スノー・ロワイヤル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
スノー・ロワイヤル
Cold Pursuit
監督 ハンス・ペテル・モランド英語版
脚本 フランク・ボールドウィン
原作 ハンス・ペテル・モランド
ファイティング・ダディ 怒りの除雪車
製作 フィン・イェンドルム
スタイン・B・クワエ
マイケル・シャンバーグ英語版
アミート・シュクラ
製作総指揮 マイケル・ドライヤー
シェイナ・エディ=グルーフ
ロン・ハルパーン
ディディエ・ルプファー
ポール・シュワルツマン
出演者 リーアム・ニーソン
トム・ベイトマン英語版
トム・ジャクソン英語版
エミー・ロッサム
ドメニク・ランバルドッツィ英語版
ジュリア・ジョーンズ英語版
ジョン・ドーマン
ローラ・ダーン
音楽 ジョージ・フェントン
撮影 フィリップ・ウーゴート英語版
編集 ニコライ・モンベウ
製作会社 スタジオカナル
サミット・エンターテインメント
配給 アメリカ合衆国の旗 サミット・エンターテインメント
日本の旗 KADOKAWA
公開 アメリカ合衆国の旗 2019年2月8日
日本の旗 2019年6月7日
上映時間 118分[1]
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
製作費 $60,000,000[2]
興行収入 世界の旗 $74,262,782[3]
アメリカ合衆国の旗 $32,138,862[3]
テンプレートを表示

スノー・ロワイヤル』(原題:Cold Pursuit)は、2019年アメリカ合衆国アクション映画。監督はハンス・ペテル・モランド英語版、主演はリーアム・ニーソンが務めた。2014年に公開されたノルウェー映画『ファイティング・ダディ 怒りの除雪車』をリメイクした作品で、オリジナル版と同じハンス・ペテル・モランドが監督を務めている。

ストーリー[編集]

ネルソン・コックスマン(ネルズ)はロッキー山脈近くのリゾート地で除雪業を営んでおり、町から表彰されるほどの働きぶりを見せていた。ネルズは幸福な生活を送っていたが、息子が何者かに殺されたことをきっかけに、その生活は一変することとなった。ネルズは独自に捜査を行い、息子を殺したのが悪名高いギャングの親玉(バイキング)であることを知った。ネルズには戦闘経験はなかったが、趣味の狩猟で培った射撃スキルが備わっていた。ネルズは息子の敵を取るべく、バイキングたちを皆殺しにする決意を固めた。

バイキングは復讐の鬼と化したネルズの襲撃を他のギャングの攻撃と勘違いしてしまった。その結果、二つのギャングの間で闘争が発生することとなった。ところが、ネルズはそれを意に介そうとはしなかった。彼を止められるものはもうどこにも存在しなかったのである。

キャスト[編集]

※括弧内は日本語吹替[4]

製作[編集]

2017年1月31日、ハンス・ペテル・モランド監督の新作映画『Hard Powder』にリーアム・ニーソンが出演するとの報道があった[5]。3月14日、ドメニク・ランバルドッツィの出演が決まったと報じられた[6]。15日、エミー・ロッサムがキャスト入りした[7]。16日、ベンジャミン・ホリングスワースが起用されたと報じられた[8]。24日、ローラ・ダーンが本作に出演するとの報道があった[9]。28日、ジュリア・ジョーンズが本作の出演交渉に臨んでいると報じられた[10]。29日、ジョン・ドーマンの出演が決まった[11]。4月5日、アレクス・ポーノヴィッチがキャスト入りした[12]

撮影[編集]

2017年3月、本作の主要撮影カナダアルバータ州で始まった[13]

公開・マーケティング[編集]

2017年11月2日、サミット・エンターテインメントが本作の全米配給権を獲得したと報じられた[14]。2018年10月25日、本作のオフィシャル・トレイラーが公開された。その際、本作のタイトルは『Hard Powder』から『Cold Pursuit』に変更された[15]

2019年2月4日、リーアム・ニーソンがインタビューで「昔、友人が黒人にレイプされたと聞いたとき、私は町に出て黒人を殺そうとしてしまった。これは恐ろしいことである。」という主旨の告白をしたところ[16]、それがレイシズムだと糾弾され炎上した。その後、本人が釈明コメントを出したが[17]、事態は一向に沈静化しなかった。その結果、本作のレッドカーペットが中止になったり、ニーソンの『The Late Show with Stephen Colbert』出演が取りやめになったりするなどした[18][19]

興行収入[編集]

本作は『ハート・オブ・マン』、『レゴ ムービー2』、『プロディッジー』と同じ週に封切られ、公開初週末に950万ドル前後を稼ぎ出すと予想されていたが[20]、実際の数字はそれを若干上回るものとなった。2019年2月8日、本作は全米2630館で公開され、公開初週末に1103万ドルを稼ぎ出し、週末興行収入ランキング初登場3位となった[21]

