スモレンスク県 (ロシア帝国)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
県章

スモレンスク県ロシア語: Смоленская губерния)は帝政ロシアの県(グベールニヤ)である。行政中心地はスモレンスクであり、1929年まで存在した。

歴史[編集]

帝政ロシア期[編集]

ピョートル1世による8県。地図左の青がスモレンスク県(1708年)
スモレンスク県と各郡(1835年)

スモンレンスク県は1708年に設置された[1]。スモンレンスク県は、ピョートル1世による帝政ロシア最初の県制(グベールニヤ制)制定時の8県のうちの1つである。県内にはスモレンスクロスラヴリドロゴブージヴャジマベルィー、ポゴレノエ・ゴロディシチエ(ru)ズブツォフスターリツァセルペイスクコゼリスクメシチョフスクモサリスクチェカリン、ボリソヴォ・ゴロディシチエ(ru)ペレムィシュリヴォロトィンスクオドエフの17市(ゴロド)と8郡(ウエズド)が存在した[1][2]

1726年にはスモレンスク郡(ru)、ロスラヴリ郡(ru)、ドロゴブージ郡(ru)、ヴャジマ郡(ru)、ベルィー郡(ru)の5郡に整理された。

1775年、ナメストニチェストヴォ制が導入され、スモレンスク・ナメストニチェストヴォ(ru)となった。この際に、グジャトスク郡(ru)、エリニャ郡(ru)、カスプリャ郡(後にドゥホフシチナ郡(ru)に改編)、クラスヌィー郡(ru)、ポレチエ郡(ru)、ルポソヴォ郡(後にユフノフ郡(ru)に改編)、スィチョフカ郡(ru)の7郡が設置された。1796年に再びスモレンスク・グベールニヤ / 県 となった。一時的な郡の統廃合と再置を経つつも、1802年以降、帝政ロシア末期の1918年まで12郡(1726年設置の5郡 + 1775年設置の7郡)で固定された。なお、1812年の祖国戦争ナポレオン1世のロシア遠征)によりスモレンスク県は甚大な被害を被っている[3][注 1]

スモレンスク県の下位区分(1802年 - 1918年)
行政中心地 面積(露里²) 郷全域人口(人)
1859年[4]
郷全域人口(人)
1897年[5]
行政中心地人口(人)
1897年[5]
県全体 スモレンスク 49212.2 152,5279 12,0895
ベルィー郡(ru) ベルィー 9674.8 10,6605 16,5159 6952
ヴャジマ郡(ru) ヴャジマ 2722.7 7,8471 10,5502 1,5645
グジャトスク郡(ru) グジャトスク 3447.9 11,5366 9,8266 6324
ドロゴブージ郡(ru) ドロゴブージ 3357.5 7,4390 10,4730 6486
ドゥホフシチナ郡(ru) ドゥホフシチナ 3709.2 7,9441 12,4286 3109
エリニャ郡(ru) エリニャ 4319.0 10,4044 13,7864 2441
クラスヌィー郡(ru) クラスヌィー(ru) 2403.8 6,4576 10,2257 2753
ポレチエ郡(ru) ポレチエ 5096.8 7,5542 13,1936 5688
ロスラヴリ郡(ru) ロスラヴリ 5503.6 10,5286 18,8244 1,7776
スモレンスク郡(ru) スモレンスク 2824.2 8,4242 14,5155 4,6699
スィチョフカ郡(ru) スィチョフカ 2558.9 9,4303 10,0737 4773
ユフノフ郡(ru) ユフノフ 3593.8 10,0915 12,1143 2249
[註]
・面積は平方ベルスタ(露里)。1ベルスタ = 約1067メートル[6]
・グジャトスク:現ガガーリン、ポレチエ:現デミドフ。
 民族比率(1897年[5]
ロシア人 ベラルーシ人 ユダヤ人 ポーランド人
県全体 91.6 % 6.6 %
ベルィー郡 99.0 %
ヴャジマ郡 98.3 %
グジャトスク郡 99.2 %
ドロゴブージ郡 99.4 %
ドゥホフシチナ郡 98.3 %
エリニャ郡 96.7 % 2.7 %
クラスヌィー郡 8.7 % 90.0 %
ポレチエ郡 97.0 % 1.1 %
ロスラヴリ郡 97.8 % 1.3 %
スモレンスク郡 91.1 % 1.2 % 3.1 % 2.6 %
スィチョフカ郡 99.7 %
ユフノフ郡 98.8 %

ソビエト連邦期[編集]

1918年、ポレチエ郡がデミドフ郡に改称された(行政中心地の市ポレチエがデミドフへの改称による)。1919年、モギリョフ県が廃止され、ムスチスラヴリ郡(ru)が編入された。

1922年、クラスヌィー郡が廃止され、ゴメリ県からゴルキ郡(ru)が編入した。またユフノフ郡がカルーガ県(ru)へと編出した。

1924年、ムスチスラヴリ郡とゴルキ郡は白ロシア・ソビエト社会主義共和国の管轄となった。ドゥホフシチナ郡はヤルツェヴォ郡へと改称された(行政中心地がヤルツェヴォへ移ったことによる)。

1927年にデミドフ郡、ドロゴブージ郡が、1928年にはグジャトスク郡、エリニャ郡、スィチョフカ郡が廃止された。

1929年、県制が廃止され、スモンレンスク県はブリャンスク県(ru)、カルーガ県等と併せてザーパト州(西州)(ru)となった。州の行政中心地はスモレンスクに置かれた。

行政の長[編集]

出身者[編集]

脚注[編集]

注釈[編集]

  1. ^ 詳しくはスモレンスクの戦い (1812年)ロシア語版英語版を参照されたし。

出典[編集]

  1. ^ a b Смоленская губерния // Энциклопедический словарь Брокгауза и Ефрона : в 86 т. (82 т. и 4 доп.). — СПб., 1890—1907.
  2. ^ Указ об учреждении губерний и о росписании к ним городов
  3. ^ Смоленская губерния // Малый энциклопедический словарь Брокгауза и Ефрона
  4. ^ «Смоленская губерния. Список населенных мест по сведениям 1859 г.», Санкт-Петербург, 1868 г.
  5. ^ a b c Первая всеобщая перепись населения Российской Империи 1897 г.
  6. ^ 井桁貞義編 『コンサイス露和辞典』 三省堂、2009年、P87