スマイリーと仲間たち

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
スマイリーと仲間たち
Smiley's People
著者 ジョン・ル・カレ
訳者 村上博基
発行日 イギリスの旗 1979年[1]
日本の旗 1981年5月
発行元 イギリスの旗 Hodder & Stoughton
日本の旗 早川書房
ジャンル スパイ小説
イギリスの旗 イギリス
言語 英語
形態 ハードカバー
ページ数 384
前作 スクールボーイ閣下 (1977年)
次作 リトル・ドラマー・ガール (1983年)
コード ISBN 0-340-24704-5
Portal.svg ウィキポータル 文学
[ Wikidata-logo-en.svg ウィキデータ項目を編集 ]
テンプレートを表示

スマイリーと仲間たち』(Smiley's People)は、イギリスの作家、ジョン・ル・カレが1979年に発表したスパイ小説。1982年にテレビドラマ化された。

概要[編集]

ジョージ・スマイリーを主役とする『スクールボーイ閣下』(1977年)の続編である。

ル・カレは当初「カーラ追跡」シリーズを7冊以上と考えていたが、『スクールボーイ閣下』執筆後はシリーズを4部作に縮小し、3作目の舞台を中東にすることを目論んだ。『ニューズウィーク』の中東特派員、デイヴィッド・グリーンウェイとレバノン、シリア、ヨルダン、イスラエルを回り、取材を重ねた。元MI5職員の旧友、ジョン・ミラー[2]ともイスラエルを訪れ、構想を膨らませた。1977年から78年にかけての冬、ル・カレは、ある高官から近々イスラエルがレバノンを攻撃するとの情報が入るという出だしで3章ほど書き進めるが、途中でこれを失敗作とみなし、執筆を中止した。

小説が今の形になったきっかけは、ロシア革命初期にペトログラードから移住してきた男とヒースで出会ったことだった。ル・カレはロシア人老紳士のエストニア人の妻を見て、小さな亡命者グループの哀しみを思った。この人物が将軍と呼ばれるウラジミールのモデルとなった[3]。エストニア出身の軍人で、戦後MI6に加わったアルフォンス・レバネ(Alfons Rebane)もウラジミールのモデルと言われている[4]

アメリカ版が先に発売され、クノップフの初版は15万部発行された。イギリスでは予約販売が79,240部に達し、たちまちベストセラーとなった。『ティンカー、テイラー、ソルジャー、スパイ』のテレビシリーズが1980年1月にカナダとオーストラリアで放映されたことが追い風になったとも言われている。本国のBBC1チャンネルは同年2月から3月にかけて同テレビシリーズを再放送した[5]

あらすじ[編集]

隠語[編集]

サーカス(MI6)を辞めて美術商をしているトビー・エスタヘイスをジョージ・スマイリーが訪ねる。スマイリーが「ウラジミールは、ライプチヒの情報についてなにかいわなかったか」と訊くと、トビーはこう答える。

  'To tell you it concerned the Sandman. That's all. The Sandman is making a legend for a girl. Max will understand.'
「サンドマンにかんすることだ、とあんたにいってくれというんだ。それだけだよ。サンドマンがひとりの女のために伝説をこしらえている。そういえばマックスにはわかる、といっていた」 — le Carré, John (1979). "Smiley's People". Hodder & Stoughton, chapter 13.

「legend(伝説)」はもともとKGBが使っていた隠語で[6]、「偽装身分」を指す。

テレビドラマ[編集]

スマイリーと仲間たち
脚本 ジョン・ホプキンズ
ジョン・ル・カレ
監督 サイモン・ラングトン
出演者 アレック・ギネス
アイリーン・アトキンス
マイケル・バーン
マイケル・ロンズデール
オープニング パトリック・ガワーズ
国・地域 イギリスの旗 イギリス
言語 英語
シーズン数 1
話数 6
各話の長さ 360分
製作
プロデューサー ジョナサン・パウエル
撮影監督 ケネス・マクミラン
製作 BBCワールドワイド
放送
放送チャンネル BBC Two
映像形式 4:3
音声形式 モノラル
放送期間 1982年9月20日 (1982-09-20) - 1982年10月25日 (1982-10-25)

BBCは『Tinker Tailor Soldier Spy』(1979年)に続いて、再びアレック・ギネスをジョージ・スマイリー役にすえ、全6回のテレビシリーズを制作した。放映開始日は1982年9月20日。ひと月後にはアメリカのPBSでも放送された。

制作が決まったとき『ティンカー、テイラー、ソルジャー、スパイ』を監督したジョン・アーヴィンは別の映画の撮影中であったため、参加できる状況になかった。プロデューサーのジョナサン・パウエルはジョン・マッケンジーを引き入れようとしたが、ギネスが納得せず、サイモン・ラングトンが監督することとなった。ジョン・ホプキンズが書いた脚本は長すぎるなどの問題があり、ル・カレ自身が自ら書き直した[7]

全6話放送の『Smiley's People』はアメリカでは3部門でエミー賞にノミネートされた。イギリスでは英国映画テレビ芸術アカデミーの10部門でノミネートされた。そのうちアレック・ギネスが再び主演男優賞を、ベリル・リードが主演女優賞を獲得、ほか2部門で受賞した。

配役[編集]

日本語訳[編集]

脚注[編集]

  1. ^ Smiley's People by John le Carré - Goodreads
  2. ^ アダム・シズマン; 加賀山卓朗、鈴木和博訳 『ジョン・ル・カレ伝 <上>』 早川書房、2018年5月25日、299頁。 
  3. ^ アダム・シズマン; 加賀山卓朗、鈴木和博訳 『ジョン・ル・カレ伝 <下>』 早川書房、2018年5月25日、123-127頁。 
  4. ^ Lucas, Edward (2012). Deception: The Untold Story of East-West Espionage Today. USA: Bloomsbury Publishing. p. 277. https://books.google.com.au/books?id=Ri7HMsanlAwC&pg=PT277 2019年3月18日閲覧。. 
  5. ^ 『ジョン・ル・カレ伝 <下>』 前掲書、155-156頁。
  6. ^ Le Carré, John; Matthew Joseph Bruccoli; Judith Baughman (2004). Conversations with John le Carré. USA: University Press of Mississippi. pp. 68–69. ISBN 1-57806-669-7. https://books.google.com/books?id=jxPWT_Lo5yQC&pg=PA68&lpg=PA68. 
  7. ^ 『ジョン・ル・カレ伝 <下>』 前掲書、170-171頁。

関連項目[編集]