ストリームメディアコーポレーション

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
株式会社ストリームメディアコーポレーション
Stream Media Corporation
種類 株式会社公開会社
市場情報
本社所在地 日本の旗 日本
108-0014
東京都港区4丁目5番10号
ユニゾ芝4丁目ビル(旧:カーニープレイス芝)
北緯35度39分1.223秒 東経139度45分7.473秒 / 北緯35.65033972度 東経139.75207583度 / 35.65033972; 139.75207583座標: 北緯35度39分1.223秒 東経139度45分7.473秒 / 北緯35.65033972度 東経139.75207583度 / 35.65033972; 139.75207583
設立 1971年12月
業種 情報・通信業
法人番号 6010401036776
事業内容 放送事業、マネジメント事業、モバイル事業、ファンクラブ事業、MD事業、イベント事業、ライツ事業
代表者 チェ・グァンヨン(代表取締役社長
シン・ピルスン(代表取締役副社長)
資本金 45億9,149万円(2016年12月現在)
発行済株式総数 165,203,513株(2016年12月現在)
従業員数 59人(2016年12月現在)
決算期 12月31日
主要株主 株式会社キーイースト 30.73%
株式会社エスエム・エンタテインメント・ジャパン 19.37%(2016年12月現在)
主要子会社 DA Music 、DA Music Publishing
外部リンク https://www.streammedia.co.jp
テンプレートを表示

株式会社ストリームメディアコーポレーションStream Media Corporation)は、東京都港区に本社を置く韓流スターのコンテンツ事業を主力とする企業。東京証券取引所JASDAQ上場銘柄である(証券コードは4772)。2016年12月現在の筆頭株主KOSDAQ上場会社である株式会社キーイースト(ペ・ヨンジュンが運営)である。前身はミヅホ企画工業株式会社。

沿革[編集]

  • 1971年昭和46年)12月 - 建築企画・設計業務等を事業目的として前身の「ミヅホ企画工業株式会社」設立。本社は東京都港区。
  • 1986年(昭和61年) - 本社を神奈川県横浜市に移転。
  • 1998年平成10年)4月 - ミヅホ企画工業株式会社株主から全株式を株式会社デジタルアドベンチャーの事業推進賛同者が引き受け、商号を「株式会社デジタルアドベンチャー」に変更。本社を東京都渋谷区に置き、後に東京都港区に移転。デジタルコンテンツ配信事業などを目的として事業開始。
  • 2000年(平成12年)8月 - 株式を大阪証券取引所ナスダック・ジャパン(現:東京証券取引所JASDAQ市場)に上場。
  • 2000年(平成12年)12月 - 大手コンビニエンスストアでの物販事業開始。
  • 2004年(平成16年)11月 - 「韓流Now!」の配信開始、韓流コンテンツ事業開始。
  • 2005年(平成17年)4月 - 韓国テレビドラマ「悲しき恋歌」がフジテレビにて放送開始、ライツ事業開始。
  • 2006年(平成18年)8月 - ソン・スンホンキム・レウォンオフィシャルファンクラブがスタート、ファンクラブ事業開始。
  • 2007年(平成19年)3月 - ソン・スンホンジャパンファンミーティング2007をさいたまスーパーアリーナにて開催、イベント事業が本格始動。
  • 2008年(平成20年)8月 - eコマースサイト「bofi(現:DATVshopping)」の運営がスタート、物販事業が本格始動。
  • 2009年(平成21年)5月 - ビーオーエフインターナショナル株式会社と合併、マネジメント事業開始。
  • 2009年(平成21年)10月 - スカパー!テレビ局「DATV」を開局、放送事業開始。
  • 2011年(平成23年) - グループ事業再編により、株式会社キントーンジャパンを設立しグラビア関連のデジタルコンテンツ配信事業を移管。グラビア以外のデジタルコンテンツ配信事業を株式会社アイロゴスに移管。
  • 2013年(平成25年)5月 - デジタルコンテンツ配信事業を営むグループ会社を売却し、エンターテインメントに事業集約。
  • 2014年(平成26年) - 株式会社アイロゴス(旧:テレネット・ジェイアール株式会社)及び株式会社キントーンジャパン、株式会社ドラゴンコンテンツの全株式を売却。
  • 2014年(平成26年)7月 - KNTV株式会社へ資本参加し、グループ会社となる。
  • 2016年(平成28年)2月 - KNTV株式会社と合併契約を締結。
  • 2016年(平成28年)5月 - KNTV株式会社と合併し、テレビ局が「KNTV」「DATV」の2局体制となる。
  • 2016年(平成28年)9月 - 株式会社エスエム・エンタテインメント・ジャパンが資本参加。
  • 2019年(平成31年)1月 - ストリームメディアコーポレーションに社名変更

運営チャンネル[編集]

  • DATV』 - 当初から運営するチャンネル。韓国の芸能番組や、韓国、台湾中国ドラマを編成している。
  • KNTV』 - 途中から運営するチャンネル。MBCSBSを中心とした韓国のテレビ番組のみを扱う。

DATVの韓国の芸能番組は開局当初から編成されているが、KNTVを運営するようになってからは相互移動が盛んに行われている。KNTVで開始した番組をDATVに放送回を引き継ぐ形で移行しているパターンが多く、その逆も少数ながら存在する。

参考資料[編集]