スライドギター

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動

スライドギター(slide guitar、別名:ボトルネックギター)は、ギターの奏法のひとつ。スライドバーと呼ぶ棒を指に装着または持ち、がフレットや指板から浮いた状態のままバーを任意の位置で弦に接触させ、ピッキングして発音する奏法である。

概要[編集]

デヴィッド・ユージン・エドワーズによるボトルネック奏法

別名であるボトルネックギターの由来は、もともとは薬瓶や酒瓶などのの首の部分をカットしたもの(ボトルネック)に指を通して使用していたことによる。

初期のデルタ・ブルースのスライド・ギター奏者は、アメリカ南部のミシシッピ・デルタ出身者がひじょうに多く、彼らがもともと畑で歌っていたアフリカ起源の歌が影響を与えていたと見られている[1]。スライドギターの利点は、フレットに触れさせずに音程を得られるため、スライドバーをスライドさせることで、微分音の表現やポルタメントが可能になり、特有の幅広いビブラートグリッサンドを行えることである。チューニングはオープン・チューニングにする場合が多い。スライドギターは音程が不安定になりやすいため、初心者は相応の練習を要する。 音楽理論的に不協和音が多数存在する為、この奏法を敬遠するミュージシャン、ギタリスト、プロデューサー、サウンドプロデューサー、アレンジャーも少なからず存在する。この奏法は主にハワイアンブルースカントリーミュージックなどでの必須奏法として発達し、スライド奏法の演奏に特化したスティール・ギターがある。通常のスパニッシュ・タイプのギターにおいては、リゾネーター・ギター(一般にドブロ・ギターと呼ばれるギター)などが、音量が増大して金属音の独特な効果が出ることも相まって、好んで用いられた。カントリー・ブルースのロバート・ジョンソン[2]、ブラインド・ウィリー・ジョンソンらは、スライドギター演奏の草分け的存在である。その後マディ・ウォーターズやエルモア・ジェームスらによりブルースがエレクトリック化し、それをルーツとしたロック・ミュージックの隆盛と共に、エレクトリックギターでも素晴らしいスライド・プレイをするミュージシャンが多数現れた。ドウェイン・オールマンやローウェル・ジョージ、ジェシ・エド・デイヴィス、ライ・クーダー、デレク・トラックスらは、スライド・ギターの名手として知られている。

詳細・スライドバー[編集]

金属製のスライドバー

この奏法が生み出された初期にはもっぱらガラス製のボトルネックが使用されたが、その後は金属製のものが多く使われるようになり、いずれもスライドバーと呼ぶ。ブラス、鉄、ステンレス、陶器など、また大きさ、形状、重さ、材質など様々なものがあり、それぞれ音の効果や、弾きやすさなどが異なる。

スライドバーは楽器店などで購入できるが、ガラス瓶を切断して自作することも可能である。堅牢性を重視して製造されるガラス瓶から作ったスライドバーは、楽器店で売られているものよりも肉厚で音が良いと言われる事もあるが、しかし切り口が危険であるため、安全のため研磨するなどのDIY技量が必要である。化粧品や薬品などの小瓶を使うのも手で、スライドギターの名手として名高いデュアン・オールマン[3]は「コリシディン」という薬の瓶をそのまま使っていた。ガラス瓶以外にもパイプレンチ、鉛の水道管や銃身などを切って使うミュージシャンもおり、中には応急的または演出的にジッポーライターやナイフを使う者もいる。座奏するスティール・ギターでは、通常は筒型の物ではなく、重量のある無垢の金属棒を使用する。

スライドギターで著名な演奏者[編集]

海外[編集]

国内[編集]

・田原健一 (Mr.Children)

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ A Brief History of the Blues ”. 2020年8月4日閲覧。
  2. ^ http://www.discogs.com/artist/272142-Robert-Johnson
  3. ^ 1971年に交通事故のため、24歳の若さで早逝している

洋書[編集]

  • van der Merwe, Peter (1989), Origins of the Popular Style: The Antecedents of Twentieth-Century Popular Music, Oxford: Clarendon Press, pp. 66–67, ISBN 0-19-316121-4