スルファモノメトキシン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動: 案内検索

スルファモノメトキシン(英:sulfamonomethoxine)とはサルファ薬の1つ。ジヒドロプテロン酸合成酵素の親和性を変化させることにより葉酸合成過程を抑制する。葉酸拮抗薬とともに併用されることが多い。副作用として尿石症、貧血が存在する。

関連項目[編集]

参考文献[編集]

  • 伊藤勝昭ほか編集 『新獣医薬理学 第二版』 近代出版 2004年 ISBN 4874021018