スネクマ シルバークレスト

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
スネクマ シルバークレスト

シルバークレストSilvercrest )とは、スネクマビジネスジェット用に開発中のターボファンエンジンである。

設計と開発[編集]

2006年NBAAの会場で発表された[1]。 このエンジンは元々8,500 lbf (38 kN)から10,500 lbf (47 kN)の推力のターボファンとして設計されたが、最大離陸重量(MTOW)が45,000 lb (20,000 kg)から 60,000 lb (27,000 kg)の中型の客室の大きいビジネスジェット機または40から60席のリージョナルジェット用のエンジンになった[2][3]。原型機の開発以来、推力は9,500 lbf (42 kN)から12,000 lbf (53 kN)に引き上げられた。

エンジンの構造は中実の幅広の後退角を持つファンでブースターはない。軸流式低圧圧縮機4段+遠心式高圧圧縮機1段で構成される。総圧縮比は27:1でコアのみの圧縮比は"17以上"である。高圧圧縮機は単段のタービンで駆動され、40 in(約1.0 m)径のファンは3段式の低圧タービンで駆動される[2]

エンジンコア実証機の高圧圧縮軸と燃焼器の離陸時の回転数は20,300 rpmに達する[4]。 実物大のエンジン実証機は2008年末に運転され2010年または2011年初頭に認証を取得し[5]、販売は2012年を予定している[6]

2008年1月現在、まだこのエンジンを選択した航空機メーカーはない。 スネクマと同様にサフラングループの一部であるチュルボメカ遠心式圧縮機の設計を担当している[5]

仕様[編集]

一般的特性

  • 形式: 軸流式と遠心式圧縮機, 2軸式, バイパスターボファンエンジン(バイパス比: およそ 4.5[5]
  • 全長: およそ. 74 in (1,900 mm)[5]
  • 直径: ファン: およそ. 40 in (1,000 mm)[5]
  • 乾燥重量:

構成要素

  • 圧縮機: 低圧: 1段軸流式ファン(ブースターなし)、高圧: 軸流式4段 + 遠心式1段[5]
  • タービン: 低圧: 軸流式3段, 高圧: 軸流式1段[5]

性能


脚注[編集]