スペシウム

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

スペシウム (Spacium) は、特撮テレビドラマウルトラシリーズ』に登場する架空の物質である。設定上の原子番号は133[1]

概要[編集]

ウルトラマン
第2話で、地球に存在せず火星に存在していることが、科学特捜隊のムラマツキャップの台詞から明かされている。バルタン星人にとっては致命的な効果を持つ。その後、イデ隊員がスペシウムを光線に変換して発射する新装備「マルス133」を開発している[2]
帰ってきたウルトラマン
第37話で、ナックル星人がスペシウム光線の組成を、「アルミニウム原子3000個:クロム原子100個」と分析している。
ウルトラマンダイナ
『ウルトラマン』とは異なる並行世界を舞台にしているが、こちらの世界でも火星にスペシウムが存在する。こちらの世界では莫大なエネルギーを生む鉱物とされ、第42話ではそのエネルギーを利用した兵器「スペシウム砲」の試作品が製作されている。
ウルトラマンメビウス
『ウルトラマン』から『ウルトラマン80』まで連なる世界の続編であるため、火星へ進出した人類によってスペシウムの採掘と地球への輸送が行われており、CREW GUYSによって侵略宇宙人や怪獣に対する攻撃兵器「スペシウム弾頭弾」が開発・使用されている。
ULTRAMAN(漫画)
『ウルトラマン』から数十年後を舞台とする作品だが、『ウルトラセブン』以降の『ウルトラシリーズ』とは異なる世界。
スペシウムをエネルギー源とするパワードスーツ「ウルトラマンスーツ」が開発・使用されている。また、スペシウムブレード、スペシウムソード、ワイドショットといったスペシウムをエネルギー源とする武装もある。

出典[編集]

  1. ^ 『ウルトラマン大辞典』 円谷プロダクション監修、中経出版2001年、184頁。ISBN 978-4806115564。
  2. ^ 『ウルトラマン大辞典』 円谷プロダクション監修、中経出版2001年、311頁。ISBN 978-4806115564。

関連項目[編集]