-county-as-sale-move-out?all_comments=1 2012年4月4日閲覧。 
  144. ^ “Sale Sharks confirm groundshare with Salford City Reds”. BBC Sport. (2012年4月4日). https://www.bbc.co.uk/sport/0/rugby-union/17461665 2015年8月29日閲覧。 
  145. ^ “Stockport County: Ryan McKnight named chief executive”. BBC Sport. (2013年1月15日). https://www.bbc.co.uk/sport/0/football/21025602 2013年9月8日閲覧。 
  146. ^ Stockport County Appoint Former fcbusiness Editor as CEO”. fcbusiness. 2016年3月10日時点のオリジナルよりアーカイブ。2013年1月15日閲覧。
  147. ^ “Stockport County: Jim Gannon sacked after 14 months in charge”. BBC Sport. (2013年1月16日). https://www.bbc.co.uk/sport/0/football/21037493 2013年9月8日閲覧。 
  148. ^ Stockport County Relieve Gannon of Duties”. Leagueclubs.co.uk. 2020年4月7日時点のオリジナルよりアーカイブ。2016年1月16日閲覧。
  149. ^ New manager announced”. stockportcounty.com. 2013年1月24日時点のオリジナルよりアーカイブ。2020年4月12日閲覧。
  150. ^ “Darije Kalezic: Stockport County appoint Jim Gannon's successor”. BBC Sport. (2013年1月28日). https://www.bbc.co.uk/sport/football/21185836 2020年4月12日閲覧。 
  151. ^ Kalezic leaves Edgeley Park”. stockportcounty.com. 2013年3月20日時点のオリジナルよりアーカイブ。2020年4月12日閲覧。
  152. ^ Ian Bogie named new County manager”. stockportcounty.com. 2013年3月20日時点のオリジナルよりアーカイブ。2020年4月12日閲覧。
  153. ^ “Kidderminster 4 – 0 Stockport”. BBC Sport. (2013年4月20日). https://www.bbc.co.uk/sport/0/football/22133379 2013年9月8日閲覧。 
  154. ^ Stockport County go part time”. Manchester Evening News (2013年4月26日). 2020年4月7日閲覧。
  155. ^ Stockport County: Ian Bogie resignation 'shocked' board”. BBC Sport (2013年9月3日). 2020年4月7日閲覧。
  156. ^ Board Statement regarding Ian Bogie's resignation”. stockportcounty.com. 2013年8月31日時点のオリジナルよりアーカイブ。2020年4月12日閲覧。
  157. ^ Club Statement: Ryan McKnight”. stockportcounty.com. 2014年4月8日時点のオリジナルよりアーカイブ。2020年4月12日閲覧。
  158. ^ Skrill North Table 2013/14”. National League (2014年4月26日). 2020年4月7日閲覧。
  159. ^ National League North Table 2013/14”. National League (2015年4月25日). 2020年4月7日閲覧。
  160. ^ Club Statement: Regarding Alan Lord's Position”. stockportcounty.com. 2015年4月13日時点のオリジナルよりアーカイブ。2020年4月12日閲覧。
  161. ^ Partington, Richard (2015年4月14日). “Stockport County boss Alan Lord steps down at Edgeley Park”. Manchester Evening News. http://www.manchestereveningnews.co.uk/sport/stockport-county-boss-alan-lord-9038627 2015年8月9日閲覧。 
  162. ^ Browne, Gavin (2015年3月5日). “Stockport County possess 2020 vision”. Manchester Evening News. http://www.manchestereveningnews.co.uk/sport/football/football-news/stockport-county-possess-2020-vision-8776335 2015年8月12日閲覧。 
  163. ^ Moving Forward”. stockportcounty.com. 2016年3月4日時点のオリジナルよりアーカイブ。2020年4月13日閲覧。
  164. ^ Moving Forward Document”. stockportcounty.com. 2015年9月24日時点のオリジナルよりアーカイブ。2020年4月13日閲覧。
  165. ^ Neil Young named new manager of Stockport County”. stockportcounty.com. 2015年5月16日時点のオリジナルよりアーカイブ。2020年4月12日閲覧。
