スミレ刑事の花咲く事件簿

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

スミレ刑事の花咲く事件簿(スミレデカのはなさくじけんぼ)は、フジテレビジョンブルーミング・エージェンシーなどが協同で展開し、テレビ、DVD、舞台、小説などを一体化した新しいスタイルの演劇「SUMIRE LABO」のシリーズの一環として企画された作品である。[1]

概要[編集]

  • 宝塚歌劇団出身の舞台女優・水夏希(みず・なつき)が主演する刑事ドラマ。自らはタカラジェンヌ時代は男役だったが、この作品では「マニッシュな女性刑事」を演じている。タイトルから、水が所属していた宝塚歌劇へのオマージュとも取ることができる。
  • 小説、映像ドラマ、舞台と様々な舞台で起こる難事件に、水が演じる女性刑事「伊原すみれ」がその謎を解きながら解決するスタイリッシュミステリーである。

展開[編集]

小説[編集]

原作の著者は石平ひかり。全4巻。

  • スミレ刑事の花咲く事件簿 知性の勝利 (2010年12月18日発売、ISBN 978-4-06-216435-1)
  • スミレ刑事の花咲く事件簿 悪意の果て (2011年2月18日発売、ISBN 978-4-06-216742-0)
  • スミレ刑事の花咲く事件簿 愛ゆえの涙 (2011年4月16日発売、ISBN 978-4-06-216884-7)
  • スミレ刑事の花咲く事件簿 笑顔の奥に (2011年6月30日発売、ISBN 978-4-06-216986-8)

テレビドラマ[編集]

単発ドラマ[編集]

『スミレ刑事の花咲く事件簿-episode 0-』(すみれけいじのはなさくじけんぼ-エピソードゼロ-)のタイトルで、2011年3月27日にフジテレビTWOにて放送された。後に発売されたオリジナルビデオ「スミレ刑事の花咲く事件簿」の予告的ストーリーとして放送されたものである。

ストーリー(単発ドラマ)[編集]

キャスト(単発ドラマ)[編集]

スタッフ(単発ドラマ)[編集]

  • 脚本 - 樫田正剛
  • 主題歌 - Guys☆From The Earth「きっと夢がある」(BLOOMING AGENCY)
  • 音楽 - 神南、田辺智久、油井浩司
  • 撮影 - 内山久光
  • 照明 - 藤崎秀紀
  • 音声 - 寺内大太
  • 映像 - 阿部正美
  • 編集 - 松本健
  • タイトルCG - 本田貴雄
  • 音響効果 - 岩下康洋
  • 協力 - フジアール
  • 演出 - 阿部雅和
  • プロデューサー - 神山明子(メディアプルポ)、青木裕子
  • 制作著作 - SUMIRE LABO

オリジナルビデオ[編集]

『スミレ刑事の花咲く事件簿』(メディア媒体はDVD)として2011年5月2日に発売された。DVD販売用に制作されたものであり、テレビドラマとしての放送は基本的にはない。 当企画ではこのオリジナルビデオがメインストーリーとなっている。全4話。

ストーリー(オリジナルビデオ)[編集]

キャスト(オリジナルビデオ)[編集]

ゲスト[編集]

第1話「悲しみの親孝行」
第2話「魂の叫び」
第3話「揺るがない瞳」
第4話「偽りの組織」

スタッフ(オリジナルビデオ)[編集]

  • 脚本 - 樫田正剛
  • 主題歌 - Guys☆From The Earth「きっと夢がある」(BLOOMING AGENCY)
  • 音楽 - 神南、田辺智久、油井浩司
  • 撮影 - 内山久光
  • 照明 - 藤崎秀紀
  • 音声 - 寺内大太
  • 映像 - 阿部正美
  • 編集 - 松本健
  • タイトルCG - 本田貴雄
  • 音響効果 - 岩下康洋
  • 協力 - フジアール
  • 演出 - 阿部雅和
  • プロデューサー - 神山明子(メディアプルポ)、青木裕子
  • 制作著作 - SUMIRE LABO

舞台[編集]

2011年5月2日~7日(新国立劇場)、12日~15日(森ノ宮ピロティホール)、17日~18日(中京大学文化市民会館)に上演。[2]
脚本・樫田正剛、演出・星田良子

ストーリー(舞台)[編集]

キャスト(舞台)[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 水夏希、メディアコラボで華やかに始動『スミレ刑事の花咲く事件簿』制作発表。
  2. ^ 水夏希主演の舞台『スミレ刑事の花咲く事件簿』が開幕