スピードウェイ広島サーキット

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Camera-photo Upload.svg 画像提供依頼:営業していた頃の写真の画像提供をお願いします。2016年8月
営業していた頃の衛星写真

座標: 北緯34度31分50.15秒 東経133度13分12.63秒 / 北緯34.5305972度 東経133.2201750度 / 34.5305972; 133.2201750

日本の旗 スピードウェイ広島サーキット
概要
所在地 日本 広島県 尾道市御調町仁野深峠123
運営会社 株式会社H.D.O
コース長 680m
コーナー数 8
テンプレートを表示

スピードウェイ広島サーキット(すぴーどうえいひろしまさーきっと)は、広島県尾道市御調町にかつて存在したサーキットである。

概要[編集]

福山市と尾道市の市境の峠を上りきった近辺にあったサーキット。元々はごみ処理場として用地確保されていた土地であるが、反対運動で建設計画が頓挫し長く放置されていたのを、福山市内の自動車整備会社が購入し、ミニサーキットとして整備して2009年8月1日にオープンしたものである。基本的にドリフト専用コースであった。全長は680mと短いコースであったが、コース幅はドリフト走行の為に12.5 - 18mを確保していた。走行に際しては特別なライセンスや講習は必要なく、貸し切り枠が入ってなければ自由に走行することが出来た。第8コーナーは急勾配の斜面(最大斜度30%)に設置されており、第8コーナーまでは上り、コーナー後は一転して下りとなっていた。ミニバイク・モタード・カートの他、ラジコンカーの走行にも使用できた。自動計測器(レンタル)もあった。付近には商店やガソリンスタンドはなく、予め購入 - 給油して来場する必要があった。営業不振などを理由に2012年1月28日をもって閉鎖。閉鎖後はアスファルトが剥がされ、荒地となっている。

その他の設備[編集]

  • コンプレッサー・2 柱リフト・タイヤチャンジャー
  • 水洗トイレ・救護室・審査委員室
  • コントロールタワー・自動販売機
  • 駐車場 パドック 50台、ギャラリー車 200台

所在地[編集]

広島県尾道市御調町仁野深峠123

走行料金(当時)[編集]

  • 体験走行 5周500円
  • ジムカーナ・ドリフト 6000円(会員になると軽減措置あり)

営業時間(当時)[編集]

  • 走行時間 9:00~17:00(ゲートオープンは8:00)
  • ナイター走行がある場合は、~23:00まで営業していた。
  • 休業日は元旦と毎週木曜日であるが、団体予約が有る場合は木曜日も営業。
  • 2011年6月より平日は予約時のみとなるなど、営業時間が短縮されていた。

アクセス[編集]

  • 山陽自動車道福山西ICより約18km。松永バイパス経由県道48号線を北上し県道396号線(御調方面)に入り約3分。

開設者[編集]

広島県福山市引野町3-4-38 レーシングサービス H.D.O

関連項目[編集]