スペル・アストロ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
スペル・アストロ
プロフィール
リングネーム レイ・ブカネロ
ペケーノ・アポロ
スペル・アストロ
本名 Juan Zezatti Ramírez
ニックネーム 流星仮面
白銀の隕石弾
身長 166cm
体重 87kg
誕生日 (1961-10-01) 1961年10月1日(58歳)
出身地 メキシコの旗メキシコ
バハカリフォルニア州ティファナ
トレーナー ムルシェラゴ・ドラド
アル・アステカ
デビュー 1974年5月
テンプレートを表示

スペル・アストロSuper Astro1961年10月1日 - )は、メキシコバハカリフォルニア州ティファナ出身の覆面レスラー

義理の兄はレイ・ミステリオ・シニアWWEで活躍するレイ・ミステリオ・ジュニアの叔父)。

スペルアストロJrもデビュー

ファイトスタイル[編集]

小柄で隕石の様なずんぐりとした体からは想像出来ないスピードとテクニックを持つ。(ゴング増刊号「空中戦3」清水勉氏の記事参照)

宇宙をモチーフとし、空中で静止した無重力を感じさせる飛び技を得意とし、宇宙遊泳殺法とも言われる。

来歴[編集]

9歳からルチャを学び、1974年5月にブカネロの名でデビュー、1979年からスペル・アストロに改名し。1983年12月にUWA入り。エル・ソラールウルトラマンとの宇宙をモチーフとしたトリオタッグチーム「ロス・カデテス・デル・エスパシオ」としても活躍する。1991年3月にEMLL1992年8月にAAA1993年2月に再びUWAからCMLLと転戦。

1999年12月にビジャノ3号にマスク剥ぎマッチ破れ素顔になる。

かつてはみちのくプロレスCMLL・JAPAN、IWA・JAPAN2006年10月に大阪プロレスに来日している。近年ではIWRG、UWEインディーマットを転戦中。

またタコスやサンドイッチのレストラン経営も行なっている。

得意技[編集]

  • トペ・アトミコ(前転打。アストロはリング内から場外で寝た状態の相手へのロープを越えて放つ)
  • フライング・ヘッドバッド  (身体は横を向き斜め40度位の姿勢で静止し、流星の様に落ちていく)
  • トペ・レベルサ
背を向けた状態で反りながら後頭部から背中でアタックするトペ・スイシーダ
アストロはリング上で前転後に跳び上がって放つもの、ロープの反動で跳びあがり、落下しながら宇宙遊泳や彗星のようにぶつかるバージョンもある。

エピソード[編集]

80年代にはメキシコの最優秀空中ファイターを2度受賞。(週刊ゴング増刊号「空中戦3」参照)

全盛時は屈んだ相手の背中に飛び乗ってからのバク転など、驚くほどの動きを披露した。

週刊ゴング増刊号「空中戦3」ではメキシコ人記者のリカルド・ラレス氏の歴代空中戦士で7位にランキングされている。


日本でのIWA JAPAN 八王子マルチパーパスプラザ(現、京王線南大沢駅アウトレットパーク付近)大会で、入場時は他のレスラーと比べ、体が小さかった姿を見た観客から笑い声も漏れていたが、試合での動きを見て、拍手喝さいに変わったエピソードがある。(編集者が目撃)

獲得タイトル[編集]