スリル・ミー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
スリル・ミー
Thrill Me
Thrill Me: The Leopold & Loeb Story
作曲 スティーブン・ドルギノフ(en:Stephen Dolginoff
作詞 スティーブン・ドルギノフ
脚本 スティーブン・ドルギノフ
原作 レオポルドとローブ事件
上演 2003年 Midtown Int'l Theater Festival
2005年 オフ・ブロードウェイ
テンプレートを表示

スリル・ミー』(Thrill Me、原題:Thrill Me: The Leopold & Loeb Story)は、アメリカ劇作家で作詞・作曲家のスティーブン・ドルギノフが、1924年に起きたレオポルドとローブ事件をもとに製作したミュージカルである。2003年7月16日にニューヨーク・Abingdon Theatre Arts Complexで初演され、2005年5月26日よりオフ・ブロードウェイにてYork Theatre Companyにより上演、Dramatists Play Serviceから刊行された。

あらすじ[編集]

刑務所の仮釈放審議会の席で、囚人である"私"は37年前に起こした犯罪について語り始めた。

"私"の幼馴染にして、ニーチェの信奉者である"彼"は、自らを特別な存在とし、犯罪を犯すことで満足していた。

"彼"を愛していた"私"は、"彼"の犯罪に加担するようになり、互いの欲求に全て応えるという契約書を取り交わした。

登場人物[編集]

ネイサン・レオポルド(日本版:私)
 
リチャード・ローブ(日本版:彼)
 

楽曲[編集]

スタッフ・キャスト[編集]

オリジナル・スタッフ[編集]

  • 作曲:スティーブン・ドルギノフ
  • 作詞:スティーブン・ドルギノフ
  • 台本:スティーブン・ドルギノフ
  • 演出:マーティン・チャーニン

オリジナル・キャスト[編集]

  • ネイサン・レオポルド:クリストファー・トッテン
  • リチャード・ローブ:マシュー・S・モリス

オフ・ブロードウェイスタッフ[編集]

  • 作曲:スティーブン・ドルギノフ
  • 作詞:スティーブン・ドルギノフ
  • 台本:スティーブン・ドルギノフ
  • 演出:マイケル・ルパート

オフ・ブロードウェイキャスト[編集]

  • ネイサン・レオポルド:マット・バウアー → スティーブン・ドルギノフ
  • リチャード・ローブ:ダグ・クリーガー → ション・ワイリー

日本版[編集]

日本版スタッフ[編集]

  • 演出:栗山民也
  • 翻訳・訳詞:松田直行
  • 音楽監督:落合崇史

日本版キャスト[編集]

公演[編集]

公演期間 公演数 劇場 出演者(出演日順) ピアノ伴奏
(出演日順)
2011年9月15日 - 10月3日 30回 アトリエフォンテーヌ 田代万里生 新納慎也 朴勝哲
松下洸平 柿澤勇人
2012年3月14日 - 3月22日 12回 田代万里生 新納慎也 落合崇史
2012年7月15日 - 7月29日 27回 天王洲 銀河劇場 良知真次 小西遼生 落合崇史
朴勝哲
オ・ソンミン
松下洸平 柿澤勇人
田代万里生 新納慎也
チェ・ジェウン キム・ムヨル
2012年8月8日 2回 サンケイホールブリーゼ 田代万里生 新納慎也 朴勝哲
松下洸平 柿澤勇人
2013年3月14日 - 3月24日 19回 天王洲 銀河劇場 良知真次 小西遼生 朴勝哲
オ・ソンミン
松下洸平 柿澤勇人
チェ・ジェウン チェ・ジホ
2014年11月7日 - 11月24日 27回 尾上松也 柿澤勇人 朴勝哲
田代万里生 伊礼彼方
松下洸平 小西遼生
2014年11月29日 2回 サンケイホールブリーゼ 田代万里生 伊礼彼方 朴勝哲
松下洸平 小西遼生
2018年12月14日 - 2019年1月14日 44回 東京芸術劇場シアターウエスト 成河 福士誠治 朴勝哲
松下洸平 柿澤勇人
2019年1月19日 - 20日 4回 サンケイホールブリーゼ
成河 福士誠治
2019年1月25日 2回 芸術創造センター 松下洸平 柿澤勇人
成河 福士誠治

関連商品[編集]

CD[編集]

2014年11月公演の3ペアで、 ほぼ全曲が入った、完全版CDライヴ録音盤

  • ミュージカル『スリル・ミー』ライヴ録音盤CD・松下洸平×小西遼生
  • ミュージカル『スリル・ミー』ライヴ録音盤CD・尾上松也(松竹)×柿澤勇人
  • ミュージカル『スリル・ミー』ライヴ録音盤CD・田代万里生×伊礼彼方

脚注[編集]

[ヘルプ]

関連項目[編集]