ストップ!にいちゃん

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

ストップ!にいちゃん』は、関谷ひさしによる日本の学園明朗漫画。月刊『少年』(光文社)にて1962年新年号から1968年3月号(同誌の休刊)まで連載された。

関谷は、この作品と「ファイト先生」で昭和39年度小学館漫画賞を受賞した。

スポーツ万能だがおっちょこちょいな中学生・南郷勇一とその周りの人々が起こす騒動をユーモラスに描いた漫画作品。 タイトルの「ストップ!にいちゃん」は、暴走しがちな勇一を窘める弟・賢二のセリフに由来する。当初は、スポーツ熱血漫画であったが、徐々に笑いの要素が増えた。

連載終了後、『プレイコミック』(秋田書店)1977年2月10日号に『帰ってきたストップ!にいちゃん』が読み切り掲載、その後光文社文庫「少年傑作集」に関谷の描き下ろしで、南郷兄弟やサチコが大人になった続編『ストップ!にいちゃん ふたたび』が読み切り掲載された。

登場人物[編集]

南郷家[編集]

南郷 勇一(なんごう ゆういち)
本作の主人公。第五中学校の3年生のクラスに所属しており、野球部を始め柔道部、ボクシング部、サッカー部のキャプテンも兼任している。そのスポーツ万能ぶりから“五中のスーパーマン”のあだ名を持つが、そそっかしいという欠点がある。
南郷 賢二(なんごう けんじ)
勇一の弟。しっかりとした性格で、よく兄を窘める。
お母さん
南郷兄弟の母親。少し心配性ながらも心優しい性格だが、勇一が唯一頭が上がらない存在でもある。
お父さん
南郷兄弟の父親である会社員。勇一とは違い、やや小市民的で、妻には頭が上らない。
お祖父さん
本名は南郷勇作。田舎に住む南郷兄弟の祖父である。
性格は豪放磊落、高齢にも関わらず運転免許を取るほどの行動派である。
ボス
南郷家の愛犬。元野良犬。
ポリ
ボスの子供。やんちゃな性格

近所[編集]

北原 サチコ
南郷家の隣家の娘。勇一と同級生 新聞部編集長。勝気で勇一とケンカばかりしているが、本当は仲が良い。
ハリー
物語の途中で、南郷家の隣に引っ越してきた外国人一家の長男。日本語は流暢。オリンピック参加レベルのマラソンランナー。弟がいる。
柏鵬堂
勇一の掛かりつけの指圧師で、スキンヘッドにサングラスという容姿をしている。年齢は55歳。独学で医学を学び医学博士号を取得。柔道、剣道、合気道、合わせて18段。
高井マーケット店主
勇一が不定期でバイトしているマーケットの店主。 柏鵬堂からガマとカバを合わせて油で揚げたような風貌とたとえられている。 ヘビースモーカー。せこい性格だが、勇一のペースにハマってしまう。

第五中学校関係者[編集]

校長
頭の禿げた肥満体の男性で、第五中学校の校長を務めている。南郷を「五中の誇り」と評しているが、ゴーカート部やサッカー部の創設を執拗に迫られ、ついには南郷の顔を見ると腹痛を起こす「南郷性アレルギー」になってしまう。

野球部[編集]

一番 早井
打つのも走るのも速い。ピッチャーゴロでも快足で塁に出てしまう。ただしアウトになるのも早い。
二番 多胡
とにかくボールをすべてファールにする傾向があり、タコのような粘り強さを誇る。ピッチャーが諦めて好球を投げてくれた際にはそれをヒットにする。
三番 駒井
中学生にしては大変小柄で、ストライクが入らず、すべてボールになってしまう。打率0、出塁率100%。
ここまでで、無死満塁になり 四番、南郷がホームランを打つのが五中の勝ちパターン。
尚、南郷のポジションは、キャッチャーだが、エースの細田が不調な時はピッチャーもやる。
五番 熊田
眼鏡を掛けた真面目な会計係。連載当初は、他のクラブと掛けもちをする南郷に反発したり、時に理解者ともなる少年だが、「お笑い路線」になってから、すっかり出番が少なくなった。
丸井
肥満体の男子部員で、練習嫌いのお調子者である。
細田
細身で長身の投手(一応エース)。ちょっと気が弱く、打たれると南郷と交代。丸井と凸凹コンビを結成。
馬井 球
下級生の女子だが、スポーツにかけては南郷に勝るとも劣らない。女子のため試合には出られないのでコーチを務めるが、ただし公式戦と非公式戦に一度ずつ出た経験あり。
北条高氏(元部員)
南郷と同学年の転校生。両親が名野球選手であり、期待されて野球部に入部した経緯を持つ。実力は申し分ないが高慢な性格をしている。サチ子の声援を受けて却って調子を崩し、大量失点につながってしまった。無責任にも、そのまま退部。

その他[編集]

西 純
大阪から転校生してきた二年生。前の学校でサッカーをやっていて、 南郷とともに五中サッカー部を創設。小柄だがスポーツ万能、ケンカも強く「小型南郷」とも呼ばれる。
高板一夫
ボクシング部主将。
南郷のパンチ力に惚れこみ、ボクシング部に入部を勧め、さらに主将の座まで譲った。しかし、これは他校の強豪選手との対戦を避け、南郷を当てるための策と発覚。
投山
柔道部主将。南郷の運動神経の良さを見て柔道部主将として試合に出てくれと懇願。義侠心の強い南郷は断り切れなかった。その後も、学芸会の出し物の企画など、南郷を頼りにしている。
五助
南郷を尊敬している気弱な下級生。口癖は「すみません」。高井マーケットでバイトをしており、その縁で、南郷も同店でバイトを始めた。南郷曰く、「五助くんは、学校では後輩、店では先輩、合計ハイハイだ!」
阿久田
五中の不良、もう一人の仲間と一緒に、新入生や西を仲間に入れて南郷を陥れようとするが、ことごとく失敗した。

単行本[編集]

虫コミックス」(虫プロ商事)から全13巻、その後「サンコミックス」(朝日ソノラマ)から3巻が発売されたが、全て絶版。2008年8月に「マンガショップ」から、「1学期」として3巻(上・中・下)、同年9月に「2学期」として3巻(同)、同年10月に「3学期」として3巻(同)の計9巻が発売された。なお「三学期・下」には、先述の「帰ってきたストップ!にいちゃん」が掲載されている。

ソノシート[編集]

本作はテレビアニメ化はされなかったが、1965年に朝日ソノラマからソノシートが発売された。ソノシートにはドラマと主題歌「ストップ!にいちゃん」(作詞:阪田寛夫 / 作曲:小森昭宏)を収録。雄一役は「少年」作品『鉄人28号』で金田正太郎を演じた高橋和枝、賢二役は松島みのりがそれぞれ演じ、主題歌も歌った。

なお主題歌は、2008年3月26日コロムビアミュージックエンタテインメントから発売されたCD集「永久保存版 ソノシート誕生40周年記念 朝日ソノラマ大全集」の「ディスク5」に収録されている。

関連文献[編集]