スミス・エルダー・アンド・カンパニー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
スミス・エルダー・アンド・カンパニー
現況 消滅
設立日 1816年
設立者 ジョージ・スミス英語版とアレクサンダー・エルダー
後継 ジョン・マレー社英語版
イギリス イギリス
本社所在地 ロンドン[1][2]
出版物 書籍、雑誌
テンプレートを表示

スミス・エルダー・アンド・カンパニー英語: Smith, Elder & Co.Smith, Elder, and Co.[1]Smith, Elder and Co.[2][3]など表記ゆれあり)は、イギリスの出版社。1816年から1917年まで出版活動を行い、英国人名事典などの出版物で知られた。

歴史[編集]

ロンドンのウォータールー・プレイス15番地にあるスミス・エルダー・アンド・カンパニーの事務所[4]

ジョージ・スミス英語版(1789年 - 1846年)とアレクサンダー・エルダー(Alexander Elder、1790年 - 1876年)によって1816年に設立され、1843年にスミスの息子ジョージ・マレー・スミス英語版(1824年 - 1901年)が引き継いだ[5]。ジョージ・マレー・スミスの末娘の夫レジナルド・J・スミスが1894年に参入して1899年に引き継いだが[5]、彼が1916年12月26日に死去すると事業を引き継ぐ者がいなくなり、売却が決定された[6] 。その後、1917年5月にジョン・マレー社英語版によって買収された[6]

ロバート・ブラウニングジョージ・エリオットエリザベス・ギャスケルトーマス・ハーディリチャード・ジェフリーズ英語版ジョージ・マクドナルドチャールズ・リード英語版ジョン・ラスキンアルジャーノン・チャールズ・スウィンバーンアルフレッド・テニスンジョージ・ギッシングヴィクトリア朝の作家の著作を多く出版したほか[7]英国人名事典を出版したことで知られる[8]。なお、英国人名事典については1917年にオックスフォード大学に譲渡され、大学はそれをオックスフォード大学出版局に与えた[8]

雑誌では1841年より『ロンドン・アンド・エディンバラ・マガジン』(The London and Edinburgh Magazine)を、1859年より『コーンヒル・マガジン英語版』を出版した[1]

脚注[編集]

  1. ^ a b c Business Correspondence of Smith, Elder, and Co., 1850–1908: Finding Aid”. Princeton University Library (2008年). 2012年7月7日閲覧。 “Abstract. Consists, for the most part, of business correspondence of George Smith relating to the Cornhill Magazine, which he founded in 1859, and other publishing business of Smith, Elder, and Co., the London publishing firm.”
  2. ^ a b Forbes, Alexander (1839). California: A History of Upper and Lower California. Cornhill, London: Smith, Elder and Co. https://books.google.com/books?id=NH4FAAAAQAAJ. 
  3. ^ King, Steve. “Charlotte Bronte. Charlotte Bronte as "Currer Bell"”. Today in Literature. 2012年7月7日閲覧。 “Smith, Elder and Co. took the risk on passages like that, and Jane Eyre was an immediate and controversial hit.”
  4. ^ "New Christmas Books"という1850年の広告のフッターには"London: Smith, Elder and Co., 65, Cornhill."と記された。出典:The Observer, 1850-12-22 p. 1.
  5. ^ a b Smith, Elder, and Co. Records, 1850-1923” (英語). UNC Chapel Hill Libraries. University of North Carolina Chapel Hill. 2019年4月5日閲覧。
  6. ^ a b Huxley, Leonard (1923). The House of Smith Elder (in English). United Kingdom: William Clowes & Sons.
  7. ^ George Murray Smith (1824–1901)”. oxforddnb.com. 2010年10月5日閲覧。
  8. ^ a b History of the Dictionary of National Biography”. Oxford Dictionary of National Biography. Oxford University Press. 2019年4月5日閲覧。

関連図書[編集]

  • Jenifer Smith, Prince of Publishers: A Biography of George Smith, London: Allison & Busby, 1986