スペンサー・ホレーショ・ウォルポール

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
スペンサー・ホレーショ・ウォルポール
Spencer Horatio Walpole
Spencer Horatio Walpole.JPG
1860年代のウォルポール
生年月日 1806年9月11日
没年月日 1898年5月22日 (満91歳没)
死没地 イギリスの旗 イギリスロンドンイーリング
出身校 ケンブリッジ大学トリニティ・カレッジ
前職 弁護士
所属政党 保守党
称号 枢密顧問官(PC)、王立協会フェロー(FRS)、勅選弁護士英語版(QC)
親族 初代ウォルポール男爵英語版(曾祖父)
第2代エグモント伯爵英語版(祖父)
スペンサー・パーシヴァル(叔父)

内閣 第1次ダービー伯爵内閣
第2次ダービー伯爵内閣
第3次ダービー伯爵内閣
在任期間 1852年2月27日 - 1852年12月19日
1858年2月25日 - 1859年2月[1]
1866年7月6日 - 1867年5月17日[1]

イギリスの旗 庶民院議員
選挙区 ミッドハースト選挙区英語版
ケンブリッジ大学選挙区英語版[2]
在任期間 1846年1月30日 - 1856年
1856年2月11日 - 1882年[2]
テンプレートを表示

スペンサー・ホレーショ・ウォルポール英語: Spencer Horatio Walpole, PC, FRS, QC1806年9月11日 - 1898年5月22日)は、イギリスの弁護士、政治家。

ヴィクトリア朝保守党政権下で内務大臣を3度にわたって務めた。

経歴[編集]

1806年9月11日にスタグベリーに居を構えるトマス・ウォルポールとその妻マーガレット(第2代エグモント伯爵英語版ジョン・パーシヴァル英語版の娘)の次男として生まれる[3][4][5]

曽祖父の初代ウォルポール男爵ホレーショ・ウォルポール英語版は、イギリス初代首相である初代オーフォード伯爵ロバート・ウォルポールの弟にあたる[6]。またイギリス首相スペンサー・パーシヴァルは母方の叔父にあたり、ファーストネームの「スペンサー」は彼に由来する[3]

イートン・カレッジを経て、ケンブリッジ大学トリニティ・カレッジへ進学し、1828年バチェラー・オブ・アーツ(BA)、1831年マスター・オブ・アーツ英語版(MA)の学位を取得。1827年にリンカーン法曹院に入学し、1831年には弁護士資格を取得[4]。裁判長サー・ジョン・ロミリー英語版の信任を得て、1852年の弁護士業引退までその法廷の重大事件ほぼすべてに関与した。1846年には勅選弁護士英語版に選ばれる[3]

1846年1月30日に母方のエグモント伯爵家が影響力を持つミッドハースト選挙区英語版から当選して保守党所属の庶民院議員となる。1856年にはケンブリッジ大学選挙区英語版に転じており、以降1882年の政界引退までここから当選した[3]

1852年2月から12月にかけては第1次ダービー伯爵内閣英語版内務大臣として入閣し[7]、民兵の再編成を主導した[3]

1858年2月に第2次ダービー伯爵内閣英語版が成立すると再度内務大臣として入閣したが[8]、同内閣で検討された選挙法改正法案をめぐってウォルポールは通商長官J・W・ヘンリー英語版とともにバラカウンティの選挙区の選挙資格を同一にすることに反対し[9]1859年1月に職を辞した[3]

1866年に第3次ダービー伯爵内閣が成立すると三度内務大臣として入閣[10]。前ラッセル伯爵政権の選挙法改正法案挫折で民衆の選挙法改正運動が激しくなっている時期であり、ウォルポールはハイド・パークでの集会許可をめぐって選挙法改正連盟と対立を深め、民衆の憎悪の対象となった[3]1867年5月、ハイド・パークでの暴動を機に内務大臣を辞したが、第3次ダービー伯爵内閣が総辞職する1868年2月まで無任所大臣として内閣に留まった[3]

1898年5月22日イーリングの自宅で死去[3]

栄典[編集]

家族[編集]

1835年に母方の叔父にあたるイギリス首相スペンサー・パーシヴァルの娘イザベラ(従姉弟)と結婚し、彼女との間に2男1女を儲けた。長男スペンサー・ウォルポール英語版は郵便局長を務め、次男ホレーショ・ジョージ・ウォルポールはインド担当副大臣英語版の補佐官を務めた[3]

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

出典[編集]

  1. ^ a b 秦(2001) p.509
  2. ^ a b UK Parliament. “Mr Spencer Walpole” (英語). HANSARD 1803–2005. 2014年8月19日閲覧。
  3. ^ a b c d e f g h i j k l Walpole, Spencer (1899). "Walpole, Spencer Horatio" . In Lee, Sidney. Dictionary of National Biography (in English). 59. London: Smith, Elder & Co. pp. 209–211.
  4. ^ a b c d "WALPOLE, SPENCER HORATIO (WLPL824SH)". A Cambridge Alumni Database (in English). University of Cambridge.
  5. ^ Lundy, Darryl. “Rt. Hon. Spencer Horatio Walpole” (英語). thepeerage.com. 2014年8月19日閲覧。
  6. ^ Lundy, Darryl. “Robert Walpole” (英語). thepeerage.com. 2014年8月19日閲覧。
  7. ^ The London Gazette: no. 21296. p. 634. 1852年2月27日。2015年4月29日閲覧。
  8. ^ The London Gazette: no. 22103. p. 1019. 1858年2月26日。2015年4月29日閲覧。
  9. ^ 横越(1960) p.341
  10. ^ The London Gazette: no. 23134. p. 3869. 1866年7月6日。2015年4月29日閲覧。
  11. ^ The London Gazette: no. 21296. p. 633. 1852年2月27日。2015年4月29日閲覧。
  12. ^ Walpole; Spencer Horatio (1806 - 1898)” (英語). Past Fellows. The Royal Society. 2015年4月29日閲覧。

参考文献[編集]

公職
先代:
サー・ジョージ・グレイ准男爵
内務大臣
1852年
次代:
第3代パーマストン子爵
先代:
サー・ジョージ・グレイ准男爵
内務大臣
1858年 - 1859年
次代:
トマス・ソセロン=イーストコート英語版
先代:
サー・ジョージ・グレイ准男爵
内務大臣
1866年 - 1867年
次代:
ギャソーン・ハーディ
先代:
無し
無任所大臣
1867年 - 1868年
次代:
無し
グレートブリテンおよびアイルランド連合王国議会
先代:
サー・ホレス・シーモア英語版
ミッドハースト選挙区英語版選出庶民院議員
1846年 - 1856年
次代:
サミュエル・ウォーレン英語版
先代:
ヘンリー・ゴールバーン英語版
ロフタス・トッテンハム・ウィグラム英語版
ケンブリッジ大学選挙区英語版選出庶民院議員
1856年 - 1882年
同一選挙区同時当選者
ロフタス・トッテンハム・ウィグラム英語版(1856-1859)
チャールズ・ジェスパー・セルウィン英語版(1859-1868)
アレクサンダー・ベレスフォード・ホープ英語版(1868-1882)
次代:
アレクサンダー・ベレスフォード・ホープ英語版
ヘンリー・セシル・レイクス英語版