スポーツ漫画

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
この項目には、一部のコンピュータや閲覧ソフトで表示できない文字が含まれています詳細

スポーツ漫画(スポーツまんが)は、日本における漫画の区分のひとつで、スポーツを題材にしているものを言う。

日本では球技格闘技(武道を含む)が多く、特に野球サッカーはさらにサブジャンルが存在する。またマインドスポーツや日本ではマイナーな競技の漫画も一定数存在する。

アメリカン・コミックスではスポーツを扱った漫画は非常に少なく、日本の漫画の特徴とされる[1]

以下に競技別の代表的な作品(個別項目があるもの)を挙げる。

球技[編集]

球技を扱ったもの。

野球[編集]

サッカー[編集]

テニス[編集]

テニスを扱ったもの。

バドミントン[編集]

バドミントンを扱ったもの。

バレーボール[編集]

バレーボールを扱ったもの。

バスケットボール[編集]

バスケットボールを扱ったもの。

ゴルフ[編集]

ゴルフを扱ったもの。

ソフトボール[編集]

ソフトボールを扱ったもの。

ハンドボール[編集]

ハンドボールを扱ったもの。

卓球[編集]

卓球を扱ったもの。

アイスホッケー[編集]

アイスホッケーを扱ったもの。

ドッジボール[編集]

ドッジボールを扱ったもの。

ゲートボール[編集]

ゲートボールを扱ったもの。

アメリカンフットボール[編集]

アメリカンフットボールを扱ったもの。

ラグビー[編集]

ラグビーを扱ったもの。

ラクロス[編集]

ラクロスを扱ったもの。

ビリヤード[編集]

ビリヤードを扱ったもの。

ビーチバレー[編集]

ビーチバレーを扱ったもの。

ボウリング[編集]

ボウリングを扱ったもの。

その他[編集]

格闘技・武道[編集]

武器術[編集]

剣道[編集]

フェンシング[編集]

弓道[編集]

その他[編集]

実録物[編集]

実在の人物を主人公とした漫画。

陸上競技[編集]

陸上競技を扱ったもの。

競走[編集]

競走を扱ったもの。

その他[編集]

体操競技[編集]

体操競技等を扱ったもの。

水上競技[編集]

水泳等の水上競技を扱ったもの。

スケート競技[編集]

スケート競技を扱ったもの。

フィギュアスケート[編集]

フィギュアスケートを扱ったもの。

その他[編集]

スキー競技[編集]

スキー[編集]

スキーを扱ったもの。

スキージャンプ[編集]

スキージャンプを扱ったもの。

ダンス競技[編集]

ダンスを扱ったもの。

バレエ[編集]

チアリーディング[編集]

チアリーディングを扱ったもの。

ジャズダンス[編集]

ジャズダンスを扱ったもの。

競技ダンス(社交ダンス)[編集]

競技ダンスまたは社交ダンスを扱ったもの。

その他[編集]

その他、各種ダンスを扱ったもの。

アウトドア[編集]

アウトドアを扱ったもの。

登山[編集]

クライミング[編集]

クライミングを扱ったもの。

ダイビング[編集]

ダイビングを扱ったもの。

釣り[編集]

釣りを扱ったもの。

自転車競技[編集]

公営競技[編集]

公営競技を扱ったもの。

競馬[編集]

競輪[編集]

競艇[編集]

競艇を扱ったもの。

オートレース[編集]

オートレースを扱ったもの。

モータースポーツ[編集]

モータースポーツを扱ったもの。

オートバイ[編集]

自動車[編集]

その他[編集]

その他の競技[編集]

マインドスポーツ[編集]

麻雀[編集]

将棋[編集]

囲碁[編集]

チェス[編集]

その他[編集]

脚注[編集]

  1. ^ ツクイヨシヒサ (2018年1月14日). “アメリカに野球マンガはない?ベースボール大国の気になるコミック事情”. 文春オンライン. 2018年1月15日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年10月9日閲覧。

関連項目[編集]