スペインの新聞

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

スペイン新聞について説明する。

歴史[編集]

1966年に新出版法を制定したフラガ情報・観光大臣

第二共和政期[編集]

1930年代前半のスペイン第二共和政期には新聞の発行部数が急激に伸び、王党派のABC(1903年創刊)、保守カトリック派のエル・デバーテスペイン語版(1910年創刊-1931年廃刊)、共和派のエル・ソルスペイン語版(1917年創刊-1939年廃刊)などが特定の政治的立場の代弁者だった[1]スペイン内戦末期の1938年4月22日には、政府の情報活動のために政治的検閲を認めるという新聞法が制定された[2]

フランコ体制下[編集]

スペイン全土の新聞は、すべてフランコの政治路線に同意していた|フアン・ベネイト(スペイン新聞協会会長)による1960年代の発言|[2]

1939年の内戦終結後のフランコ独裁政権下のスペインにおいては、すべての新聞が「フランコ政権の政治路線に同意」することを求められており、すべての新聞が国家の所有物であるという位置づけだった[2]。多数のジャーナリストが追放されたり処刑されたりし、各紙は独裁政権から厳しい検閲を受けた[3]。1945年時点では国営新聞が41.2%、民間新聞が58.8%の発行部数を持っていた[4]。1930年代末から1950年代初頭にかけて、マドリードの全国紙ジャスペイン語版(1935年創刊)やABCなどは、内務省などから派遣された人物が編集長を務めた[5]

フラガ法[編集]

1966年3月18日、解放派のマヌエル・フラガ・イリバルネ情報・観光大臣が新聞・定期刊行物法を制定し、検閲が緩和されて表現の自由への道が開かれたが、ジャーナリストは情報・観光省に名前を登録して身分証明書を発行する必要があった[3]。1966年以降には多くの新聞社が設立され、国民のニュースや世論に対する関心を高めた[4]。しかし、ラジオやテレビが台頭したこともあって新出版法の影響は少なかったとも言われ、創刊と廃刊の盛衰が激しかったこともあって、1970年には10年前から10社が増えたに過ぎなかった[6]。新聞の総発行部数は他のヨーロッパ諸国と比べると少なく、全体の60%がマドリード首都圏マドリード)、バルセロナ大都市圏スペイン語版バルセロナ)、ビルバオ都市圏ビルバオ)の3都市圏に集中していた[6]

民主化後[編集]

フランコが死去した1975年には報道規制が完全に解かれ、その最中に創刊されたエル・パイスディアリオ16スペイン語版が民主化の推進に大きな役割を果たした[4]。しかし、テレビの普及、新聞の値上がり、地方紙の急増、配達の困難さなどの影響もあり、1980年代のスペインにおける新聞の総発行部数は300万部弱であり、1,000人あたり90紙程度だった[4]。民主化後にはバスク地方のエル・コレオエル・ディアリオ・バスコなど、民族主義系の新聞も多数創刊された[7]

1980年代から主要な新聞社は雑誌社や出版社などを同時経営するようになった[7]。エル・パイスを所有するグルーポ・プリサスペイン語版はテレビ局のカナル・プリュス、ラジオ局のカデーナ・セールスペイン語版、スポーツ紙のアスなどを傘下に収めた巨大メディアグループとなった[8]グルーポ・ウニダ・エディトリアルスペイン語版はエル・ムンドとスポーツ紙最大手のマルカを所有している[8]。1995年時点では8大メディアグループがスペインで発行されている日刊紙の74.37%を占めていた[8]。2002年時点で、一定規模を持つスペインの新聞紙は130紙であり、フランスの85紙やイギリスの99紙を上回り、ドイツの398紙を下回っている[9]

新聞一覧[編集]

一般紙[編集]

読者数が100,000人を超える新聞のみ掲載している。注記がない新聞はスペイン語で発行されている。紙名の横に「注1」と記された新聞はカタルーニャ語で発行されており、「注2」と記された新聞はスペイン語とカタルーニャ語の二言語で発行されている。印刷部数と販売部数は2013年1月から12月のODJ(Oficina de Justificación de la Difusión)による統計、読者数は2010年2月から11月のEGM(Estudio general de medios)による統計に基づいている。

