スループット

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動

スループット: throughput)は、一般に単位時間当たりの処理能力やデータ転送量のこと。特に以下の用例が挙げられる。

機器や規格の仕様に基づいた理論上の数値から求められる単位時間あたりの処理能力やデータ転送量の最大値のことを理論スループット(theoretical throughput[1]あるいは理論最大スループット(theoretical maximum throughput[2]という。

一方、実際に通信や計算を行なったときの単位時間あたりの処理能力やデータ転送量のことを実効スループット(effective throughput)あるいは有効スループットという[3]

日本産業規格による翻訳では「伝送速度」という直訳が割り当てられているネットワーク関連規格もある[4]

データ処理におけるスループット[編集]

コンピュータの、単位時間あたりの処理能力を指す。データ処理におけるスループットには、コンピュータに搭載されるCPU/GPUクロック周波数や並列コア数、メモリおよびバス帯域幅ハードディスクの回転速度、ソリッドステートドライブの読み書き速度、オペレーティングシステムなど、様々な要因が影響する。

ネットワークにおけるスループット[編集]

単位時間あたりのデータ転送量を指す。家庭用のルーター無線LAN機器などで、「スループット:50Mbps」などと表記される。なお、表記されるスループットは理論値の場合があり、一般的に理論値どおりのスループットを引き出すのは難しい。

ネットワーク機器や通信回線の導入の際には、両者のスループットの違いについて考慮すべきである(例えば、家庭用ブロードバンド回線に接続する機器は、回線と同程度か、もしくはそれを超えるスループットのものとするなど)。

スループットの低い機器や回線が途中経路に存在すると、そこがボトルネックになる。

スループットの測定法には各種ある。専用の測定機器としてはSpirent社のSmartBitsが有名である。一般的な測定方法としては、異なった比率の負荷トラフィックを機器にそれぞれ転送させ、その負荷別の得失差を検証し、負荷トラフィックのフレームサイズごとのスループットを求める方法がある。

また、ADSL等のブロードバンド回線が一般家庭に普及した頃から、簡易な回線スループット測定サービスとして、インターネット上の特定サーバから自分の端末までのTCP/IPスループットを簡単に測定することができるウェブサイトが現れている。

RFCにおけるスループット[編集]

RFC 1242の3.17では、「その機器によって送信フレームが損失しない最大レート」と定義されている。データストリーム中の1つのフレームが欠けたとしても、上位プロトコルのタイムアウトを待たねばならず、そこに遅延が発生する。それを回避するための事前検証として、対象機器がフレームを欠けさせること無く送信できる最大レート、つまりスループットを知ることが同RFCで推奨されている。

脚注[編集]

  1. ^ Theoretical Throughput/Delay Analysis for Variable Packet Length in the 802.11 MAC Protocol | SpringerLink
  2. ^ Theoretical maximum throughput of IEEE 802.11e EDCA mechanism | IEEE Conference Publication | IEEE Xplore
  3. ^ スループット(throughput)とは - IT用語辞典 e-Words
  4. ^ JISC6960 2012, 3.4.7節.

参考文献[編集]

関連項目[編集]