スロボタン・カッチャー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
スロボタン・カッチャー
基本情報
本名 スロボタン・カッチャー
階級 ライトヘビー級
身長 184cm
国籍 セルビアの旗 セルビア
誕生日 (1957-09-15) 1957年9月15日(62歳)
出身地 ボスニア・ヘルツェゴビナの旗 ボスニア・ヘルツェゴビナヤイツェ
スタイル オーソドックス
プロボクシング戦績
総試合数 24
勝ち 22
KO勝ち 12
敗け 2
引き分け 0
無効試合 0
テンプレートを表示
獲得メダル
ユーゴスラビア社会主義連邦共和国の旗 ユーゴスラビア
男子 ボクシング
オリンピック
1980 モスクワ ライトヘビー級
世界ボクシング選手権
1978 ベオグラード ミドル級
地中海競技大会
1979 スプリト ライトヘビー級

スロボタン・カッチャーSlobodan Kačar1957年9月15日 - )は、ユーゴスラビア(現在はセルビア)のプロボクサーボスニア・ヘルツェゴビナヤイツェ出身。元IBF世界ライトヘビー級王者。1980年モスクワオリンピックライトヘビー級金メダリスト。ユーゴスラビアのプロボクサーでメート・パルロフに次ぐ2人目の世界王者になった。兄は1976年モントリオールオリンピックスーパーウェルター級銀メダリストのタージャ・カッチャー。

来歴[編集]

アマチュア時代に優秀の成績(250戦241勝9敗)を残したカッチャーは1983年3月4日、プロデビューを果たし2回TKO勝ちで白星でデビューを飾った。

1984年2月25日、ヨムボ・アラカと対戦し4回TKO勝ち。

1985年12月21日、マイケル・スピンクスの返上で空位になったIBF世界ライトヘビー級王座決定戦をエディー・ムスタファ・ムハンマドと対戦し15回2-1(144-141、145-143、143-145)の判定勝ちで王座獲得に成功した。

1986年9月6日、アメリカデビュー戦をラスベガス・ヒルトン内ヒルトン・センターでボビー・チェズと対戦し5回1分10秒TKO負けで初防衛に失敗し王座から陥落した。

1987年5月5日、ブライン・ラグストンと対戦し2回KO負けを最後に現役を引退した。

獲得タイトル[編集]

脚注[編集]

関連項目[編集]

空位
前タイトル保持者
マイケル・スピンクス
IBF世界ライトヘビー級王者

1985年12月21日 - 1986年9月6日

次王者
ボビー・チェズ