半保護されたページ

スペース・ジャム

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動

スペース・ジャム
Space Jam
監督 ジョー・ピトカ
脚本 レオ・ベンヴェヌーティ
スティーブ・ルドニック
ティモシー・ハリス
ハーシャル・ウェイングロッド
製作 ジョー・メジャック
ダン・ゴールドバーグ
アイヴァン・ライトマン
出演者 マイケル・ジョーダン
ウェイン・ナイト
ビル・マーレイ
音楽 ジェームズ・ニュートン・ハワード
主題歌 Quad City DJ's
撮影 マイケル・チャップマン
編集 シェルドン・カーン
製作会社 ノーザン・ライツ・エンターテインメント
コートサイド・シート・プロダクション
ワーナー・ブラザース・アニメーション
配給 ワーナー・ブラザース
公開 アメリカ合衆国の旗 1996年11月15日
日本の旗 1997年4月26日
上映時間 88分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
製作費 $80,000,000
興行収入 $230,400,000
次作 スペース・プレイヤーズ
テンプレートを表示

スペース・ジャム』(Space Jam)は、1996年に公開されたアメリカの実写アニメーションスポーツコメディ映画で、監督はジョー・ピトカ、主演はバスケットボール選手のマイケル・ジョーダン

ストーリー

マイケル・ジョーダンがバスケット選手を引退し、プロ野球選手に転職を宣言している頃、宇宙人が経営する遊園地は人気がなく、新しいスターを探そうとした時、地球のテレビで活躍するルーニー・テューンズのメンバーを目をつけた。彼らを遊園地で働かせるために宇宙人は地球へやってきた。奴隷として遊園地で働かされたくないバッグス達は彼らをうまく騙し、宇宙に連れて行かれないために彼らの体が小さいことからバスケットで試合して勝負することを提案する。

しかし、宇宙人達はプロのバスケット選手の話を聞き、彼らの才能を盗み出し、パワーアップし試合に挑もうとしていた。これにはまずいと判断したバッグスも負けじと、プロ野球選手に転職していたマイケル・ジョーダンを引っさげ、彼らのピンチに駆けつけたローラ・バニーも仲間に加え、試合に臨む。

試合当日、前半は苦戦するもののバッグスが用意した秘密のドリンク(ただの水)を飲んだ事で自信を取り戻したダフィー達、ルーニー・テューンズは自分達の持ち前を発揮し、点差を縮める。マイケルが元バスケット選手だと気付いた宇宙人の社長はマイケルもバッグス達共々スターとして奴隷にしたいと賭けに出てマイケルのマネージャーのスタンから宇宙人達がMVP選手の才能を盗んだ事を知ったマイケルもその賭けを飲む事にした。

宇宙人達は最後の手段としてマイケルとルーニー・テューンズ達を全員怪我で退場させる作戦を変え、普段やられない仲間ですら試合に出れないぐらい大怪我をしてしまい、最後のメンバーであったスタンもペッタンコにされ、ついにメンバー不足の危機に陥るが意外な人物が助けに現れる。

マイケルとバッグス達は残り十秒で逆転し、ルーニー・テューンズとバスケット選手を救えるのか?

キャスト

主演
登場アニメキャラクター

日本語版スタッフ

プロデューサー 小川政弘
尾谷アイコ(ワーナー・ホーム・ビデオ
演出 松岡裕紀
翻訳 新村一成
録音・調整 新井保雄
制作担当 相原正之
中西真澄(プロセンスタジオ)
日本語版制作 ワーナー・ホーム・ビデオ
プロセンスタジオ

サウンドトラック

  1. "Fly Like an Eagle" - シール – 4:14
  2. "The Winner" -クーリオ – 4:03
  3. "Space Jam" - Quad City DJ's – 5:07
  4. "I Believe I Can Fly" - R・ケリー – 5:22
  5. "Hit 'Em High" - Bリアル・オブ・サイプレス・ヒル, クーリオ, Method Man, LL・クール・J and バスタ・ライムス – 4:17
  6. "I Found My Smile Again" - ディアンジェロ – 6:15
  7. "For You I Will" - モニカ – 4:56
  8. "Upside Down ('Round-N-'Round)" - Salt-N-Pepa – 4:16
  9. "Givin' U All That I've Got" - Robin S. – 4:04
  10. "Basketball Jones" - バリー・ホワイト and クリス・ロック – 5:40
  11. "I Turn To You" - All-4-One – 4:52
  12. "All of My Days" - Changing Faces featuring R・ケリー and ジェイ・Z – 4:01
  13. "That's the Way" - スピン・ドクターズ featuring ビズ・マーキー – 3:49
  14. "Buggin'" - バッグス・バニー (ビリー・ウェスト), ダフィー・ダック (ディー・ブラッドリー・ベイカー), エルマー・ファッド (ビリー・ウェスト) – 4:14

反応

『スペース・ジャム』という映画は、さまざまな評価に分かれた。Rotten Tomatoesでは批判が 37%で、そのうちの46%が"Top Critics"に選ばれ,映画に肯定的な感想が与えられた。映画評論家のロジャー・イーバートはこの映画を非常に良い作品だとしていた。ジーン・シスケルもこの映画については肯定的な意見をもっていたが、エバートほどではなかった。 レオナルド・マーティンもこの映画については肯定的な意見をもっていた。一部の批評家は、これより前に公開された実写とアニメを融合させた映画『ロジャー・ラビット[2]と比べて、『ロジャー・ラビット』の方が勝っていると評した[3]サウンドトラックも、6つのプラチナを獲得した[4] 。この映画に用いられていたR.ケリーの "I Believe I Can Fly"もヒットした。なお、テーマ曲はSpin Doctorsが担当した。

興行収入成績

批評にかかわらず、この映画は大きなヒットを飛ばした。初回公開週の週末には、アメリカ合衆国で27,528,529USドルを売上げ、最終公開週には アメリカ合衆国で90,418,342USドル、世界中で230,418,342USドルを売り上げた。

ゲーム

プレイステーションセガサターンMS-DOSにてTVゲーム化もされ、1997年2月28日にアクレイムジャパンからプレイステーション版とセガサターン版が日本国内で発売された。

脚注

  1. ^ 映画『ロジャー・ラビット』特集 ―実写とアニメーションの融合を楽しんで♪”. Disney+ (ディズニープラス)公式 (2020年6月30日). 2020年6月30日閲覧。
  2. ^ ウォルト・ディズニー・カンパニー傘下のタッチストーン・ピクチャーズ制作。なお、バックス・バニーやダフィー・ダックなど、一部のルーニー・テューンズキャラクターもゲスト出演している[1]
  3. ^ "Movie Reviews: Space Jam". Retrieved on 2009-01-23.
  4. ^ RIAA Gold and Platinum Searchable Database”. 2009年1月23日閲覧。