順位 紙名 刊行頻度 料金 本社 印刷部数(1日) 販売部数(1日) 読者数
1 エル・パイス 毎日 有料 マドリード州マドリード 359,809 292,227 1,862,000
2 20ミヌートス 月曜-金曜 無料[10] マドリード州マドリード 392,737 - 1,661,000
3 エル・ムンド 毎日 有料 マドリード州マドリード 248,463 172,427 1,170,000
4 ラ・バングアルディア 注2[11] 毎日 有料 カタルーニャ州バルセロナ 180,939 152,320 790,000
5 エル・ペリオディコ・デ・カタルーニャ 注2[12] 毎日 有料 カタルーニャ州バルセロナ 168,911 133,055 625,000
6 ABC 毎日 有料 マドリード州マドリード 198,347 140,049 601,000
7 ラ・ボス・デ・ガリシア 毎日 有料 ガリシア州アルテイショ 90,883 80,077 601,000
8 エル・コレオ 毎日 有料 バスク州ビルバオ 100,291 82,943 449,000
9 ラ・ヌエバ・エスパーニャ 毎日 有料 アストゥリアス州オビエド 56,315 48,336 351,000
10 エラルド・デ・アラゴン 毎日 有料 アラゴン州サラゴサ 46,757 38,656 287,000
11 レバンテ 毎日 有料 バレンシア州バレンシア 30,908 24,132 282,000
12 ファロ・デ・ビーゴ 毎日 有料 ガリシア州ビーゴ 37,736 31,852 269,000
13 ラ・ラソン 毎日 有料 マドリード州マドリード 119,060 85,135 264,000
14 ラ・ベルダ 毎日 有料 カスティーリャ=ラ・マンチャ州アルバセテ
バレンシア州アリカンテ
ムルシア州ムルシア
25,336 20,524 246,000
15 エル・ディアリオ・バスコ 毎日 有料 バスク州サン・セバスティアン 68,509 59,122 239,000
16 ウルティマ・オラ 毎日 有料 バレアレス諸島州パルマ 31,142 26,270 232,000
17 エル・ノルテ・デ・カスティーリャ 毎日 有料 カスティーリャ・イ・レオン州バリャドリッド 30,062 23,967 216,000
18 エル・ディア 毎日 有料 カナリア諸島州サンタ・クルス 18,848 15,711 208,000
19 イデアル 毎日 有料 アンダルシア州グラナダ県・ペリグロス 27,651 22,703 201,000
20 ディアリオ・デ・ナバーラ 毎日 有料 ナバーラ州パンプローナ 45,658 38,386 190,000
21 エル・ディアリオ・モンタニェス 毎日 有料 カンタブリア州サンタンデール 33,175 27,586 190,000
22 ラ・プロビンシア 毎日 有料 カナリア諸島州ラス・パルマス 20,614 17,204 171,000
23 ディアリオ・スール 毎日 有料 アンダルシア州マラガ 25,906 20,293 152,000
24 アル・プン・アブイ 注1 毎日 有料 カタルーニャ州ジローナ 31,721 24,201 152,000
25 エル・コメルシオ 毎日 有料 アストゥリアス州ヒホン 25,260 19,463 152,000
26 カナリアス7 毎日 有料 カナリア諸島州ラス・パルマス 16,700 13,833 151,000
27 オイ 毎日 有料 エストレマドゥーラ州バダホス 15,831 13,208 147,000
28 ラス・プロビンシアス 毎日 有料 バレンシア州バレンシア 26,202 20,771 141,000
29 ディアリオ・デ・レオン 毎日 有料 カスティーリャ・イ・レオン州レオン 13,776 11,817 136,000
30 ディアリオ・デ・カディス 毎日 有料 アンダルシア州カディス 18,469 16,332 114,000
31 ディアリオ・デ・マヨルカ 毎日 有料 バレアレス諸島州パルマ 17,894 15,276 114,000
32 セグラ 毎日 有料 カタルーニャ州リェイダ 12,861 10,102 110,000
33 アラ注1 毎日 有料 カタルーニャ州バルセロナ 29,930 15,787 107,000
34 ディアリオ・デ・ブルゴス 毎日 有料 カスティーリャ・イ・レオン州ブルゴス 11,614 9,853 107,000
35 ディアリオ・コルドバ 毎日 有料 アンダルシア州コルドバ 10,547 9,056 105,000
36 ディアリ・ダ・タラゴーナ注1 毎日 有料 カタルーニャ州タラゴナ 11,548 9,823 101,000
37 ラ・ボス・デ・アルメリア 毎日 有料 アンダルシア州アルメリア 6,683 5,852 100,000

