スペクトラム SUPER REMIX 1991

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
スペクトラム SUPER REMIX 1991
スペクトラムリミックスアルバム
リリース
ジャンル J-POP
時間
レーベル ビクター
プロデュース スペクトラム
スペクトラム 年表
スペクトラム伝説(LP)
1983年
スペクトラム伝説(CD)
1985年
スペクトラム SUPER REMIX 1991
(1991年)
-
『スペクトラム SUPER REMIX 1991』収録のシングル
  1. 「In The Space (Super Remix Version)」
    リリース: 1991年1月21日
テンプレートを表示

スペクトラム SUPER REMIX 1991』(スペクトラム スーパー・リミックス ナインティーン・ナインティワン)は、1991年スペクトラムのオリジナルアルバム全6タイトルがCD化されたことに合わせて同年2月21日に発売されたリミックス・アルバム。

概要[編集]

吉田俊之を中心とする元メンバー自身の手で、新録音を含むリミックスが施されている。この音源を使用したプロモーションビデオも制作されており、これは2004年発売のDVD『SPECTRUM LIVE TIME BREAK -SPECTRUM 2004-』に収録された。

収録曲[編集]

全作曲・編曲: スペクトラム
# タイトル 作詞 作曲・編曲
1. 「In the Space (Super Remix)」 宮下康仁 スペクトラム
2. 「トマト・イッパツ (Live Power Mix)」 宮下康仁 スペクトラム
3. 「夜明け(アルバ) (Dancing Mix)」 近田春夫、スペクトラム スペクトラム
4. 「F・L・Y (1991 Mix)」 Mabo スペクトラム
5. 「Sunrise (Hyper Mix)」 山川啓介 スペクトラム
6. 「Act-Show (Super Remix II)」 宮下康仁 スペクトラム

曲解説[編集]

  1. In the Space (Super Remix)
    アルバムバージョンをベースに、間奏のブラスの音はアルバムバージョンとシングルバージョンの双方をミックスしている。
  2. トマト・イッパツ (Live Power Mix)
    ライブ音源をベースに、間奏に「侍S」「ミーチャン Going to the Hoikuen[1]」「あがき」「モーション」の音をミックスしている。
  3. 夜明け(アルバ) (Dancing Mix)
    当時未CD化だったシングルバージョン[2]をベースにしている。
  4. F・L・Y (1991 Mix)
    イントロ前にサビのア・カペラを挿入している。
  5. Sunrise (Hyper Mix)
    アルバムバージョンをベースに、イントロはシングルバージョンに近い形にミックスしている。全体的には原曲よりも短めになっている。
  6. Act-Show (Super Remix II)
    ライブバージョンをベースに、ライブで省略されていた部分はスタジオバージョンを繋いでいる。

脚注[編集]

  1. ^ 曲間の会話は新録音。ミーチャンは高校生になっており、それを踏まえて会話の内容が変更されている。
  2. ^ 2013年、『TIME BREAK』のタワーレコード限定リマスター盤にボーナストラックとして収録されたことによりCD化された。