スルフェン酸

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動: 案内検索
スルフェン酸の互変異性。左が優勢である。

スルフェン酸(スルフェンさん、Sulfenic acid)は、一般式 RSOH (R≠H)の有機硫黄化合物及びオキソ酸である。通常スルフェン酸は不安定な物質である。スルフェン酸の例に、ベンゼンスルフェン酸(PhSOH)がある。

スルフェンは RS 基(R≠H)を意味する用語で、その例がアリルスルフェニルピロール(Ar-S-Py)である[1]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ IUPAC Gold Book http://www.iupac.org/goldbook/S06098.pdf

関連項目[編集]