スラヴィシャ・ヨカノヴィッチ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
スラヴィシャ・ヨカノヴィッチ Football pictogram.svg
DK-Maccabi (10).jpg
マッカビ・テルアビブFC監督時のヨカノヴィッチ (2015年)
名前
本名 スラヴィシャ・ヨカノヴィッチ
Slaviša Jokanović
セルビア語 Славиша Јокановић
基本情報
国籍 セルビアの旗 セルビア
生年月日 (1968-08-16) 1968年8月16日(50歳)
出身地 ユーゴスラビア社会主義連邦共和国の旗 ユーゴスラビア ノヴィ・サド
身長 190cm
選手情報
ポジション MF
ユース
1985–1986 ユーゴスラビア社会主義連邦共和国の旗 FKノヴィ・サド
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
1986–1988 ユーゴスラビア社会主義連邦共和国の旗 FKノヴィ・サド 35
1988–1990 ユーゴスラビア社会主義連邦共和国の旗 FKヴォイヴォディナ・ノヴィサド 54 (10)
1990–1993 ユーゴスラビア社会主義連邦共和国の旗 パルチザン・ベオグラード 61 (20)
1993–1995 スペインの旗 レアル・オビエド 62 (12)
1995–1999 スペインの旗 CDテネリフェ 123 (17)
1999–2000 スペインの旗 デポルティーボ・ラ・コルーニャ 23 (2)
2000–2002 イングランドの旗 チェルシーFC 39 (0)
2003–2004 スペインの旗 シウダー・ムルシア 6 (0)
通算 403 (66)
代表歴
1991–2002 ユーゴスラビア社会主義連邦共和国の旗 ユーゴスラビア 64 (10)
監督歴
2007–2009 セルビアの旗 パルチザン・ベオグラード
2012–2013 タイ王国の旗 ムアントン・ユナイテッドFC
2013 ブルガリアの旗 レフスキ・ソフィア
2014 スペインの旗 エルクレスCF
2014–2015 イングランドの旗 ワトフォードFC
2015 イスラエルの旗 マッカビ・テルアビブFC
2015–2018 イングランドの旗 フラムFC
1. 国内リーグ戦に限る。
■テンプレート(■ノート ■解説■サッカー選手pj

スラヴァシャ・ヨカノヴィッチSlaviša Jokanović 1968年8月16日 - )は、ユーゴスラビア(現:セルビア)・ヴォイヴォディナ自治州南バチュカ郡ノヴィ・サド出身の元ユーゴスラビア代表サッカー選手。現指導者。

選手時代[編集]

1986年にFKノヴィ・サドでプロデビュー。1988年にFKヴォイヴォディナ・ノヴィサドに移籍し、国内リーグ優勝を経験。1990年にパルチザン・ベオグラードに移籍し、1993年までプレーした。

1993年、スペインに渡り、レアル・オビエドに移籍。1994-95シーズンはロベルト・プロシネツキと共にプレー。1995年にCDテネリフェに移籍し、1997年からはロイ・マカーイと共にプレー。1999年にマカーイと共にデポルティーボ・ラ・コルーニャに移籍。1999-2000シーズン、FCバルセロナを抑えてリーガ制覇を達成した[1]

2000年から2シーズンはプレミアリーグチェルシーFCでプレー。その後スペインに戻り、シウダー・ムルシアでプレーし、2004年に引退した。

監督歴[編集]

2007年から2シーズン古巣のパルチザン・ベオグラードの監督を務める。

2012年から2シーズンはタイ・プレミアリーグムアントン・ユナイテッドFCの監督を務め、2012年シーズンにリーグ優勝を達成。

2014年10月7日、イングランドフットボールリーグ・チャンピオンシップワトフォードFCの監督に就任[2]。同シーズン2位で終え、2006-07シーズン以来のプレミアリーグに導いたものの、シーズン終了に退任 (後任はキケ・サンチェス・フローレス)[3]

2015-16シーズンはマッカビ・テルアビブFCの監督を務めていたものの、2015年12月27日に当時フットボールリーグ・チャンピオンシップに所属していたフラムFCの監督に就任[4]。2017-18シーズン、フラムはリーグ6位に入り、昇格プレーオフ出場権を獲得。プレーオフではダービー・カウンティFCを破り、続くアストン・ヴィラFC戦も勝利し、2013-14シーズン以来のプレミアリーグ復帰をもたらした[5]。しかし、2018-19シーズンは、開幕から低調なパフォーマンスに終始し、2018年11月14日の解任された[6]

代表歴[編集]

1991年2月27日のトルコとの親善試合でユーゴスラビア代表デビューを果たすも、1992年に勃発したユーゴスラビア紛争により、代表チームはUEFA EURO '92の出場権剥奪を余儀なくされた。その後国家分裂などで代表チームも大きく再編された後、1998 FIFAワールドカップUEFA EURO 2000に出場した。

脚注[編集]

  1. ^ Jokanovic, El Motor Serbio Que Triunfó En España”. Kaiser Football (2015年1月1日). 2018年6月4日閲覧。
  2. ^ Watford: Slavisa Jokanovic replaces Billy McKinlay as boss”. BBC.com (2015年10月7日). 2018年6月4日閲覧。
  3. ^ Watford: Quique Sanchez Flores replaces Slavisa Jokanovic”. BBC.com (2015年6月5日). 2018年6月4日閲覧。
  4. ^ Slavisa Jokanovic: Fulham appoint Serb as new head coach”. BBC.com (2015年12月27日). 2018年6月4日閲覧。
  5. ^ Aston Villa 0-1 Fulham”. BBC.com (2018年5月26日). 2018年6月4日閲覧。
  6. ^ 最下位フルアムがミラクル・レスターを率いたラニエリ監督を招へい!”. 超ワールドサッカー (2018年11月14日). 2018年11月14日閲覧。