スペンサー・キーブーム

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
スペンサー・キーブーム
Spencer Kieboom
ワシントン・ナショナルズ #64
Spencer Kieboom takes batting practice, July 13, 2018 (cropped).jpg
2018年7月13日
基本情報
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
出身地 サウスカロライナ州チャールストン郡マウントプレザント
生年月日 (1991-03-16) 1991年3月16日(27歳)
身長
体重
6' 0" =約182.9 cm
210 lb =約95.3 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 捕手一塁手
プロ入り 2012年 MLBドラフト5巡目
初出場 2016年10月2日
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

スペンサー・ジョン・キーブームSpencer John Kieboom, 1991年3月16日 - )は、 アメリカ合衆国サウスカロライナ州チャールストン郡マウントプレザント出身のプロ野球選手捕手)。右投右打。MLBワシントン・ナショナルズ所属。愛称はブーマーBoomer[1]

6歳年下の弟に、同じくプロ野球選手のカーター・キーブームがいる[2]

経歴[編集]

2012年MLBドラフト5巡目(全体174位)でワシントン・ナショナルズから指名され[3]、プロ入り。契約後、傘下のA-級オーバーン・ダブルデイズでプロデビュー。41試合に出場して打率.258・20打点の成績を残した。

2013年は開幕前、第3回ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)オランダ代表として出場の予定だったが、トミー・ジョン手術を受けることになったため辞退した[4]。そのため、この年はルーキー級ガルフ・コーストリーグ・ナショナルズで4試合の出場にとどまった。

2014年はA級ヘイガーズタウン・サンズ英語版でプレーし、87試合に出場して打率.309・9本塁打・61打点・2盗塁の成績を残した。オフにはアリゾナ・フォールリーグに参加し、メサ・ソーラーソックスに所属した。

2015年はA+級ポトマック・ナショナルズでプレーし、71試合に出場して打率.248・2本塁打・26打点・1盗塁の成績を残した。この年のオフもアリゾナ・フォールリーグに参加し、ソルトリバー・ラフターズ英語版に所属した。11月20日にはルール・ファイブ・ドラフトでの流出を防ぐために40人枠入りした[5]

2016年、マイナーではAA級ハリスバーグ・セネターズでプレーし、94試合に出場して打率.230・5本塁打・31打点の成績を残した。9月27日にメジャー初昇格を果たすと[6]、10月2日のマイアミ・マーリンズ戦で8回裏に代打で登場してメジャーデビュー(結果は四球)[7]。この年メジャーでの出場はこの1試合のみだった。

2017年3月2日にジョー・ブラントンの加入に伴ってDFAとなり[8]、6日にマイナー契約となった[9]。この年はメジャーでの出場は無く、AA級ハリスバーグとAAA級シラキュース・チーフスでプレーし、2球団合計で66試合に出場して打率.250・5本塁打・25打点の成績を残した。

2018年は開幕からAAA級シラキュースでプレーしていたが、5月11日にメジャー契約を結んでアクティブ・ロースター入りした[10]。5月19日のロサンゼルス・ドジャース戦ではロス・ストリップリングからメジャー初安打を放った[11]。9月11日のフィラデルフィア・フィリーズ戦では初本塁打を打った[12]。最終的に52試合に出場し、打率.232・2本塁打・13打点の成績だった。

詳細情報[編集]

年度別打撃成績[編集]

















































O
P
S
2016 WSH 1 1 0 1 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 1 0 0 0 0 ---- 1.000 ---- 1.000
2018 52 143 125 16 29 5 0 2 40 13 0 0 0 1 16 0 1 28 2 .232 .322 .320 .642
MLB:2年 53 144 125 17 29 5 0 2 40 13 0 0 0 1 17 0 1 28 2 .232 .326 .320 .646
  • 2018年度シーズン終了時

背番号[編集]

  • 64(2016年、2018年 - )

脚注[編集]

  1. ^ Jamal Collier (2018年8月21日). “Nationals' nicknames for Players' Weekend” (英語). MLB.com. 2018年8月31日閲覧。
  2. ^ “NHSI: Walton (Ga.) infielder Carter Kieboom shows he's willing to wait for his opportunity”. USA Today High School Sports.com. (2016年3月24日). https://usatodayhss.com/2016/nhsi-walton-ga-infielder-carter-kieboom-shows-hes-willing-to-wait-for-his-opportunity 2018年8月31日閲覧。 
  3. ^ James Wagner (2015年2月13日). “An intriguing non-roster invitee: catching prospect Spencer Kieboom” (英語). The Washington Post. 2018年8月31日閲覧。
  4. ^ Bas Nooij to replace Spencer Kieboom on Dutch WBC Roster” (英語). Mister-Baseball.com (2013年2月13日). 2018年8月31日閲覧。
  5. ^ Chelsea Janes (2015年11月19日). “Nationals add three to 40-man roster ahead of Friday’s Rule 5 deadline” (英語). The Washington Post. 2018年8月31日閲覧。
  6. ^ Patrick Reddington (2016年9月27日). “Nationals call catcher Spencer Kieboom up to the majors after Wilson Ramos is injured” (英語). SB Nation. 2018年8月31日閲覧。
  7. ^ Miami Marlins at Washington Nationals Box Score, October 2, 2016” (英語). Baseball-Reference.com. 2018年8月31日閲覧。
  8. ^ Jeff Todd (2017年3月2日). “Nationals Designate Spencer Kieboom, Announce Joe Blanton Signing” (英語). mlbtraderumors.com. 2018年8月31日閲覧。
  9. ^ MLB公式プロフィール参照。2018年8月31日閲覧。
  10. ^ Jeff Todd (2018年5月11日). “Nationals Place Matt Wieters On DL, Select Contract Of Spencer Kieboom” (英語). mlbtraderumors.com. 2018年8月31日閲覧。
  11. ^ Jamal Collier (2018年5月19日). “Kieboom records first MLB hit in first start” (英語). MLB.com. 2018年8月31日閲覧。
  12. ^ Spencer Kieboom hits first homer in Nats' win”. MLB.com. 2019年2月14日閲覧。

関連項目[編集]