スピード (パチスロ)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索

スピード (SPEED)は、山佐1998年に発売したパチスロ機。

概要[編集]

ビッグボーナス確率が全設定共通1/240(規定上のほぼ最高値)というスペック。レギュラーボーナス確率は設定によって異なるが、こちらも総じて高めに設計されている。ボーナス確率が高い分、次のような特徴がある。

  • 通常時の小役確率が抑えられているため、一般的なAタイプ機種と比較してコイン持ちが悪い。
  • ビッグボーナス中のボーナスイン確率が低いためにパンクが起こりやすい。その分、小役が揃う頻度も多めとなるのでうまく完走すれば400枚以上獲得できる可能性も高いが、リプレイはずし不使用時においても約8%の確率で発生するため、パンクもゲーム性の一つであるといえる。また、ゲーム数が少なくなるとBGMが2段階でアップテンポになる。

設計上のコイン持ちの悪さ(すなわち、初期投資が嵩む頻度が高まる)と、7枚交換程度の換金率が主流だった当時の状況故か、山佐機種にしては珍しく、設定1でも機械割が理論値ベースで100%を超えている(リプレイはずし不使用時)。

ゲーム性は演出など無くオーソドックスなタイプだがリーチ目等が秀逸であった。左リールには3連ホイールが存在し、停止した際にホイールを狙って揃わなければリーチ目。±1コマずれ(2連で停止)でも小役ハズレで同様にリーチ目となる。3連小役を搭載した初の機種でもある。また、左リールにボーナス絵柄がない箇所で停止した場合はリール制御が変化し、ボーナス成立時は大スベリが発生する(未成立時は最低限のスベリのみ発生)。

当時山佐は山佐パターンに頼ったリーチ目ばかりで飽きられていたところであったが、本作はそこから脱却した作りで評価は高かった。ちなみに、サウンドは全てターボ1000から流用している(本機で未使用の効果音を除く)。

この機種の沖スロ版として『スピード30』も存在する。完全告知タイプで、レバーオンでボーナスが成立していればLEDに光が流れ、その後中央部にある円形型ランプが点滅する。『スピード30』は設定によってBIG確率が異なり低設定ではやや低くなったものの、ボーナスイン確率が高くなっているため、ビッグボーナス中のパンクは減っている。

ボーナス確率・機械割[編集]

設定 BIG REG 機械割
 1 1/240.941 1/431.157  95.0%
 2 1/240.941 1/372.363  97.5%
 3 1/240.941 1/327.68 100.1%
 4 1/240.941 1/292.571 102.4%
 5 1/240.941 1/264.258 104.2%
 6 1/240.941 1/240.941 106.0%

※ 機械割はメーカー発表のもの