スボミー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動: 案内検索
スボミー
全国
レントラー - スボミー(#406) - ロズレイド
シンオウ
ギャラドス - スボミー(#025) - ロゼリア
基礎データ
英語名 Budew
進化体系 ベイビィポケモン
進化前 なし
進化後 ロゼリア
世代 第4世代
ポケモン学
分類 つぼみポケモン
タイプ くさ / どく
高さ 0.2m
重さ 1.2kg
特性 しぜんかいふく / どくのトゲ
テンプレートを表示

スボミーは、ポケットモンスターシリーズに登場する655種のポケモン(架空の生物)のうちの一種である。

目次

特徴 [編集]

ロゼリアの進化前。小さく丸い体つきをしており、頭頂部がねじれ、開花を控えたのようになっている。体色は緑色をしており、首元には濃い緑色の模様があり、赤ん坊の前掛けのようになっている。春の時期になると、頭の蕾から花粉をばら撒き、この花粉をまともに吸うと激しいくしゃみや鼻水に見舞われる。なお、冬の間は蕾を閉じている。

ゲームでのスボミー [編集]

ダイヤモンド・パール』から登場。序盤から野生のものが出現するほか、ロゼリア、もしくはロズレイドに「おはなのおこう」を持たせ、育て屋に預けることでタマゴを発見できる。十分になついた状態で朝、昼の時間帯にレベルアップすることでロゼリアに進化する。

能力は全体的に低いが、「とくぼう」がやや高い。レベルアップで覚える技は少ないが、「みずあそび」「なやみのタネ」など、進化後は覚えられなくなる技も一部存在する。

アニメでのスボミー [編集]

ダイヤモンド&パール』(以下、DP)のオープニングに登場。

DP第4話「ポッチャマ対スボミー! ヒカリ初バトル!!」では、ポケモン吟遊詩人・ナオシのポケモンとして登場し、ヒカリポッチャマと戦い勝利する。続けてサトシピカチュウとバトルし、バトル中にロゼリアへと進化する。

DP第25話「怪傑ロズレイドと花伝説!」では、臆病な性格のロズレイドが、スボミー時代にパートナーのツボミと出会うエピソードが描かれている。

ポケモンカードでのスボミー [編集]

たねポケモン。草タイプものと超タイプのものが存在する。どちらもポケパワー「ベイビィしんか」の効果でロゼリアに進化できる。

以下の商品に収録された。

  • ポケモンカードゲームDP拡張パック 時空の創造 ダイヤモンドコレクション/パールコレクション - 草タイプ。
  • ポケモンカードゲームDP拡張パック 破空の激闘 - 超タイプ。

その他におけるスボミー [編集]

第一パンからポケモンパン「スボミーのクリームチョコパン」が発売された。2色のクリームがトッピングされており、ねじれた形状はスボミーをイメージしたもの。

関連項目 [編集]