スプリングフィールドM1835

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索
スプリングフィールドM1835
スプリングフィールドM1835
種類 マスケット銃
製造国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
設計・製造 スプリングフィールド造兵廠
ハーパーズ・フェリー造兵廠
年代 18世紀終わりごろ
仕様
種別 前装式
口径 .69口径(17.526mm)
銃身長 1066mm
装弾数 1発
作動方式 フリントロック式
全長 1473mm
重量 4.5kg
発射速度 2、3発/分
銃口初速 304~365m/秒
最大射程 100~200ヤード
有効射程 50~75ヤード
歴史
設計年 1835年
製造期間 1835年~1840年
配備期間 1835年~1865年
配備先 アメリカ合衆国軍アメリカ連合国軍
関連戦争・紛争 米墨戦争南北戦争
バリエーション M1840
テンプレートを表示

スプリングフィールドM1835(英:Springfield Model 1835)は、19世紀初頭にアメリカで使用された.69口径のフリントロック式マスケット銃

概要[編集]

M1835の図

M1835はスプリングフィールド兵器廠ハーパーズ・フェリー兵器廠及び他の民間契約企業で生産された滑腔マスケット銃で.69口径の球形弾を使用した[1]。M1835は独立したモデルナンバーとみなされることもあるが、M1816マスケットの1バージョンとみなすことが多い。銃身長はM1816より若干長く、重量もやや重かったが、M1835とM1816は非常に似ていた。最終製品としては似てはいたものの、M1835に使用された製造技術は異なっており、パーツの互換性に重きが置かれた。これは後のスプリングフィールドM1842で初めて実現された、部品の完全互換性への道を開くものであった[2]

M1835の多くが、1840年代から1850年代にかけて、フリントロック式からパーカッションロック式(雷管式)に改造された。同時期に、銃身の厚みが十分であると判断されたいくらかの銃に対しては、銃内腔にライフリングが施された。

M1835は南北戦争では、南北両軍が使用した。また米墨戦争でも使用された[3]

脚注[編集]

  1. ^ Combined Books
  2. ^ Smith
  3. ^ Dougherty

参考資料[編集]

  • Combined Books (editor): The Civil War Book of Lists, Da Capo Press 1992, ISBN 978-0785817024
  • Merritt Roe Smith: Harpers Ferry Armory and the New Technology, Cornell University Press; Fifth Impression edition (April 30, 1980), ISBN 978-0801491818
  • Kevin Dougherty: Civil War Leadership and Mexican War Experience, University Press of Mississippi 2007, ISBN 978-1617030413

関連項目[編集]