スヌーピーミュージアム

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
Japanese Map symbol (Museum) w.svg スヌーピーミュージアム
Snoopy Museum Tokyo
Snoopy Museum Tokyo.jpeg
スヌーピーミュージアム
施設情報
前身 スヌーピーミュージアム(東京・六本木)
専門分野 スヌーピー
管理運営 株式会社ソニー・クリエイティブプロダクツ
建物設計 株式会社レジファインクリエイト[1]
延床面積 約2,640m2[2]
開館 2016年4月23日(六本木)、2019年12月14日(リニューアルオープン・南町田)
閉館 2018年9月24日(六本木)
所在地 194-0004
東京都町田市鶴間三丁目1-1
位置 北緯35度30分34.6489秒 東経139度28分11.0395秒 / 北緯35.509624694度 東経139.469733194度 / 35.509624694; 139.469733194座標: 北緯35度30分34.6489秒 東経139度28分11.0395秒 / 北緯35.509624694度 東経139.469733194度 / 35.509624694; 139.469733194
最寄駅 東急田園都市線 南町田グランベリーパーク駅
最寄IC 東名高速道路 横浜町田IC
外部リンク snoopymuseum.tokyo ウィキデータを編集
プロジェクト:GLAM
テンプレートを表示

スヌーピーミュージアム英語: Snoopy Museum Tokyo)は、東京都町田市にある「スヌーピー」を主題とした美術館[3]アメリカカリフォルニア州サンタローザにあるチャールズ M. シュルツ美術館英語版の、世界で唯一のサテライト(別館)である[4]

概要[編集]

スヌーピーミュージアムは2016年4月23日に、東京・六本木5丁目の麻布保育園跡地に開館した[5]。2年半の期間限定であったが、130万人を超す来場者を記録した盛況を踏まえて町田市の南町田グランベリーパークでのリニューアルが決定。2019年12月14日にリニューアルオープンし[6]、施設は六本木の約2倍の規模を誇り、版権を管理するソニー・クリエイティブプロダクツが引き続き運営を手掛ける。なお、六本木の旧ミュージアム跡地は2019年1月から「ソニーミュージック六本木ミュージアム」として利用されている[7]

沿革[編集]

六本木での限定開館
  • 2016年平成28年)- 東京都港区六本木に期間限定で開館。
  • 2018年(平成30年)- 2年半の会期を終え閉館。
  • 2019年令和元年)- 南町田グランベリーパークでリニューアルオープン。

ギャラリー[編集]

南町田の現スヌーピーミュージアム(2020年1月撮影)
六本木の旧スヌーピーミュージアム(2017年9月撮影)

脚注[編集]

  1. ^ トラフが建築の設計監修と展示計画を含む内装設計を手掛けた、東京・町田市の「Snoopy Museum Tokyo」の写真” (日本語). architecturephoto.net. 2020年11月11日閲覧。
  2. ^ 南町田グランベリーパーク プロジェクト発表会資料” (日本語). 南町田拠点創出まちづくりプロジェクト (2019年5月17日). 2020年11月11日閲覧。
  3. ^ INC, SANKEI DIGITAL (2020年1月13日). “【令和をつくる】「スヌーピーミュージアム」館長、中山三善さん” (日本語). 産経ニュース. 2020年10月23日閲覧。
  4. ^ SNOOPY MUSEUM TOKYO” (日本語). SNOOPY MUSEUM TOKYO. 2020年10月23日閲覧。
  5. ^ 六本木にスヌーピー美術館” (日本語). 六本木経済新聞 (2015年8月4日). 2020年11月23日閲覧。
  6. ^ SNOOPY MUSEUM TOKYO” (日本語). SNOOPY MUSEUM TOKYO. 2020年10月23日閲覧。
  7. ^ スヌーピーミュージアム跡地に新ミュージアム開設、"乃木坂46展"でジャケット写真から衣装まで公開” (日本語). FASHIONSNAP.COM. 2020年11月23日閲覧。