  166. ^ Chester FC: Neil Young resigns as Stockport County manager”. cheshire-live.co.uk (2016年1月13日). 2016年1月13日閲覧。
  167. ^ Byrne, Sam (2016年1月18日). “Jim Gannon returns to Stockport County for third stint as manager”. https://www.manchestereveningnews.co.uk/sport/football/jim-gannon-returns-stockport-county-10754650 2020年4月20日閲覧。 
  168. ^ National League North Table 2015/16”. National League (2016年4月25日). 2020年4月7日閲覧。
  169. ^ Stockport County crowned Cheshire Cup champions”. South Manchester News (2016年4月27日). 2020年4月20日閲覧。
  170. ^ National League North Table 2016/17”. National League (2017年4月24日). 2020年4月7日閲覧。
  171. ^ Highly-rated Stockport winger Danny Lloyd becomes latest Non-League star to join Peterborough”. The Non League Football Paper (2017年5月9日). 2020年4月20日閲覧。
  172. ^ National League North Table 2017/18”. National League (2018年4月24日). 2020年4月7日閲覧。
  173. ^ Play-Off Report & Pics: County 0–1 Chorley”. stockportcounty.com (2018年5月2日). 2020年4月7日閲覧。
  174. ^ Jason Oswell: Morecambe sign striker from non-league Stockport County”. BBC Sport (2018年6月27日). 2020年4月7日閲覧。
  175. ^ Emirates FA Cup Report & Pics: Yeovil Town 1–3 County”. stockportcounty.com (2018年11月10日). 2020年4月7日閲覧。
  176. ^ THE FA CUP – FIRST ROUND Yeovil 1–3 Stockport County”. BBC Sport (2018年11月10日). 2020年4月7日閲覧。
  177. ^ FA Cup Report & Pics: Barnet 1–0 County”. stockportcounty.com (2018年12月2日). 2020年4月7日閲覧。
  178. ^ Bees secure third round spot after narrow victory over Stockport County at the Hive”. The Football Association (2018年12月2日). 2020年4月28日閲覧。
  179. ^ FA Trophy Report & Pics: AFC Fylde 0–0 County”. stockportcounty.com (2019年3月16日). 2020年4月7日閲覧。
  180. ^ FA Trophy Report & Pics: County 2–3 AFC Fylde”. stockportcounty.com (2019年3月23日). 2020年4月7日閲覧。
  181. ^ FA Trophy: AFC Fylde win at Stockport & Leyton Orient beat Telford to reach final”. BBC Sport (2019年3月23日). 2020年4月7日閲覧。
  182. ^ Report & Pics: Brackley Town 1–0 County”. stockportcounty.com (2019年3月9日). 2020年4月7日閲覧。
  183. ^ Report & Pics: Nuneaton Borough 0–3 County”. stockportcounty.com (2019年4月28日). 2020年4月7日閲覧。
  184. ^ WE ARE CHAMPIONS!”. stockportcounty.com (2019年4月28日). 2020年4月7日閲覧。
  185. ^ Swettenham, Lee (2019年4月28日). “Thousands celebrate as Stockport County win first league title in 52 years”. https://www.manchestereveningnews.co.uk/sport/football/football-news/stockport-county-champions-promoted-fans-16192266 
  186. ^ Matt Warburton Ready For Challenge of Joining Northampton Town”. Northampton Town Football Club (2019年5月9日). 2020年4月20日閲覧。
  187. ^ Stockport County FC, which currently competes in the Vanarama National League, are pleased to confirm the sale of the Club to local businessman, Mark Stott.” (2020年1月17日). 2020年4月20日閲覧。
  188. ^ First Team”. stockportcounty.com. 2017年12月29日閲覧。
  189. ^ 財政破綻で裁判所の管理下に置かれることとなった為、勝ち点10が減点された。