評価[編集]

本作は批評家から好意的に評価されている。映画批評集積サイトのRotten Tomatoesには154件のレビューがあり、批評家支持率は70%、平均点は10点満点で6.22点となっている。サイト側による批評家の見解の要約は「『スノー・ロワイヤル』は観客がリーアム・ニーソン主演の映画に期待するアクションを届けている。同作にはユーモアや洗練されたストーリーラインもあり、そのお陰で滅多にない上質のリメイク作品となっている。」となっている[22]。また、Metacriticには38件のレビューがあり、加重平均値は58/100となっている[23]。なお、本作のシネマスコア英語版はB-となっている[24]

出典[編集]

  1. ^ スノー・ロワイヤル”. 映画.com. 2019年2月14日閲覧。
  2. ^ Weekend Box Office: 'Lego Movie 2' Wins With $35M in Hollow Victory”. Hollywood Reporter (2019年2月10日). 2019年2月14日閲覧。
  3. ^ a b Cold Pursuit (2019)”. Box Office Mojo. 2019年8月16日閲覧。
  4. ^ 全世界15ヵ国初登場No.1ヒット。『96時間』シリーズのリーアム・ニーソン最新作『スノー・ロワイヤル』Blu-ray&DVD、10月25日発売”. タワーレコード (2019年8月14日). 2019年8月16日閲覧。
  5. ^ Liam Neeson to Star in Revenge Thriller 'Hard Powder'”. Hollywood Reporter (2017年1月31日). 2019年2月2日閲覧。
  6. ^ Domenick Lombardozzi Joins ‘Hard Powder’; Amy Forsyth Cast In ‘Beautiful Boy’”. Deadline.com (2017年3月14日). 2019年2月2日閲覧。
  7. ^ Emmy Rossum Joining Liam Neeson In ‘Hard Powder’”. Deadline.com (2017年3月15日). 2019年2月2日閲覧。
  8. ^ Benjamin Hollingsworth Cast In Thriller ‘Hard Powder’; Malina Moye Signs Up For ‘The Samuel Project’”. Deadline.com (2017年3月16日). 2019年2月2日閲覧。
  9. ^ Laura Dern Set To Co-Star In Hans Petter Moland’s Thriller ‘Hard Powder’”. Deadline.com (2017年3月24日). 2019年2月2日閲覧。
  10. ^ Scott Adkins To Star In Indie Thriller ‘Incoming’; Julia Jones Boards ‘Hard Powder’”. Deadline.com (2017年3月28日). 2019年2月2日閲覧。
  11. ^ John Doman Joins ‘Hard Powder’; Alessandra Ambrosio Returns For ‘Daddy’s Home’ Sequel”. Deadline.com (2017年3月29日). 2019年2月2日閲覧。
  12. ^ Aleks Paunovic Books Two Roles; Catherine Siggins Lands ‘The Samuel Project’”. Deadline.com (2017年4月5日). 2019年2月2日閲覧。
  13. ^ Hard Powder with Liam Neeson Starts Filming in British Columbia”. Whats Filming (2017年4月10日). 2019年2月2日閲覧。
  14. ^ AFM: Lionsgate Takes U.S. on Studiocanal’s ‘Hard Powder,’ ‘Shaun the Sheep 2,’ ‘The Mercy’ (EXCLUSIVE)”. Variety (2017年11月2日). 2019年2月2日閲覧。
  15. ^ ‘Cold Pursuit’ Trailer: Liam Neeson and His Snowplow Are Out For Revenge”. /film (2018年10月25日). 2019年2月2日閲覧。
  16. ^ Liam Neeson interview: Rape, race and how I learnt revenge doesn’t work”. Independent (2019年2月4日). 2019年2月8日閲覧。
  17. ^ Liam Neeson: 'I'm not racist'”. CNN (2019年2月5日). 2019年2月8日閲覧。
  18. ^ Liam Neeson 'cancels' Stephen Colbert interview to promote new film Cold Pursuit amid racism row”. Independent (2019年2月8日). 2019年2月8日閲覧。
  19. ^ Liam Neeson's 'Cold Pursuit' red carpet canceled after he reveals racist revenge story”. USA Today (2019年2月5日). 2019年2月8日閲覧。
  20. ^ 'LEGO Movie 2' and 'What Men Want' To Lead Weekend Newcomers”. Box Office Mojo (2019年2月7日). 2019年2月14日閲覧。
  21. ^ February 8-10, 2019”. Box Office Mojo. 2019年2月14日閲覧。
  22. ^ Cold Pursuit”. Rotten Tomatoes. 2019年3月7日閲覧。
  23. ^ Cold Pursuit (2019)”. Metacritic. 2019年3月7日閲覧。
  24. ^ 5:05 - 2019年2月12日 by@CinemaScore”. Twitter. 2019年3月7日閲覧。