スリー・キャッツ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
スリー・キャッツ
スリー・キャッツ1.jpg
初代スリー・キャッツ(左から上原、小沢、梅田)週刊平凡 1960年2月17日号
基本情報
ジャンル 歌謡曲
活動期間 1959年 - ?
レーベル 日本コロムビア
メンバー 小沢桂子(初代)
梅田和代(初代)
上原由里江(初代)
佐藤由紀(代役)
佐伯みち子(2代目)
堀田直江(2代目)
メンバーチェンジ後のスリー・キャッツ(左から堀田、小沢、佐伯)

スリー・キャッツは、日本の女性3人組コーラス・グループである。『黄色いさくらんぼ』のヒットで知られる。

略歴[編集]

1959年8月、女性コーラス・グループを描いた松竹映画『体当たりすれすれ娘』のアテレコのため小沢桂子、梅田和代、上原由里江により結成される。映画で九條映子有沢正子、中圭子が演じたグループ名の「スリー・キャッツ」を名乗り、主題歌の『黄色いさくらんぼ』(星野哲郎作詞・浜口庫之助作曲)でデビューする。

結婚を機に上原が脱退し、佐藤由紀が加入する。まもなく上原が復帰し、佐藤は日劇ダンシングチームに所属する[1]

1960年2月、上原が妊娠、梅田が結婚を理由に脱退し、新メンバーとして佐伯みち子、堀田直江が加入する[1]

その後もメンバーを入れ替えて活動を続けた。

エピソード[編集]

ディスコグラフィー[編集]

シングル[編集]

  • 『黄色いさくらんぼ』(1959年)
  • 『あの時帰れば』(1959年)
  • 『チョンチョン娘』(1960年)
  • 『甘ずっぱい夜』(1960年)
  • 『香港チャチャチャ』(1960年)

アルバム[編集]

  • 『スリー・キャッツのセクシイ・ムード』(1959年12月)
  • 『スリー・キャッツのセクシイ・ムード -桃色の風-』(1960年5月)
  • 『スリー・キャッツのにっぽんムード』(1960年)
  • 『スリー・キャッツのお座敷ムード』(1960年)

映画[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b 週刊平凡 1960年2月17日号
  2. ^ 日刊ゲンダイ 2011年2月23日