スマッシュ!!11

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
スマッシュ!!11
ジャンル バラエティ
放送方式 生放送(一部録音)
放送期間 1969年4月7日 - 1986年4月4日
放送時間 放送時間を参照
放送局 RKBラジオ
制作 RKBラジオ
出演 井上サトル
テンプレートを表示

スマッシュ!!11(スマッシュ・イレヴン)は、RKBラジオ1969年(昭和44年)4月から1986年(昭和61年)4月4日まで17年間放送された夜ワイド番組。

メインパーソナリティ井上里瑠(井上サトル)アナウンサー。

長年に渡って福岡の若者から支持を受け、多くの福岡出身のミュージシャンが、この番組を登竜門として全国にはばたいた。

アシスタント[編集]

  • 初代:本多和子
  • 2代目:林田スマ
  • 3代目:浜田令子
  • 4代目:中村いく子

※他にも斉藤ヒデミ、宮原ヨーコ、吉村佳代子、井上日登美、中西一清、二宮キョウコ(1983年~1984年当時)、河村ヤヨ(1983年~1984年当時)などがアシスタントを務めた。

放送時間[編集]

  • 初回〜1975年(昭和50年):月曜~土曜日 23:00〜24:00(JST)
  • 1975年〜最終回:月曜〜金曜日 22:10〜24:00(JST)

※1984年秋から1985年春のプロ野球オフシーズン時には、この番組の前座番組として21:00〜22:00に「スマッシュ!!9」が放送された。

主なコーナー[編集]

  • 明日に向かって撃て!(23:00頃)
福岡県内各地にスタッフが赴き、その場所に集まった聴取者の声を録音し、その録音した声を編集して放送する。
番組内でも人気コーナーであり、後述のKBCラジオの番組「PAO〜N ぼくらラジオ異星人」でも「ちょっといいですか?」という同じ内容のコーナーが放送されるほどだった。
  • カジノ・スマッシュ
  • スマッシュ・アタック
  • スマッシュ・レポート
  • スマッシュ・リクエストNo1
  • ハモラナイ・コーラス(金曜日のみ)
  • スマッシュ放送局(1980年代以降)
  • 得意技一本勝負!(1980年代以降)

番組企画[編集]

  • 1978年(昭和53年)ごろ、スマッシュ!!11のスタッフが野球チーム「オール・スマッシュ」を結成。番組内で福岡の地元チームとの対戦を実況。コンサートで来福したミュージシャンのチームも参戦するようになり、ついには1979年(昭和54年)、松山千春率いる「松山千春スーパースターズ」側から挑戦を受け、同年6月10日に番組開始10周年記念企画として平和台球場井上陽水率いるオール・スマッシュと対戦。結果は5対4でオール・スマッシュ側が勝利。これは「第1回夢の球宴」と称され、観客2万人を動員した。
  • その後「夢の球宴」はその後を含め計4回実施されるほどの人気企画となった。この2チームは翌1980年(昭和55年)5月28日にも平和台球場にて再度対決、この時は12対5で松山千春スーパースターズが勝利した。その約4ヶ月後の10月9日には小倉球場にてオール・スマッシュ改め「オールRKB」が松山千春スーパースターズと対決したが0対7で敗れた。さらに翌1981年(昭和56年)7月23日平和台球場にてRKB創立30周年記念イヴェントとして松山千春スーパースターズが西鉄ライオンズOBチームと対戦、観客8万人を動員した試合は8対1でOBチームの勝利に終わった。
  • 番組内企画では「通学沿線気になる あのこ」というコーナーがあった。通学途中の駅や構内、プラットホーム、車内、またはバス停などで、よく見かける「あの子」「あの人」を探すコーナー。他に番組の始めに「今日の一言!」のコーナーもあり、リスナーも参加できた。それ以外に、公開録音と題して、パーソナリティーがスタジオを飛び出して、放送エリア内にある中学や高校を訪ねていく企画もあった。

エピソード[編集]

  • それまでRKBの深夜といえば「大学受験講座」だったのをこの番組に変えたことで、RKBの夜が変わったといわれた[1][2]
  • 井上里瑠は同局でプロデューサー経験もあったため、番組開始から数年後にはこの番組のプロデューサーも兼任するようになり、スタッフからは「アナデューサー」(アナウンサーとプロデューサーを組み合わせた造語)と呼ばれるようになった。
  • もうひとつの在福AMラジオ局であったKBCラジオでは、この番組に対抗するため1976年10月に生放送の夜ワイド番組「KBCナイトタウン」を誕生させたが、スマッシュ人気にはかなわず1979年10月に終了した。そのため、長期間に渡って人気番組の座を維持した。しかし、1983年5月30日からKBCラジオで「PAO~N ぼくらラジオ異星人」がスタートして以降、「PAO~N」にスタート後約半年で聴取率で福岡エリアのトップに立たれ、その後も音楽番組からトークバラエティ番組への時代の変化もあって番組リスナーがKBCに流れたこともあり、17年の歴史に幕を下ろすことになった[1]
  • 1986年4月4日の最終回終了(午前0時)後の1時間後から特別番組「スマッシュ!!11 ほんとにほんとのサヨウナラ」(AM1:00~AM5:00)を放送、井上陽水、チューリップ財津和夫、松本淳)、尾崎豊織田哲郎宇佐元恭一がゲスト出演。武田鉄矢大江千里(中学時代に北九州に居住していた時、1リスナーとして聞いていた。プロになってゲスト出演も果たした)、佐野元春大友康平五輪真弓EPO白井貴子玉置浩二遠藤京子NOKKO上田正樹鈴木雅之桑田佳祐森山良子谷村新司ばんばひろふみ石橋凌鮎川誠NOBODY村下孝蔵小田和正杉真理小山卓治、野本直美などがメッセージを寄せた[3]。「HiHiHi」がスマッシュ!!11の後を受けて放送された。

主なイベント・企画[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b 月刊ラジオパラダイス 1988年8月号特集「全国4大エリア 夜ワイド合戦絵巻」より。
  2. ^ 「大学受験ラジオ講座」は早朝5時台へ移行
  3. ^ 月刊ラジオパラダイス 1986年6月号「『スマッシュ!!11』ラストナイトの記録」より。
RKBラジオ 夜の生ワイド番組
前番組 番組名 次番組
-
スマッシュ!!11