ストリート・クワイア

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索
ストリート・クワイア
ヴァン・モリソンスタジオ・アルバム
リリース
ジャンル ロックブルー・アイド・ソウルフォークブルース
時間
レーベル ワーナー・ブラザース・レコード
プロデュース ヴァン・モリソン
ダハード・エリアス・シャー(アシスタント・プロデューサー)
専門評論家によるレビュー
チャート最高順位
  • 18位(イギリス[1]
  • 32位(アメリカ[2]
ヴァン・モリソン 年表
ムーンダンス
(1970年)
ストリート・クワイア
(1970年)
テュペロ・ハニー
(1971年)
テンプレートを表示

ストリート・クワイア』(原題:His Band and the Street Choir)は、北アイルランド出身のシンガーソングライター、ヴァン・モリソン1970年に発表した、ソロ名義では4作目のスタジオ・アルバム

背景[編集]

「ドミノ」は、モリソンが敬愛するミュージシャンであるファッツ・ドミノに捧げられた[3]。「アイヴ・ビーン・ワーキング」は前作『ムーンダンス』(1970年)制作時のアウトテイクの再録音で、初期のヴァージョンは約11分に及んだが、本作では短くまとめられた[4]

「スウィート・ジャニー」は当時の妻ジャネット・プラネットに捧げられた曲で[5]、彼女は本作のレコーディングにも、クワイア隊の一人として参加している[6]。なお、本作リリース前の1970年4月3日には、二人の間の娘シャナ・モリソン英語版が誕生している[7]

本作でアシスタント・プロデューサーを務めたドラマーのダハード・エリアス・シャーは、後にモリソンのライヴ・アルバム『魂の道のり』(1974年)、スタジオ・アルバム『ヴィードン・フリース』(1974年)でもドラムスを担当する[8]

2015年発売のリマスターCDには未発表ヴァージョン5曲がボーナス・トラックとして追加されており[6]、「コール・ミー・アップ・イン・ドリームランド」の別ヴァージョンは、アルバム・ヴァージョンよりもバッキング・ボーカルが突出した内容となっている[9]

反響・評価[編集]

アメリカのBillboard 200では32位に達し、前作『ムーンダンス』に引き続き全米トップ40アルバムとなった[2]。第1弾シングル「ドミノ」はBillboard Hot 100で9位に達し、1967年の「ブラウン・アイド・ガール」以来の全米トップ10入りを果たす[2]。その後「ブルー・マネー」(全米23位[2])、「コール・ミー・アップ・イン・ドリームランド」(全米95位[2])もシングル・ヒットした。

イギリスでは1971年2月13日付の全英アルバムチャートで初登場した後、前作『ムーンダンス』を上回る18位を記録して、モリソン初の全英トップ20アルバムとなった[1]

Thom Jurekはオールミュージックにおいて5点満点中4.5点を付け「彼が長年魅せられてきたニューオーリンズR&Bの伝統をインスピレーションとして深く掘り下げている」「殆どの曲がファンに愛され続けていることが、その質を証明している」と評している[10]

収録曲[編集]

全曲ヴァン・モリソン作詞・作曲。

  1. ドミノ - Domino – 3:10
  2. クレイジー・フェイス - Crazy Face – 3:00
  3. ギヴ・ミー・ア・キス - Give Me a Kiss – 2:40
  4. アイヴ・ビーン・ワーキング - I've Been Working – 3:29
  5. コール・ミー・アップ・イン・ドリームランド - Call Me Up in Dreamland – 3:55
  6. アイル・ビー・ユア・ラヴァー、トゥー - I'll Be Your Lover, Too – 3:53
  7. ブルー・マネー - Blue Money – 3:48
  8. ヴァーゴ・クラウンズ - Virgo Clowns – 4:14
  9. ジプシー・クイーン - Gypsy Queen – 3:18
  10. スウィート・ジャニー - Sweet Jannie – 2:12
  11. イフ・アイ・エヴァー・ニーデッド・サムワン - If I Ever Needed Someone – 3:48
  12. ストリート・クワイア - Street Choir – 4:50

2015年リマスターCDボーナス・トラック[編集]

  1. コール・ミー・アップ・イン・ドリームランド(テイク10) - Call Me Up in Dreamland (Take 10) – 4:14
  2. ギヴ・ミー・ア・キス(テイク3) - Give Me a Kiss (Take 3) – 2:32
  3. ジプシー・クイーン(テイク3) - Gypsy Queen (Take 3) – 4:13
  4. アイヴ・ビーン・ワーキング(オルタネイト・ヴァージョン) - I've Been Working (Alternate Version) – 4:25
  5. アイル・ビー・ユア・ラヴァー、トゥー(オルタネイト・ヴァージョン) - I'll Be Your Lover, Too (Alternate Version) – 4:10

参加ミュージシャン[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b VAN MORRISON | full Official Chart History | Official Charts Company - 「Albums」をクリックすれば表示される
  2. ^ a b c d e Van Morrison | Awards | AllMusic
  3. ^ Childers, Chad. “10 Best Van Morrison Songs”. Ultimate Classic Rock. Diffuser Network. 2016年1月22日閲覧。
  4. ^ Chilton, Martin (2013年10月16日). “Van Morrison Moondance outtakes are hidden gems”. The Telegraph. Telegraph Media Group. 2016年1月22日閲覧。
  5. ^ Landau, Jon (1971年2月4日). “Van Morrison His Band and The Street Choir Album Review”. Rolling Stone. 2016年1月22日閲覧。
  6. ^ a b Van Morrison - His Band And The Street Choir (CD, Album) at Discogs - 2015年リマスターCDの情報
  7. ^ Henderson, Alex. “Shana Morrison - Biography & History”. AllMusic. 2016年1月22日閲覧。
  8. ^ Dehaud Elias Shaar | Credits | AllMusic
  9. ^ Mathers, Ian (2015年11月13日). “Van Morrison: Astral Weeks / His Band and the Street Choir”. PopMatters. 2016年1月22日閲覧。
  10. ^ Jurek, Thom. “His Band and the Street Choir - Van Morrison”. AllMusic. 2016年1月22日閲覧。