スプレーアート

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

スプレーアートは、スプレーペイントともいい、エアゾール(aerosol)スプレー缶[1]を使用し、主に紙などに描かれたアート作品またはパフォーマンスのことである。

これに対し、壁に描かれたものはグラフィティ(graffiti)と呼ばれる。

発祥・分類[編集]

発祥はメキシコから各地に広がったアートが多い為など、一説にはメキシコと言われているが定かではない。 スプレーを使用するアートにはグラフィティ(graffiti)やタギングエアブラシなどいくつかの種類が存在し、 その技術や、道具などはそれぞれ異なる。アートなので分類定義は定かではないがスプレーアートでは主に紙などに エアゾール(aerosol)スプレーや紙などを使用して描いていく。日本ではTOMOYA[2]が有名で、カナダから日本に持ち帰った、スプレーアートの第一人者である。

パフォーマンス[編集]

近年のグラフィティなどのアートイベント同様、ライブペイントとして、描く工程を見せながら パフォーマンスアートを行ったりする場合もある。また、海外ではストリートパフォーマーとして存在する。

参考動画

https://www.youtube.com/watch?v=76R2eon-0Zg

https://www.youtube.com/watch?v=WxNfgs1ax-g


脚注・参考文献[編集]

  1. ^ エアゾールスプレー缶は、高圧ガスを用いて液体を霧、泡などの状態で噴霧する装置のことである。
  2. ^ TOMOYA


関連項目[編集]