スプリングフィールドM1840

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索
スプリングフィールドM1840
スプリングフィールドM1840
種類 マスケット銃
製造国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
設計・製造 スプリングフィールド兵器廠
2つの契約企業
年代 19世紀中ごろ
仕様
口径 .69口径(17.526mm)
装弾数 1発
作動方式 フリントロック式
全長 1473mm
重量 4.5kg
発射速度 2、3発/分
最大射程 100~200ヤード
有効射程 50~75ヤード
歴史
設計年 1840年
製造期間 1840年~1846年
配備期間 1840年~1865年
配備先 アメリカ合衆国軍
関連戦争・紛争 米墨戦争南北戦争
製造数 30000挺
テンプレートを表示

スプリングフィールドM1840(英:Model 1840 Flintlock Musket)はスプリングフィールド兵器廠で製造されたフリントロック式マスケット銃

概要[編集]

M1840は、スプリングフィールドM1835マスケットの改良版であり、従ってM1835と大きく異なるところはない。M1840は留め金付きのより長い銃剣と、銃床にcomb(頬当て)を採用した。M1840の設計者は、マスケットにライフリングが施されることを予想しており、それに対応できるようにM1835より重い銃身を使用した。他の変更もあり、M1840はM1835より若干重くなった[1]

M1840は、スプリングフィールドで製造された最後のフリントロック式マスケット銃であった。また、多くが実戦で使用される前にパーカッションロック式(雷管式)に改造された。滑腔銃として製造されたが、設計者が予想したように、ほとんどが後にライフル式に改造された。

米国陸軍の最後のフリントロック式小銃である。

参考資料[編集]

  1. ^ "Guns on the Early Frontiers" by Carl P. Russell, Published by U of Nebraska Press, 1980

関連項目[編集]