スヌード

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
スヌードを被る女性の絵(by アドルフ・フォン・メンツェル19世紀
テキサス州海軍航空基地で働く女性たち(1942年)

スヌード英語Snood)は、首の周囲に巻く事を想定したの一種。

概要[編集]

スヌードとは、当初は、スコットランドなどで未婚女性が付けた網状のヘアバンドだった[1]

その後、犬の耳カバー(後述)としての呼び名になる[1]

そして、2010年代の日本では、防寒兼ファッションアイテムとしての、マフラーの端をなくし筒状にしたような形状の、首に巻くものを指すことが増えた。素材はニットやファー(毛皮)などで、長さ・太さも多種[1]

犬用スヌード[編集]

食事時のドッグフードの付着や散歩時などの汚れを避けるための、長い耳をした用の耳カバーも、スヌードと呼ぶ[2]

工業用スヌード[編集]

英語圏では、工場などで帽子の下に被るためのネットも、スヌードと呼ぶ[3]

英語圏におけるネックウォーマー[編集]

英語圏では、日本におけるネックウォーマーの類も含めて、スヌードと呼ぶこともある。

防寒のためスポーツの世界でも着用する選手もいるが、激しい接触プレーがあるサッカーでは危険性が指摘された。

2011年3月5日国際サッカー評議会は、同年7月1日付けで試合中のネックウォーマーの着用を禁止することを決定した[4][5]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c 山陽新聞 (2010年10月18日). “「スヌード」がブーム 女性ファッションとして注目、品薄状態”. 47NEWS. 2010年10月22日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2012年2月3日閲覧。
  2. ^ スヌード【snood】の意味 - goo辞書(デジタル大辞泉)
  3. ^ SmartGuard Beard Snood | | Food Industry Workwear | Disposable Workwear | Protective Workwear | Personal Protective PPE”. Protec Direct. 2012年2月3日閲覧。
  4. ^ Agencies. “Snoods banned but Fifa to continue goalline technology testing | Football | guardian.co.uk”. Guardian. 2012年2月3日閲覧。
  5. ^ ワールドサッカーキング (2011年3月6日). “ユーロ2012でも審判5人制が採用。ネックウォーマー使用禁止も決定”. サッカーキング. 2011年3月7日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2012年2月3日閲覧。

関連項目[編集]