スポーツ紙[編集]

順位 紙名 刊行頻度 料金 本社 印刷部数(1日) 販売部数(1日) 読者数
1 マルカ 毎日 有料 マドリード州マドリード 266,633 181,416 2,870,000
2 アス 毎日 有料 マドリード州マドリード 221,223 158,164 1,426,000
3 ムンド・デポルティーボ 毎日 有料 カタルーニャ州バルセロナ 108,844 71,219 672,000
4 スポルト 毎日 有料 カタルーニャ州バルセロナ 102,477 65,163 678,000
5 スーペルデポルテ 毎日 有料 バレンシア州バレンシア ? ? ?
6 バベル 毎日 フリー ? ? ?
エスタディオ・デポルティーボ アンダルシア州セビリア

経済紙[編集]

順位 紙名 刊行頻度 料金形態 本社 印刷部数(1日) 販売部数(1日) 読者数
1 エスパンシオン 月曜・土曜 有料 マドリード州マドリード 46,761 30,464 179,000
2 シンコ・ディアス 月曜・土曜 混合 マドリード州マドリード 41,076 28,908 ?
3 エル・エコノミスタ 月曜・土曜 混合 マドリード州マドリード 27,030 17,130 ?
ラ・ガセタ・デ・ロス・ネゴシオス マドリード州マドリード
ネゴシオ・エスティーロ・デ・ビダ マドリード州マドリード
ノティシアス・ボルサ カタルーニャ州バルセロナ

外国語紙[編集]

スペインでは、公用語であるスペイン語や地方言語(カタルーニャ語バスク語ガリシア語など)に加えて、英語やロシア語やドイツ語などの新聞も発行されている。その多くはアンダルシア州バレンシア州バレアレス諸島州などの地中海に面した地域で発行され、コスタ・ブランカ英語版コスタ・デル・ソルなどの高級保養地に居住/滞在する外国人を対象としている。

紙名 言語 本社
コスタ・ニュース 英語 バレンシア州ベニドルム
コスタ・ナーハリヒテン ドイツ語
ノボスティ・コスタ ロシア語 バレンシア州アリカンテ
ユーロ・ウィークリー・ニュース 英語 アンダルシア州マラガ
ソル・タイムズ 英語 アンダルシア州アルメリア
デイリー・スペイン 英語
ニュース・メディア・グループ 英語 アンダルシア州マラガ
タイムズ・オブ・アース 英語
オリーブ・プレス 英語 アンダルシア州マラガ
BCNメス 英語 カタルーニャ州バルセロナ
レジデント
ポ・ルスキ ロシア語

脚注[編集]

  1. ^ 立石博高 2015, p. 92.
  2. ^ a b c 野々山真輝帆 2002, p. 248.
  3. ^ a b 野々山真輝帆 2002, p. 250.
  4. ^ a b c d 野々山真輝帆 2002, p. 251.
  5. ^ 野々山真輝帆 2002, p. 249.
  6. ^ a b 立石博高 2015, p. 131.
  7. ^ a b 野々山真輝帆 2002, p. 252.
  8. ^ a b c 立石博高 2015, p. 143.
  9. ^ 野々山真輝帆 2002, p. 254.
  10. ^ 20ミヌートスは無料で配布される、いわゆるフリーペーパーであるが、スペインでは新聞に分類されている。
  11. ^ 1881年の創刊時から長らくスペイン語版のみを発行していたが、2011年からはカタルーニャ語版も発行し始め、二言語版体制となった。
  12. ^ 1978年の創刊時からスペイン語版のみを発行していたが、1997年からはカタルーニャ語版も発行し始め、二言語版体制となった。

参考文献[編集]

  • 野々山真輝帆 『スペインを知るための60章』 「新聞のあゆみ」pp.248-254、明石書店〈エリア・スタディーズ〉、2002年
  • 立石博高 『概説 近代スペイン文化史』 ミネルヴァ書房、2015年