スマートアシスト

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

スマートアシストSmart Assist[1])は、ダイハツ工業が開発した予防安全機能の総称である[2]。搭載車種のOEMを受けるトヨタ自動車SUBARU(旧・富士重工業)でもダイハツの登録商標「スマートアシスト」をそのまま利用する[3]。ダイハツとトヨタで使用されている公式略称は「スマアシ[4]で、頭文字の「SA」と略されるケースもある(後述)。

本項では、進化版であるスマートアシストII(スマートアシスト・ツー、Smart Assist II、略称「スマアシII」)、スマートアシストIII(スマートアシスト・スリー、Smart Assist 3、略称「スマアシIII」)、スマートアシストIIIt(スマートアシスト・スリー ティー、Smart Assist 3t、略称「スマアシIIIt」)についても記述する。

概要[編集]

スマートアシストは、レーザーレーダを用いて車両前方を監視するシステムで、2012年12月20日ムーヴ(およびスバル・ステラ)に搭載された。一定条件下で衝突を回避可能な自動ブレーキを備えた衝突被害軽減ブレーキ軽自動車に装備されるのは、これが初となる。

2015年4月27日に一部改良されたムーヴ/ステラとタントではこれに単眼カメラを追加した「スマートアシストII」が設定された。

2016年11月30日に一部改良されたタントではレーザーレーダーと単眼カメラを廃止し、ステレオカメラを追加した「スマートアシストIII」が設定された。

2018年5月14日に一部改良されたハイゼットトラックでは「スマートアシストIII」をベースに、軽トラックの特性に合わせて機能を一部変更した「スマートアシストIIIt」が設定された。

2019年7月9日に次世代スマートアシストを搭載したタント・タントカスタムを発売した。

機能[編集]

〈〉はIIでのバージョンアップ部分、()はIIIでのバージョンアップ部分、{}はIIItでの性能(ただし、{}が無い場合はIIIに準じる)

「止まるをアシスト」[編集]

低速域衝突回避ブレーキ機能〈衝突回避ブレーキ機能〉
約4-30km/h〈約4-50km/h〉(約4-80km/h){約4-50km/h}の速度域で、前方の車両との衝突の危険性が高まると、警告音と警告表示によって運転者の注意を喚起。さらに衝突の危険性が高まると自動ブレーキを作動させる。先行車との相対速度が約20km/h〈約30km/h〉以内であれば衝突の回避を、約20-30km/h(約30-80km/h){約30-50km/h}であれば、衝突による被害の軽減を行う。III/IIItでは対車両だけでなく対歩行者にも機能が拡大(約4-50km/hの速度域で、相対速度が約30km/h以内であれば衝突の回避を、約30-50km/hであれば、衝突による被害の軽減を行う)した。

「飛び出さないをアシスト」[編集]

〈前方/後方〉誤発進抑制制御機能
シフトの入れ間違い、アクセルとブレーキの踏み間違いによる事故を抑制するための機能。前方約4m以内に障害物がある状態でアクセルを大きく踏み込むと、約8秒間エンジン出力を抑制する。
II以降(無印でも6代目ムーヴ/3代目ステラは含む、IIItは除く)ではソナーを利用して後方約2~3mの検知も行う。
IIItについてはAT車のみの搭載となる。

「気づくをアシスト」[編集]

先行車発進お知らせ機能
停車時に先行車が発進した場合、ブザー音で通知を行う。自車と先行車が約3m離れると作動。
〈衝突警報機能〉
※以下はII(III){IIIt}のもの。無印の衝突警報機能については前述。
走行中に前方の車両や歩行者を認識し、衝突の危険性が高まると警告音と警告表示によって運転者の注意を喚起。
車両は約4-100km/hの速度域で前方約80m{約60m}以内・速度差約60km/h(約100km/h)以内、歩行者は約4-50km/hの速度域で前方約40m(約60m){約30m}以内。
車線逸脱警報機能
約60km/h以上で走行中に車線から逸脱しそうになると運転者に警告する。なお次世代スマートアシストでは、ステアリング制御を使った機能が追加された。

「夜道の運転をアシスト」[編集]

(オートハイビーム)
自車速度25km/h以上で前方の明るさを感知し、ハイビーム・ロービームを自動的に切り替える。なお、IIItでは非搭載となる。

「すべらないをアシスト」[編集]

VSC&TRC(無印のみ)
正確には衝突被害軽減ブレーキの機能ではないが、横滑り防止装置が、ダイハツとトヨタでは「VSC&TRC」として、スバルでは「VDC」として搭載される(VDCにはTRCの機能を含む)。
II以降(無印でもウェイク/トヨタ・ピクシスメガと6代目ムーヴ/3代目ステラは含む)は構成から切り離されて全車標準搭載(いずれにしてもスマートアシスト搭載車にVSC&TRCが搭載されていることに変わりはない)。

