ストリーム・オブ・パッション

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ストリーム・オブ・パッション
Stream of Passion
Stream of Passion 091211 Luxor Live (by Fruggo).jpg
オランダ・アーネム公演 (2009年12月)
基本情報
出身地 オランダの旗 オランダ
ジャンル シンフォニックメタル
ゴシックメタル
プログレッシブ・メタル
活動期間 2005年 - 2016年
レーベル Inside Out Music
ナパーム・レコード
プレイ・イット・アゲイン・サム
ラフ・トレード・レコード
共同作業者 ダイアナ・ボヴィオ
公式サイト streamofpassion.com
メンバー マルセラ・ボヴィオ(Vo/Vio)
ヨハン・ファン・ストラタム(B)
ジェフリー・レヴェット(Key)
エリク・ハゼブルック(G)
ステファン・シュルツ(G)
マーティン・ピータース(Ds)
旧メンバー 以下を参照

ストリーム・オブ・パッションStream of Passion)は、オランダ出身のシンフォニックメタルバンド

概要・略歴[編集]

オリジナル・ラインナップ
マルセラ・ボヴィオ(Vio) 2009年

[1]2005年、ロックオペラ・プロジェクト「エイリオン」を主宰する、アルイエン・ルカッセン(G)を中心に結成。同年、デビューアルバム『Embrace the Storm』をリリース。これはWEBサイト販売のみという、異例の方式であった。

2007年、創始者のルカッセン(G)が「エイリオン」に専念するため脱退し、バンド活動が停止。マルセラ・ボヴィオ(Vo/Vio)、ファン・ストラタム(B)、ダヴィ・ミッケルス(Ds)は、新体制で活動を継続。

2009年、2ndアルバム『The Flame Within』をリリース。ダヴィ・ミッケルス(Ds)が脱退し、マーティン・ピータース(Ds)が加入。

2011年、3rdアルバム『Darker Days』をリリース。

2014年、資金難に苦しみ、紆余曲折を経て支援を得た4thアルバム『A War of Our Own』をリリース[2]

2016年4月、年内一杯での活動終了を公表。

補足[編集]

  • 楽曲の大半がプログレッシブ・メタルシンフォニックメタルといったジャンルが占めている。
  • 2007年、イギリスで開催予定のライブを急遽当日キャンセルした為、ライブ会場は騒然となった。キャンセル理由は、彼らがイギリスに入国した際に、不法入国の常習犯と間違えられて税関で足止めをくらってしまった為である。

メンバー[編集]

左ファン・ストラタム(B) 右マルセラ・ボヴィオ(Vo) 2006年

最終ラインナップ[編集]

  • マルセラ・ボヴィオ Marcela Bovio - ボーカル/ヴァイオリン (2005-2016)
  • ヨハン・ファン・ストラタム Johan van Stratum - ベース (2005-2016)
  • ジェフリー・レヴェット Jeffrey Revet - キーボード (2007-2016)
  • エリク・ハゼブルック Eric Hazebroek - ギター (2007-2016)
  • ステファン・シュルツ Stephan Schultz - ギター (2007-2016)
  • マーティン・ピータース Martijn Peters - ドラムス (2009-2016)

旧メンバー[編集]

  • アルイエン・アンソニー・ルカッセン Arjen Anthony Lucassen - ギター (2005-2007)
  • アレハンドロ・ミラン Alejandro Millán - ピアノ (2005-2007)
  • ロリ・リンストルト Lori Linstruth - リードギター (2005-2007)
  • ダヴィ・ミッケルス Davy Mickers - ドラムス (2005-2009)

ディスコグラフィー[編集]

アルバム[編集]

  • Embrace the Storm (2005年)
  • Live In The Real World (2006年・ライヴアルバム)
  • The Flame Within (2009年)
  • Darker Days (2011年)
  • A War of Our Own (2014年)

シングル[編集]

  • Wherever You Are (2005年)
  • Out in the Real World(2006年)
  • Spark (2010年)

脚注[編集]