スプラング・リズム

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

文学
File:Lit.jpg
ポータル
各国の文学
記事総覧
出版社文芸雑誌
文学賞
作家
詩人小説家
その他作家
お知らせ
このテンプレートの解説ページができました。使用されるべき記事が決まりましたので一度ご確認ください。

スプラング・リズムSprung rhythm)とは、自然な話し方のリズムを模すために考案されたのリズム。

スプラング・リズムを構成する韻脚は、最初の音節は強いアクセント(強勢がある)で、その後に不定数の弱いアクセント(強勢のない)音節が続くことがある。イギリス詩人ジェラード・マンリ・ホプキンスは、民謡、口承詩、シェイクスピアミルトンなどの中に、英語の自然なパターンを持った、それまで名前のなかったこの詩的リズムを発見したと主張した。ホプキンスは、音節の上にダイアクリティカルマークをつけて、アキュート・アクセントなら「á」、グレイヴ・アクセントなら「è」と示した。

一部の批評家は、自由詩のような、雑多で不規則な韻脚を持つ詩のために、ホプキンスは「スプラング・リズム」という名前を造語したに過ぎないと言う。しかし、スプラング・リズムは不定数の音節を1つの韻脚にすることを許す一方で、ホプキンスは詩行ごとの韻脚数を首尾一貫してきわめて慎重に守って、その作品は自由詩とは共有できない特質を持っている。

Glory be to God for dappled things—
For skies of couple-colour as a brinded cow;
For rose-moles all in stipple upon trout that swim;
Fresh-firecoal chestnut-falls; finches' wings;
Landscape plotted and pieced—fold, fallow, and plough;
And áll trades, their gear and tackle and trim.


All things counter, original, spáre, strange;
Whatever is fickle, frecklèd (who knows how?)
With swíft, slów; sweet, sóur; adázzle, dím;
He fathers-forth whose beauty is pást change:
Práise hím.
-- ホプキンス『Pied Beauty』

韻律分析

|Glory|be to|God for|dappled|things—
For|skies of|couple-|colour as a|brinded|cow;
For|rose-moles|all in|stipple upon|trout that|swim;
Fresh-|firecoal|chestnut-|falls;|finches'|wings;
|Landscape|plotted and|pieced—fold,|fallow, and|plough;
And|áll|trades, their|gear and|tackle and|trim.


|All things|counter, o|riginal,|spáre,|strange;
What|ever is|fickle,|frecklèd|(who knows|how?)
With|swíft,|slów; sweet,|sóur; a|dázzle,|dím;
He|fathers-|forth whose|beauty is|pást|change:
|Práise|hím.|

過去1時間の間にもっとも読まれた記事
佐藤健 (俳優) 徳丸純子 竹下景子 坂下麻衣 マリー・アントワネット 中田敦彦 成田空港問題の年表 森尾由美 ウェンツ瑛士 小出真保 佐藤藍子 新庄剛志 小池美由 大沢逸美 仙谷由人 安藤サクラ 深田恭子 ファンキー加藤 松岡俊介 吉岡聖恵
モバイル版goo wikipedia提供中!
↓↓↓下記QRコードからアクセス↓↓↓
モバイル版goo wikipedia QRコード
Wikipedia記事検索について