開発の背景[編集]

ダイハツ工業は2006年10月に発売した4代目ムーヴ(L175S・前期)で軽自動車初となるプリクラッシュセーフティシステムの搭載を発表。以降2010年12月の5代目ムーヴ(LA100S・前期)においても同様の装備を搭載可能であった(いずれも最上位グレードにオプション設定)。

これらはアクセルおよびブレーキを自動制御して前車と一定の距離を保ちながら走行するレーダークルーズコントロールや車線逸脱警報等の高度な機能を備えていたが、機能の実現のために検知距離の長いレーザーレーダーや専用のECU等を必要としたため非常に高価な装備になっていた。

スマートアシストは、衝突回避ブレーキの対応速度を追突事故の60%を占める30km/h以下に限定する事によりレーザーレーダを簡略化、および信号処理系のセンサユニットへの統合等によりコスト低減を実現した。

機能の限界[編集]

スマートアシストは、レーザーレーダーを使用している都合上、障害物の性質によってはシステムが検知できない場合がある(透過性を持つガラスなど。また歩行者や二輪車等の検知は想定していない[5])。

スマートアシストもまた、他社の衝突被害軽減ブレーキと同じく、あくまでも運転者が主体であって装置はその能力を補う、というものである。ゆえに路面や周囲の環境、事故の形態によっては、100%被害を防げるものではないことに注意が必要である。適切な運用には、メーカーの告知している装置の特性を十分に理解する必要がある。

搭載車種[編集]

2018年11月現在、以下の車種でスマートアシスト搭載グレードが選択可能。搭載グレードには、ダイハツとトヨタOEMの軽自動車では「SA」「SA II」「SA III」「SA IIIt」(Smart Assist / - IIIIIIIItの頭文字)が、トヨタOEMの普通自動車では「S」[6]、スバルではそのまま「スマートアシスト」がつく(例:グレード「L」に搭載された場合、ダイハツ・トヨタでは「L "SA"」[7]、スバルでは「L スマートアシスト」となる)。なお、スマートアシスト登場後に発売された車種では、コペン[8]のみ非搭載である。

ダイハツ トヨタ スバル 発売日
(ダイハツ)
Ver. VSC&TRC
タント/タントカスタム スバル・シフォン 2019年7月9日
(4代目)
次世代 全車
ミラ イース トヨタ・ピクシスエポック スバル・プレオプラス 2017年5月9日
(2代目発売)
III 全車
ムーヴ/ムーヴカスタム スバル・ステラ 2017年8月1日
(6代目マイナーチェンジ)
III 全車
ムーヴ キャンバス 2017年 9月11日
(一部改良)
III 全車
キャスト トヨタ・ピクシスジョイ 2017年10月4日
(一部改良)
III 全車
アトレーワゴン スバル・ディアスワゴン 2017年11月13日
(5代目マイナーチェンジ)
III 全車
ハイゼットカーゴ トヨタ・ピクシスバン スバル・サンバーバン 2017年11月13日
(10代目マイナーチェンジ)
III 一部
ウェイク トヨタ・ピクシスメガ 2017年11月30日
(一部改良)
III 全車
ハイゼットキャディー 2017年11月30日
(一部改良)
III 全車
ハイゼットトラック トヨタ・ピクシストラック スバル・サンバー トラック 2018年5月14日
(10代目一部改良)
IIIt 一部
ミラ トコット 2018年6月25日
(発売)
III 全車
ブーン トヨタ・パッソ 2018年10月10日
(3代目マイナーチェンジ)
III 全車
トール トヨタ・ルーミー
トヨタ・タンク
スバル・ジャスティ 2018年11月1日
(一部改良)
III 全車

過去の搭載車種[編集]

ダイハツ トヨタ スバル 発売日
(ダイハツ)
Ver. VSC&TRC
ムーヴ/ムーヴカスタム スバル・ステラ 2012年12月20日
(5代目マイナーチェンジ)
無印 スマートアシストの一部
2014年12月12日
(6代目発売)
無印+ソナー 全車
2015年5月11日
(6代目一部改良)
II 全車
ミラ イース トヨタ・ピクシスエポック スバル・プレオ プラス 2013年8月19日
(初代マイナーチェンジ)
無印 スマートアシストの一部
タント/タントカスタム 2013年10月3日
(3代目発売)
無印 スマートアシストの一部
2015年5月11日
(3代目一部改良)
II 全車
ウェイク トヨタ・ピクシス メガ 2014年11月10日
(発売)
無印 全車
2016年5月17日
(一部改良)
II 全車
キャスト スタイル/キャスト アクティバ トヨタ・ピクシス ジョイ 2015年9月9日
(発売)
II 全車
キャスト スポーツ トヨタ・ピクシス ジョイ 2015年10月29日
(発売)
II 全車
ブーン トヨタ・パッソ 2016年4月12日
(3代目発売)
II 全車
ハイゼットキャディー 2016年6月13日
(発売)
II 全車
ムーヴ キャンバス 2016年9月7日
(発売)
II 全車
トール トヨタ・ルーミー
トヨタ・タンク
スバル・ジャスティ 2016年11月9日
(発売)
II 全車

プロモーション[編集]

ダイハツ
衝突被害軽減ブレーキはそもそも作動してはならないシステムであるため、ダイハツの企業CMにて「スマートアシストが作動するシーンが存在しない」TVCMが製作された事がある。
カタログやウェブサイトでは「スマートアシストに頼った運転は、絶対に行わないでください。」との警告が記載されている。
ちなみにカクカク・シカジカ(声:生瀬勝久)が登場するテレビCMも制作されている[9]
トヨタ
ピクシスシリーズで表面化したダイハツとの販売格差問題のため、プロモーションは行われない。カタログ等の警告文はダイハツと同じものを利用する。
スバル
EyeSight#プロモーション参照。

沿革[編集]

  • 2012年
    • 12月 - スマートアシスト搭載ムーヴを発売。
  • 2013年
    • 8月 - スマートアシスト搭載ミライースを発売。同時に「スマアシ」という略称を設定。
    • 10月 - スマートアシスト搭載タントを発売。
  • 2014年
    • 11月 - スマートアシスト搭載ウェイクを発売。
    • 12月 - スマートアシスト搭載ムーヴをフルモデルチェンジし発売。スマアシ初のソナーが備わる。
  • 2015年
    • 4月 - スマートアシストII搭載ムーヴ、タントを発売。このモデルから初めてスマアシIIが搭載された。
    • 9月 - スマートアシストII搭載キャストを発売。
  • 2016年
    • 4月 - スマートアシストII搭載ブーンを発売。小型車に初めての搭載となった。
    • 5月 - スマートアシストII搭載ウェイクを発売。
    • 6月 - スマートアシストII搭載ハイゼットキャディーを発売。商用軽バン初の衝突被害軽減ブレーキが備わった。
    • 9月 - スマートアシストII搭載ムーヴキャンバスを発売。
    • 11月 - スマートアシストII搭載トールを発売。
    • 11月 - スマートアシストIII搭載タントを発売。このモデルから初めてスマアシIIIが搭載された。
  • 2017年
    • 5月 - スマートアシストIII搭載ミライースを発売。
    • 8月 - スマートアシストIII搭載ムーヴを発売。
    • 9月 - スマートアシストIII搭載ムーヴキャンバスを発売。
    • 10月 - スマートアシストIII搭載キャストを発売。
    • 11月 - スマートアシストIII搭載ハイゼットカーゴ、アトレーワゴンを発売。
    • 11月 - スマートアシストIII搭載ウェイク、ハイゼットキャディーを発売。
  • 2018年
    • 5月 - スマートアシストIIIt搭載ハイゼットトラックを発売。
    • 10月 - スマートアシストIII搭載ブーンを発売。
  • 2019年
    • 7月 - 次世代スマートアシスト搭載タントを発売。

脚注[編集]

  1. ^ ピクシスエポックのカタログに記載されている英文表記。ただしホームページのディレクトリは「sumaashi」(ローマ字で「スマアシ」)。
  2. ^ スマアシ総合サイト”. ダイハツ工業. 2018年8月8日閲覧。
  3. ^ スバルではステラの3代目へのモデルチェンジまではプレオプラスを含め「トマールレーダー」という愛称(これは「トマールエンジン」(=エコアイドル)と同様、あくまでも広告宣伝上の呼称)を使用していた。
  4. ^ スバルでもジャスティより使用。
  5. ^ webCG-ムーヴが軽自動車初の「ぶつからないクルマ」に
  6. ^ 同じグレードでスマートアシスト搭載・非搭載グレードが設定されている場合のスマートアシスト搭載グレードに使用。スマートアシスト搭載グレードのみを設定しているグレードの場合は「S」は付かない。
  7. ^ ムーヴカスタム「X "Limited"」の場合「X "Limited SA"」。
  8. ^ VSC&TRCはコペンにも搭載されている。
  9. ^ 当初はコンテ専門のキャラクターだったが、後にキャンペーンの宣伝など車種を問わず使用されている。なお、当のコンテにスマートアシストの設定はない。

関連項目[編集]